絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

もしも○○が○○だったら

プチ投稿作品。ギャグ+もしも話。




 1.もしも、博麗霊夢が泣き虫だったら~



「さぁどうだ!」

 霊夢が倒した咲夜に向かって、胸を張りながら言う。
 しかし、咲夜は既に立ち上がり、服をぱんぱんと払っている。さほど大きなダメージを負ってはいないようだ。

「その程度で何いきがってんのよ。まだまだね、二時間前に出直して来な!」

 咲夜は霊夢を睨み、言い放った。
 それに対して霊夢は――

「ふぇ……っく、うぅっ」
「え!?」

 泣き出した。
 咲夜は慌てる。

「うぇっ……く。酷い、せっかく勝ったのに……そんな言い方……うえぇぇぇん!」
「子ども泣き!?」

 泣きじゃくる霊夢を見て、オロオロする咲夜。敵とはいえ、少女の子ども泣きには罪悪感が沸いてくる。

「えと、ごめんなさい。強かったわよ、貴女」
「うぅ……本当?」
「ほ、本当よ」
「じゃあ異変やめて?」
「いや、あれはお嬢様が」
「ふぇ……」

 また涙目になる霊夢。

「あぁ! 分かったから! お嬢様説得するから!」
「本当? じゃあ案内して?」
「……分かったわ」

 咲夜は心の中でレミリアに謝った。
 そしてレミリア戦。

「ちょっと咲夜!」
「すみませんお嬢様!」

 侵入者を案内するという行為を咎めるレミリア。

「ねぇ、霧消してよ」
「嫌よ」

 レミリアは鋭い目付きで霊夢を睨み、空中に羽ばたく。

「こんなに月も紅いから、本気で殺すわよ」

 殺気。並の人間なら失神するであろう程の。
 それに対して霊夢は――

「ふぇ、こわいよぉ……」

 やっぱり泣いた。

「ちょっと情けないわね。私を倒しに来たんだろう?」
「うえぇぇぇん!」

 そして、また子ども泣き。

「お嬢様! 霊夢泣かしちゃ駄目ですよ!」
「ちょ、咲夜?」
「見て下さい! 霊夢を!」

 レミリアが霊夢を見る。
 涙でぐしゃぐしゃになった顔、裾でそれを必死に拭いている姿。

「なんというか……」
「守ってあげたくなるでしょう!」

 レミリアにも罪悪感が沸いてくる。
 成人にも満たない幼い人間の少女を、何百年も生きている吸血鬼が苛めてしまったという事実。いや、レミリアは苛めたつもりは無かったのだが。

「えと、ごめんなさい」
「ふぇ……」

 レミリアが謝ったことにより、泣くのを止める霊夢。

「じゃあ霧消して?」
「いや、それは……」
「うえぇぇぇん」
「あぁ! 分かったから! 消すから!」
「本当?」
「本当本当」

 その後、レミリアが霧を消した。
 異変解決。
 そして霊夢は神社に帰って、呟いた。

「やっぱり女の一番の武器は涙よね。うん、計算通り」





 2.もしも、スカーレット姉妹の能力が逆だったら~



「あはは、運命操作運命操作」

「フラン、むやみやたらに運命を操る程度の能力を使用しない!」

「あはは、咲夜の運命を『一生片思いする運命』にして、美鈴の運命を『ジャンケンでチョキしか出せない運命』に変えよう」

「何その具体的な運命!? フランやめなさい!」

「あはは、小悪魔の運命を『美鈴とジャンケンする時はチョキしか出せなくなる運命』にして、パチュリーの運命を『無病』に変えよう」

「美鈴と小悪魔で無限ループ!? パチェはむしろパワーアップ!?」

 無邪気に笑うフランドール。ツッコミを入れるレミリア。

「そして最後に、お姉様の運命を『一生妹から離れない運命』に」
「フラン……そんなことわざわざしなくても、私は貴女から一生離れないわ」
「っ……お姉様!」
「フラン!」

 抱き締め合う二人。
 感じる温もり。
 ジャンケンをしている美鈴と小悪魔。
 切ない想いを抱く咲夜。
 ランニングしているパチュリー。
 増える蜜柑。
 紅魔館は、平和です。





 3.もしも、魂魄妖夢が猫だったら~

「にゃーん!」





 4.もしも、八雲紫が甘えん坊だったら~



「霊夢~」
「キショイ寄るな」

「藍~」
「寄らないで下さい」

「幽々子~」
「紫可愛いぃぃ!」





 5.もしも、射命丸文が恥ずかしがりやだったら~



「あら、文じゃない。どうしたの?」
「霊夢、何か良いネタないかしら?」
「ネタ探しか……悪いけど博麗神社にネタは無いわよ」

 はぁ、と大きく溜め息を吐く文。

「もうネタを探して探して疲れたわ」
「こらこら、勝手に横になるな」

 文は大の字で縁側にごろんと横になる。

「良いじゃない、疲れてるのよ。休ませて」
「はぁ……別にいいけどね、下着見えてるわよ?」
「~~っ!?」

 文は大の字、つまり大きく足を広げていたわけで、短いスカートから純白の布が霊夢には見えていた。
 勢いよく起き上がる文。

「み、みみみみみみみ見ましたか!?」
「見たから注意したんじゃない」

 霊夢は淡々と返すが、文は顔を真っ赤に染めて大慌てだ。慌てすぎて記者口調になっている。

「うわぁぁぁぁぁもうお嫁にいけないぃぃぃぃ」
「そんな大袈裟な」
「……責任とって下さいよ……」
「責任って……私に何しろってのよ? キス? 結婚?」
「なっ!? き、ききききキス何て大人すぎます! 結婚なんて以ての外です!」
「じゃあ何しろってのよ?」

 文はか細い声で、頬をピンクに染めながら、

「手、繋いだりとか……」

 と言った。
 霊夢はそんな文を見て少し苛めてみたくなる。

「手繋ぐなんて子どもねぇ」
「なっ!?」
「誇り高い烏天狗がそんな子どもなんて」
「馬鹿にするな人間! 私は大人だ!」
「じゃあキスしてみましょうか」
「え?」
「大人なら大丈夫、よね」
「いや、その……やぁ!」

 文の頬に手を添えて固定する。

「やぁ……だぁ! やめてください!」
「大人なら我慢なさい」
「うぅ……」

 大人という言葉に、抵抗をやめる文。
 大きな瞳は潤んでいて、全身小さく震えている。
 霊夢が顔を近付けると、瞳をギュッと瞑る。
 霊夢は震える文の身体をそっと抱き締めた。
 そして――

「んっ!」

 柔らかい感触、伝わる温度、甘い匂い、それらが全て混ざり合う。
 身体を強張らせていた文も、次第に力が抜ける。

「んっ、はぁ」
「大丈夫、文?」

 文は目が虚ろでそして――倒れた。

「ちょ、文!? どんだけ初心なのよ!?」

 あまりの恥ずかしさに、文はきゅう、と失神。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<飴玉パニック~やごころを、君に | ホーム | 頭痛が治らない>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |