絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

笑顔でいてね

プチ投稿作品『笑顔でいてね』
優しい話。霊夢メイン。とってもとっても短い。





「これは……?」

 霊夢は久し振りに大掃除をしている最中、箪笥の後ろの隙間に一つの冊子のような物を見つけた。

「なんだろう?」

 ボロボロで、埃を被っているそれをパラパラとめくる。表紙に書かれている文字は掠れてしまっていて読めなかった。

「……っ! これ!」

 ページをめくるうちに、それが何か理解した。
 中には丁寧な字で、その日その日の出来事が綴られていた。所謂日記というやつだ。文字は辛うじて読めるレベルに残っている。
 そして、重要なのはそれが誰の者か。霊夢には中を読んだだけで直ぐに理解出来た。
 そこには幼い、本当に幼い頃の博麗霊夢の成長が書かれていた。つまり――

「……お母さん」

 それは霊夢の母の日記だった。それも霊夢の成長日記だ。
 さっきのパラパラめくるのとは違い、割れ物を触れるかのように、丁寧に最初のページを開く。



『今日から私の可愛い一人娘の日記をつけようと思う。これが、いつまで続けられるか分からないけれど、出来るだけ長く、この命尽きるまで娘を見ていきたい。』

 霊夢は小さく息を吸い、目を閉じる。そして、少ししたら再びページをめくる。

『霊夢が初めて私をママと呼んでくれた。本当に嬉しい。頭を撫でてあげると、目を細めて心地良さそうだった。』

 霊夢は目を閉じて、昔を思い出そうとするが、こんな幼い日のことを覚えているわけが無かった。
 それでも、微かに温もりを覚えている気がした。気のせいかもしれないけれど、霊夢はそれを信じた。
 次のページをめくる。

『霊夢が悪戯をした。筆で壁に落書きをしていた。駄目だよ、と叱った後に、筆の墨で汚れた霊夢を洗うために一緒にお風呂に入った。霊夢は楽しいのか、笑顔だった。それを見て私も自然と笑顔になる。』

「私が笑顔……」

 今では、楽しくてもほとんど笑顔なんて人には見せない。霊夢自身、普段から笑顔な自分を想像出来なかった。
 次のページをめくると――

「あれ?」

 今まで綺麗で丁寧だった字が、崩れていた。まるで、震える手で書いたかのように。でも辛うじてまだ読める。

『今日は私の体調が優れないせいで、あまり霊夢に構ってあげられなかった。早く治して、霊夢と遊びたい。』

 次のページは、さらに字が崩れていた。

『霊夢が私の体調を心配して、四葉のクローバーを持ってきた。早く良くなってね、って言われた時は、目頭が熱くなった。霊夢は優しい子に育つと思う。』

「――っ!」

 微かにある記憶が蘇る。幼いながらも、縁側から見える叢に生えていた四葉のクローバーを採るのに必死だった自分。
 次のページをめくる。

『もう私は長くは無いだろう。だから今日は精一杯、霊夢と遊んだ。残された時間の全てを、博麗としてでは無く、私自身として、霊夢と遊ぶことだけに遣う。紫も文句は言わなかった。』

 そんなにまで自分が愛されていたことを知り、霊夢は胸がいっぱいになる。そして、幼いから仕方無いとはいえ、昔を覚えていない自分に腹が立った。
 次のページをめくる。

『霊夢が転んで膝を擦りむいた。泣いている霊夢を抱っこしてあやしてあげると、そのまま霊夢は眠ってしまった。』

 次のページをめくる。

『もう、手が思うように動かない。霊夢を抱き締めるのさえ、一苦労になった。でも、笑顔の霊夢を見ていると、それだけで私は幸せ。』

「お母さん……」

 次のページをめくるが、次のページは途中から完全に字が形を無くし、読めなくなっていた。

『今日も霊夢は笑顔だった。私を心配して不安な表情を浮かべるも、私が大丈夫だよ、と言って抱き締めると笑顔になる。この笑顔がずっと見られたら良いのに。だから私は願います。霊夢がこれからの未来――――』

 そこから先はもう、字では無くなっていた。読めなくなっていた。
 これ程愛してくれた母を、どうして覚えて無いのだろう。母は最後に何を願ったのだろう。霊夢の目には涙が溜まっていた。

「うっ……くっ」

 静かに涙を流す。泣くこと自体、何年振りか分からない。

「霊夢ー遊びに来たわよ――ってちょっと!? どうしたの霊夢!?」

 隙間から入って来て、最初に見たものが霊夢の泣いている姿なのだから、紫は非常に慌て、驚いた。

「ゆか……り?」
「どうしたの霊夢!?」
「ううん、何でも無い」
「何でも無いわけ無いでしょ!」
「いいから、それより紫……教えて欲しいことがあるんだけど」
「もう、何?」
「私のお母さんのこと。聞かせて」

 紫は驚いた。霊夢は覚えていないことだろうし、興味すら今まで持っていなかっただろう。それを突然教えてと言われたのだ。

「別に良いけど」
「ありがとう、紫」

 でも紫は理由を訊かなかった。霊夢が胸に抱えるように持っている古い日記が見えたから。

「そうね……じゃあまずは何から話そうかしら」
「何でも良いわよ」

 紫から母のことを聴いている間、霊夢は自分でも気付いていなかったが、母が好きだった笑顔を、自分でも忘れていた笑顔をずっと浮かべていた。


東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<買いました | ホーム | 更新のネタが無いから落書き>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |