FC2ブログ

絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

14000HITだってさ

あやややややや、いつの間にやら14000HIT!
あちきはびっくりだ!
ありがとうございますなのです。

そうそう、携帯復活しましたー!
無償でしたー!
データ消えてませんでしたー!
やったね!
これでルーミアシリーズ再開できます。良かった良かった。

あーそういえば、つい最近チャットで「SS書きさんが多いですが、読者は入ってはいけませんか?」みたいな質問されましたが、関係ナッシングですよ!
基本チャットはぐだぐだだらだら休憩みたいな場所なので、誰でもお気軽にどうぞなのです。それこそ今まで、SS書きさん、読者さん、友人の絵師など、幅広い人が訪れてますからwそれに、入室するのに理由なんて別にあってもなくてもどうでもいいですからねー。私にもの申す!とか、喉飴には用無いからー他の人に興味あるからー、とかでも良いですしw
まあ、何が言いたいかというと、気楽にどうぞってことですね。



さてさて、実はここからが今日の記事の本題だったり。
14000HITということで、久し振りにリクエストでもやろうかなと。誰得~って声が聞こえてきそう!

書けないもの:バトル、死ネタ、グロ、えっちぃの、SF、推理、ホラー、ルーミア(現在、頑張れ小さな女の子でしか書けません)、旧作キャラ、ガチシリアス(時間かかるため)、秘封キャラ、男キャラ。
追記・げっしょーと三月精は読んでいないので分からないです。

書けないもの多すぎますヨ!

ジャンルやキャラ指定、こんなお話読んでみたいなどがありましたら、どうぞ。
基本短編しか書けません。
あと、現在まだちょっと忙しかったり、優先的に進めなきゃならないssが2つあるので、書きあげるのは遅くなります。いつまでも待てるぞ!年単位でも!という人は、どうぞ。
どうしても書けないって場合はごめんなさい。

この記事のコメ欄か、メールにて受け付けます。拍手コメでは受け付けませんのであしからず。
期限は今まで同様に適当に切り上げる予定です。多分予定では、22日くらいに切ります。
そして一番大事なこと。それは――クオリティの保証はしませんからね!
うん、果てしなく逃げ道を用意してる感はありますが、こんなもんで。お気軽にどうぞ。

ではでは!
日記 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<しめきったー | ホーム | にゃ、にゃんと!?>>

コメント

結構前に霊アリをリクエストした者です。また受け付けると聞いて飛んで来ました。一切自重はしません
喉飴さん、げっしょーは読んでいらっしゃいますでしょうか。依霊とか興味無いですか!?霊夢がよっちゃんに甘える話とか萌え死にます
よろしければ無理でない範囲でお願いしたいです~

そういえば、SS目次の中にパチュラブ!が二つ存在してます。一応ご報告
ずっと応援してます。頑張ってください
2010-02-21 Sun 22:39 | URL | [ 編集 ]
あああああああ、すみません! げっしょーと三月精は読んでないので分からないのです。すみません! 書けないものに加えておくべきでした……。他にありましたら、なんでもどうぞです。
ご報告ありがとうございます。即直しました。
2010-02-21 Sun 22:55 | URL | 喉飴 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-21 Sun 23:14 | | [ 編集 ]
あら、それは残念。
じゃあ、別のリクエストをさせていただいてもよろしいでしょうか?
幽アリ、あるいはアリ幽なお話が見てみたいです。ダイナマイトヘブンな風味で。
黒歴史って書いてようが自重せずにリクエストするんだ……
2010-02-21 Sun 23:37 | URL | [ 編集 ]
リクエストです

霊夢とこいしや霊さとなどちょっとマイナーなものが読んでみたいです

若しくは霊夢争奪戦みたいな総受けって書く予定はありませんかね?
2010-02-22 Mon 00:50 | URL | [ 編集 ]
14000HITおめでとうございます!!
かなり伸びましたねぇ。

リクエストです。
アリスとこいしでこいアリ、さとりとアリスでさとアリを頼もうと思ったのですが、古明地姉妹もアリスも先に頼まれてますね。

では、私は文と雛のあやひなかひなあやをリクエストしますね^^
他の風神録キャラも出演させてあげても…。

マイナー選んでみました。
忙しいと思いますが、よろしくお願いします。
では、ルーミアSS作り頑張ってください!!
2010-02-22 Mon 04:24 | URL | 歪曲 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |