絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

嵐のような彼女

あやにと! 糖分は20%くらい。いつもとはちょっと違った感じのあやにとで書きました。

 
「にとり」
「んー?」
「結婚しない?」
「誰と?」
「私と」
「誰が?」
「にとりが」
「ふーん……帰っていいよ」
「くっ、相変わらず冷たい!」

 もう慣れたやりとりだった。
 文は非番の日、私の家へよく遊びに来る。というか、文に仕事がある日なんて滅多に無いから、ほぼ毎日だ。おまけに、朝早くから来るせいで、無理矢理起こされたりもしばしば。徹夜で作業していた次の日とかは、本当に勘弁して欲しい。
 今日も無理矢理起こされた上、朝食を二人分作るはめになった。
 そして毎回、朝食を食べた後は結婚を申し込んでくる。何故かは、興味も無いから訊いてないけど。
 あぁ眠いなぁ、もう。

「くぁ……」
「あら欠伸なんて、にとり眠いの?」
「誰のせいだよ、まったく」
「にとりに迷惑かける相手は、私が許さないわ」
「鏡見なよ馬鹿」

 軽くあしらいつつ、食器を片付ける。
 とりあえず洗うのは後にしよう。文から目を離していると、正直何をされてるか分からないし。下手にそこら辺の機械やらを弄られたら、いろいろ困る。
 台所に食器を置いて、急いで居間へ戻る。

「食べてすぐ寝ると牛になるよ」

 さっきまでちゃんと座ってたくせに、戻ってきたら仰向けに寝ていた。
 寝るなら家に帰れば良いのに。

「にとりはなんで料理が上手なの」
「はい?」
「あー本気で嫁に欲しいわ」

 もしかして、毎回結婚申し込んでくる理由って料理だったのか。
 文は目を細めて、なんというか幸せそうな表情をしている。いや、そんなに私料理上手くないんだけど。

「私、普通だよ? 文の方が料理出来そうなイメージあるけど……」
「あー……私? 無理無理」

 手をひらひらと振って、否定する文。
 料理出来ないってことは無いだろうけど。長年生きている妖怪なんだから。
 長く生きていると、暇潰し程度に料理をちょっとくらい学ぶことだってあるだろう。機械弄りに時間を費やしてきた私でさえ、料理を人並み程度には学んだ。

「私ね、昔言われたことあるの」
「え? 何をさ?」
「射命丸、お前は実力もあるし、人柄の良さもある。天狗社会においても、重要人物となるだろう。だが一つだけ、これだけは守ってくれ。って」
「何を守ってくれって言われたの?」
「台所に立つな。いや、まな板や包丁にすら触るな。って言われたわ。天魔様直々に。しかも涙目な上に土下座つきで」
「うわぁ……」

 一体何をやらかしたら、そんなお偉いさんに直接言われるんだろう。
 いや、ちょっと待て。

「じゃあ、文は今までご飯どうしてたのさ?」
「……同僚にたかったり、お店で食べたり」
「長い年月をそんな風に凌いできたの!?」
「今はにとりに寄生ね。感謝感激雨嵐」
「私が明日からは来るな、って言ったら?」
「泣きます。妖怪の山全体に響き渡らせるくらいに、全力で」

 なんだろう、この脅し。
 情けなさすぎるこんなくだらない脅しをするやつが、実は凄い強くて格好良いなんて、文をよく知らない者には理解出来ないだろうなぁ。いや、格好良いは余計か。うん、余計だ。
 ふと文を見ると、今度は俯せに寝転がっていた。

「文、寝るなら家で寝てよー」
「ここ家ー」
「私の家なんだけど」
「にとりのものは私のもの。私のものは私のもの」
「本当、くたばればいいのにね」
「あややややや、相変わらずバッサリと斬るわね。私相手にそんな態度取る河童、にとりだけよ」
「まぁ、相手が文だから」
「何その見下してるというか、馬鹿にした感じ」
「うん、尊敬はしてないよ」

 人見知りの私がこんな風に砕けた口調で話せる相手は、やっぱり少ない。
 その中でも、立場が上な相手で話せる相手は、実は文だけ。
 文は、他の天狗たちとは何かが違った。
 そういえば最初、文が私に話し掛けてきた時は取材モードで、敬語だったなぁ。私みたいな格下相手なのに。
 最近では、取材よりもプライベートで来ることが多いから、敬語はしばらく聞いて無い。むしろ私は、敬語じゃない方が話しやすい。敬語なんか使われると、なんかくすぐったいから。

「ねぇーにとり」
「んー?」

 寝転がっている文の隣りに座る。
 近くにある、手のひらサイズの未だによく分からない機械を手に取る。
 つい最近拾ったけど、なんだろう、これ。たまごの形をしていて、画面が一つとボタンが複数。一緒に落ちていたボロボロの説明書には、育成ゲーム『幻想郷で発見たまごDE血』と書いてあった。けれど、未だに使用方法が分からない。
 とりあえず、軽く解体してみるかな。えと、ドライバーどこやったっけ。

「むぅ、聞いてるにとり?」
「あーはいはい、聞いてるよ」

 あ、ドライバーあった。
 私が流しつつ聞いてるのが気に入らないのか、文が俯せのまま足をぱたぱたさせている。
 そんなミニスカートなのに、足をぱたぱたさせちゃあ……あー白い布が見えた。

「やめい、下着見えるって」
「私、にとりになら全てを見せても構わない……」
「もう帰れよ。もしくはくたばれよ」
「冷たい!? せっかく愛を伝えたというのに……」
「いらんわ!」
「この美しくて可愛くて強くて頼り甲斐のある私からの愛を、いらないと?」

 どれだけ自信があるんだ。
 微妙に腹が立つのは、文は実力の無い馬鹿みたいな自信家では無く、本当に実力を兼ね備えたタイプだということだ。つまり、言っていることが別に間違ってはいない。
 それに、おちゃらけた時の表情は可愛いし、真面目な時の顔は美しかったり格好良かったり……いや、何考えてるんだ、私。
 頭をブンブンと振って、今の考えを捨て去る。

「どうしたの、にとり? そんな頭振って」
「いんや、なんでもない。ちょっと阿呆なこと考えた自分に腹立っただけ」
「何考えたのよ?」
「……別に何も」

 いけない、また考えてしまいそうになった。

「ふむ……隠し事良くないわよ」
「いや、文には関係無いことだからさ。気にしないで」
「長いこと取材とかしていると、相手の顔見ただけで嘘か本当か分かるものよ。
にとり、あなたはズバリ嘘を吐いてるわ!」
「うっ!?」

 文が勢い良く起き上がり、指をビシッと突き付けてきた。
 うぅ、こういう時の文は厄介なことこの上ない。
 多分過去の経験から、白状するまで徹底的に迫ってくる。

「にとり……」
「な、何?」
「取材ターイムっ!」
「やっぱり!?」

 文は笑顔で、そう、物凄い笑顔でそう言った。
 あぁ、ろくなことにならない。
 ちょこんと目の前で正座している文が、「逃がさないわよ」と目で訴えている。
 まぁ実際、逃げたとしても数秒も経たずに捕まりそうだ。速いって強いなぁ。

「はーい、では質問しまーすっ!」
「うわっ、速攻取材口調になってるし……」

 切り替え早い。
 さっきまでは砕けた話し方だったのに。

「一体何を考えたのですか?」
「だから、文には関係無いこと――」
「だったら、私が知っても問題無いですよねー?」
「っ……」

 くぅ、性格の悪いやつだ。
 私が何を考えたのか、大方想像ついてるのだろう。腹が立つほどニヤニヤしてるし。
 殴ってやろうか、それとも蹴ってやろうか。悩むところだ。

「さぁ、にとり! 答えて下さい!」
「……嫌だと言ったら?」
「そうですね、本当はしたくありませんが……実力行使で!」

 勢い良く手を伸ばしてくる文。
 だが、甘い!

「いったぁぁぁぁぁぁぁい!?」

 その手を、持っていたドライバーで思い切り叩き返した。
 文は俯いて、唸り声を上げている。ふはは、参ったか。

「にとり……」
「ひぃっ!?」

 な、なんか妙なオーラが見える。
 目をギラギラと光らせて、両手をわきわきとさせる文は、どこぞの妖怪の賢者様より妖しい。
 まずい、逃げなきゃ!

「逃げられると思いますか?」

 正直、思っていない。

「ちなみに逃げようとしたら、にとりを半裸にして、縛って、その後博麗神社に連行します」
「何がしたいのか分からない!?」
「隙有り!」

 しまった! ツッコミなんかしたせいで、無防備になってしまっていた。
 文の腕が蛇のように絡み付き、あっという間に羽交い絞め。
 割と冷静な自分が怖い。いや、逃げ切れないだろうなぁ、って諦めてたからだろうけど。

「さぁ、にとり」
「何さ」
「処刑……じゃなかった、取材タイムですよ」
「今さらりと物騒な単語聞こえたよ!?」
「いえいえ、別に怒ってもないですから安心してください。ドライバーでやられた手がまだ痛むとか、そんなこともないですよ」

 文の声が穏やかなのが怖い。
 しかも、この体勢だと文の顔が見えないから、どんな表情しているのか分からない。それが余計に怖い。

「ふむ、大きいかと思いきや、意外に小振り……と」
「何が?」
「え? にとりの胸ですよ」
「あぁ、なるほど――ってこら!」

 いつの間にか胸を触られていることに気付く。

「馬鹿! 触るな!」
「では、取材に答えてくれますよね? 何を考えたのか、じっくり詳しく」
「うっ……」

 なんていうしつこさだ。
 もう忘れたかなぁ、って期待してたのに、ハッキリ覚えてるし!

「ひゃわっ!? な、何するんだ馬鹿!」
「耳をはむはむっ」
「ひっぅ! や、やめろ!」

 ぞくりと背筋が震えた。
 まずい、どんどん文のペースにのまれてゆく。

「さぁ、言わないと……どんどんにとりが大変なことに!」
「最低だー!? こいつ最低だー! みゃっ!?」
「はむはむっ!」

 私に残された道は二つ。
 一つは正直に言うこと。もう一つは、このまま文に大変な目にあわされること。
 え、何この究極の選択。

「さぁ、どうしますか?」
「くっ……分かった。言うよ! 言えばいいんでしょ!」
「そう、最初から素直にそうすれば良いのです」

 恥ずかしいけど、体を触られるよりは、まだ言ってしまった方が幾分かマシだ。
 深呼吸。すーはーすーはー。よし、言える!

「あ、文が……その」
「私が、なんですか?」

 顔が見えなくても、文がニヤニヤしてるのが分かる。
 声も笑ってるし。ちくしょう。

「文は可愛かったり、格好良いやつだなって思っちゃったんだよ! 馬鹿! くたばれ!」
「おー勢いに任せて暴言がちらほら混じってますが、まぁ良しとしましょう」

 ヤバイ、今絶対顔真っ赤だ。
 勢いに任せても、恥ずかしいものは恥ずかしい。
 くそぅ、文め。

「はい、解放してあげます」
「うぅ……恥ずかしい」
「にーとーりっ!」
「なんだよぉ……」
「うん、私よりも絶対、にとりの方が可愛い」
「なっ!?」

 ただでさえ熱い顔が、もっと熱くなるのが分かった。
 だって、笑顔でそんなこと言われちゃ、恥ずかしいに決まってる。
 どう反応して良いか、分からない。

「にとり、顔真っ赤」
「う、うっさい!」
「あはは、可愛い可愛い」
「~っ!? か、帰れー!」
「おぉっ!?」

 もう手当たり次第に物を投げ付けてやる。
 からかわれているのか、本気なのか、相変わらず分からない。
 工具箱とかそのまま投げ付けていたら、文はさすがに慌てだした。

「あやややや、今日は退散しとくとしましょう。また来ますね」
「二度と来るな!」

 最後に投げ付けた小さなネジが、飛んで行く文の背中に当たったのを見た。
 気が付くと、服は乱れ、部屋は色々投げたせいで荒れていた。
 思わず、ため息が出てしまう。

「はぁ……嵐みたいなやつだな」

 実際、部屋が荒れたのは私の行動が原因だけど、この際全て文のせいにしてしまえ。
 うん、私は悪くない。
 とりあえず――

「部屋、片付けよう……」
 






東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一日ツッコミ禁止令 | ホーム | 携帯あーうー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |