絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

疲労回復膝枕

文と霊夢であやれいむ!
ほのぼの、かな。


「巫女、飲み物~」
「水銀でいいなら」
「わーお、仕留める気満々ね」

 霊夢の隣で、だらだらごろごろとしている文。
 いつもと同じように、霊夢が縁側で一息ついていると、文が暴風と共に降ってきた。そして、突然のことに呆然としている霊夢に向かって、ただ一言「ちょっと休ませて」とだけ言って、今に至る。
 別に霊夢は、休んでもいいなどと言った覚えは無いのだが、どうやら本当に疲れきっているようなので、仕方なく何も言わないでやった。
 文は何をするわけでもなく、ただ本当にごろごろとしているだけだ。

「あんたさ、なんでそんなに疲れてるの?」
「んー? ちょっとね。組織の方でごたごたしてて。新人の下っ端たちを、何故か私が
訓練するはめになってね。もう三日三晩寝てないわ」
「ちょ、それ大丈夫なの?」
「うっそー。さすがに三日三晩はないわ。けど、最近睡眠時間がほとんどないの。それで、ちょっと隙見て抜け出してきた」
「それって、さぼりじゃないの?」
「いいのよ。大体、私は報道機関だっての。戦闘を教えるなんて、専門外なのよ」

 それでも文が選ばれたのは、天狗という種族の枠を越えて、幻想郷においてもかなりの実力者に入るからだろう。文が本気を出すということはまずないが、それこそが強者が持つ余裕というものだ。
 霊夢がふと横を見ると、文が疲れ切った表情でため息を吐いていた。

「あんたって、組織とかそういうのに所属してるの、似合わないわよね。結構自由人だし」
「安定を求めてるのよ。無限の自由は、それこそ不自由に繋がるわ。というわけで、お茶ー」
「客じゃない者に出すお茶はないわ」
「客であっても出さないくせにー」
「あら、分かってるじゃない」
「むぅ……巫女はけちだー。今度記事にしてやる」
「そんなこと記事にしたら、あんたの家乗り込んでやるわ」
「え? お泊りですか? いやーん。大胆ですねー」
「うっざ」

 無駄に取材口調かつ棒読みで言う文を、霊夢は割と本気でウザいと思った。

「あ、もしかしたら追っ手が来るかもしれないけど、来たら適当に蹴散らしておいてね」
「なんで私がそんなことしなきゃいけないのよ」
「ほら、私たち友達でしょ。いや、親友じゃないですか!」
「ったく、調子の良い奴ね」
「ありゃ? 否定しないのね」
「え? だって友達でしょ?」
「……霊夢はたまーにそういうこと、素で言っちゃうところが反則だと思う」

 文が何故か腕で顔を隠しながら、そう言った。だが、霊夢は何かおかしいこと言っただろうか、と首を傾げていた。
 なんとか顔を覗きこもうとしても、そのままそっぽを向かれてしまって、見ることが出来ない。

「ちょっと、突然どうしたのよ? こっち向きなさいよ」
「やーだ。今は顔見られたくないのー」

 ぐいぐい。
 じたばた。
 見せろこら。
 いやいや、見るなって。
 霊夢が無理矢理腕を退けようとするが、文は暴れて抵抗する。
 結局、文の表情も何故顔を見せたくないのかも分からずだった。

「はぁ……巫女のせいで、余計に体力使ったわ」
「あんたが隠し事するからでしょ。気になるじゃない」
「罰として、霊夢は私に今すぐ飲み物を持ってくること。それがあなたに出来る善こ……なんとかです」
「あんたは何処の閻魔よ。そして真似するなら最後までしなさい。なんで、最後一文字だけ言わないのよ」
「喋るのも面倒なくらいに、疲れてるのよ」

 だらけきった文を見て、霊夢は呆れたようにため息を吐く。
 文がここまでだらけている姿を初めて見た。よほど疲れているのか、それともただ単にこれが素なのか。霊夢にはどちらか分からなかったが、正直どっちでもよかった。
 霊夢がすっと立ち上がる。

「あやややや、何処に?」
「飲み物持ってくるのよ」
「なんだかんだで優しい、そんな巫女が大好きよ」
「早苗のことね」
「霊夢のことよ」
「ふん、思っても無いことを」
「失礼な。これでも結構あなたのこと気に入ってるのよ?」
「ネタとして、でしょうに。それじゃあ、持ってくるからおとなしくしてなさいね」
「あ、ちょっと――」

 文が何かを言おうとしたが、霊夢は聞かずに行ってしまった。
 中途半端に伸ばした手は、ただ空を切っただけで何も掴むことは無かった。

「……掴めないなぁ」

 文からすれば、割と本気で言っているのだが、霊夢はまるで風のように掴め無い。信じてもらえない原因はなんだろうか、と考え込むが、どうしてか分からなかった。もしこの場に文のことをよく知っている第三者が居たら、真っ先に「いや、普段の言動のせいだろ」とツッコミを入れるところだろう。
 だが、今は文一人のため、そのツッコミは入らなかった。

「うーん、難しいなぁ」

 どうしたものやら、と考えていると、風が乱れ始める。
 文は目を細めて、しばらく風を読み取ることに専念した。そして、しばらくしてため息一つ。

「あー……追っ手っぽい」

 風の雰囲気だけで、誰がこちらへ向かって来ているかが分かった。
 隠れなければならないが、霊夢におとなしくしていろと言われたのを思い出す。動くべきか、霊夢が戻ってくるのを待つか。

「……むむむ」

 悩んでいるうちにも、どんどんと近づいてくるのを感じる。
文は、もういいやどうとでもなれ、とその場から動かないことにした。
 哨戒天狗の匂いや気配が、近い。文は覚悟を決めて、とりあえず寝たふりをする。

「文ーお待たせ。ありがたいほどに熱いお茶で火傷してしまえ――じゃなかった、美味しいお茶よ」
「……っ」
「って、寝てるし」

 タイミング悪く、寝たふりを開始したら霊夢が戻ってきた。
 寝たふりですよー、などと言ったら笑顔で蹴られる。そんな未来が予測できた文は、そのまま寝たふりをすることにした。どちらにしろ、今起き上がってしまえば哨戒天狗がその場面を目撃するだろう。
 こうなったらやけだ、と目を強く瞑る。

「せっかくのお茶が無駄になっちゃうじゃない。んーけど、寝てるの起こすのもなぁ。こいつ、疲れてるって言ってたし……うーん」

 霊夢はぶつぶつとそんなことを呟きながら、仰向けに寝転がっている文の頭を踏まないように気をつけながら、隣に座った。
 すると、次の瞬間――

「失礼。ここに射命丸様はいらっしゃいますか?」

 哨戒天狗が二人、現れた。
 霊夢は特に動じた様子はなく、お茶を啜りながら目の前を見据えた。文は寝たふりを続行しながら、さてさてどうしたものかと思考を巡らしている。少しは休めたし、おとなしく戻っておくのが無難だろうか。そんなことを思いながらも、この居心地の良い場所から動きたいとは思わなかった。

「文ならいないわよ」
「……さっきまで、ここに居たりしませんでしたか? 匂いだけはするのですが」
「あー正解。さっきまで居たけど、なんか突然飛んでったわ」
「ご協力感謝。では、失礼しました」

 文は、ぽかーんとした状態だった。自分は確かに哨戒天狗の目の前に居たはずなのに、まるで存在しないかのような会話。そして、本当に哨戒天狗たちは帰ってしまった。気配が遠ざかるのが、確かに感じた。
 すると、霊夢がふぅ、と疲れたように息を吐いた。

「以前にとりと共同開発した姿消せるお札、匂いは消えないのね。少し焦ったわ」

 今度は大きくため息を吐いた。
 それが自分の体にいつの間にか貼られていたのか、と文は思う。そして、霊夢が哨戒天狗を本当に追っ払ってくれたことに、正直驚いていた。霊夢なら、あっさりと突き出してしまう可能性の方が高いと思っていたのだ。

「……冷静に考えたら、なんでこいつのためにここまでしてやんなきゃならないのかしら。起きたら全財産お賽銭につぎ込ませてやろう」

 このまま一生寝ている方が安全かもしれない。
 財布を持ってこなくてよかった、と心の中でほっと息を吐く文。
 もう寝たふりをする必要もないが、さてどうしようか。このまま本当に寝てしまうのも良い休みになる。
 文がどうしようかと悩んでいると、ふいに霊夢が動く。

「んしょっと。頭痛いだろうからね。枕持ってくるのも面倒だし、かといってこいつを布団に運ぶのも面倒だから。うん、これが一番楽ね」
「っ!?」

 霊夢は自分で言って自分で満足している。
 文の頭にさっきまでの冷たくて固い床とは違った、温かくて柔らかい感触。それだけで、文は何をされているのかが、今がどういう状況なのかが分かった。
 霊夢の太股に、文の頭。
 つまり、膝枕だ。
 長い年月を生きてきた文だが、こんなことをされるのは初めてだった。
 今さら起きている、なんて言えなくなってしまった。顔が熱くなるのが分かってしまい、思わず両手で覆いたくなる衝動に駆られる。

「んー? なんか顔赤いわね。疲れたって言ってたし、まさか熱でも出たのかしら」
「……~っ!」

 霊夢は文の前髪をそっと撫で、そのまま額に触れた。特に熱いわけでもなく、どうやら熱はないようだと確認し終える。
 文は、もう全く動けないでいた。
 ただただ純粋に、恥ずかしかったのだ。
 一般人がこの状況を見たら、妖怪がこれしきのことで動揺するのはおかしい、と思うかもしれないが、強い妖怪ほど案外こういうことに免疫がなかったりする。ある意味精神を突くので、弱点かもしれない。
 文の髪は予想以上に触り心地が良くて、霊夢は梳くように撫で続ける。ふわっとしていて、優しい手つき。まるで子どもをあやすような。
 初めは恥ずかしかっただけの文も、次第に心が落ち着いてきた。
 すると、思い出したかのように溜まった疲労感が文を襲う。体は重く、けれでも膝枕のおかげで心地良い。

「んっ……くぁ」
「あれ、起こしちゃったかしら?」

 眠気に思わずふにゃっとした声を出した。
 霊夢は起きてしまったかと心配したが、実際は逆だ。寝たふりをしていたのが、本当に眠ってしまったのだ。
 しばらくして、すぅと穏やかな寝息が聞こえてきた。
 微かに吹いている風が、子守唄のようだ。

「意外に睫毛長いわね」

 寝ている文を見て、どうでもいいようなことを発見する。
 そして、気付いた。

「私、文が起きるまで動けないじゃない」

 霊夢はそう思って、今のうちに起こしてやろうかと思ったが、あまりにも文が心地良さそうに眠っているので、堪えることにした。

「ま、私からしたことだしね……」

 ため息一つ零す。そして、起こさない代わりに、なんとなく文の頬をぐにーっと引っ張った。弾力があって、柔らかい。
 ぐにぐに。
 にゅーん。
 霊夢はしばらくそうして遊んでいたが、文がうーうー唸ったので、やめてやることにした。

「さて、本格的にすることないわねぇ……」

 眩しいくらいに青い空をぼーっと眺める。
 そして、しばらくすると霊夢にも心地良い眠気が襲ってきた。その欲求に逆らうことなく、霊夢はゆっくりと眠りに落ちていった。
 さっきまで微かに吹いていた風は、今は止んでいる。
 二人の穏やかな寝息だけが、そこにはあった。
 



投稿時あとがき

どうも、あやれいむ布教委員会会長の喉飴です。未だに会員は私だけです。
でも最近ちまちまとですが、あやれいむ増えてきましたね。嬉しい限りです。
今回はプライベート文ちゃんでお送りしました。取材モードではない文ちゃんも良いですよね。
疲れたときには膝枕が良いのよって友人が言ってました。
そろそろ、ゆかてん普及委員会&ルーミア保護協会としても久し振りに動きたいなと思います。
さて、そんなこんなではありますが、少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。




東方SS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<そーなのかー?+拍手レス | ホーム | いろいろっとね>>

コメント

読んでて場面が浮かんできてにやにやしてしまいましたwwwww
霊夢のうっざとかの口調が好きですry
いえ別にぼくはMじゃないですよほんとです
2010-06-07 Mon 03:04 | URL | いち [ 編集 ]
ひゃうっ、ありがとうございますw

これくらいきっつい口調が良いですよね!
こう、攻められるというか突き放すというか、そんな感じの口調。
いえ、もちろん私もMじゃないですよ、えぇ本当に。
2010-06-07 Mon 08:16 | URL | のどあめ。@あみゃ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |