絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

惚れ薬騒動~神様組

惚れ薬騒動の一番初め。保管してなかったので。大人の方以外読むの禁止! いや、なるべく誰も読まないで(ry
 





「おや? 金平糖とは懐かしいね」
 神奈子が卓袱台の上にある小瓶を手に取る。
 中には、今ではあまり見ない金平糖が入っている。
「あ、それ兎が置いてったやつだよ。何か惚れ薬らしいけど」
「惚れ薬?」
「そ、最初に見た者を好きになるそうだよ。それはお試しだから半日程度の効果らしいけど」
 諏訪子の話を聞きながら、既に――神奈子は食べていた。
「食べちゃダメだよ!」
「もう遅い。ちょっと小腹空いてたのに早苗は今出かけてるから。大丈夫、神に効きゃしないわよ」
「そうかもしれないけど……」
 そしてしばらくしても、神奈子に変化は無かった。
「ね、効かなかったでしょう?」
「そのようで安心したよ」
 ほっと胸を撫で下ろす諏訪子。
「あーうー、安心したら私もお腹空いてきたなぁ。今日の晩御飯は何だろうなぁ」
「そうねぇ……」
「神奈子は何食べたい?」
「諏訪子」
「へぇ、私なんだ――って、はぁ!?」
「諏訪子ぉぉぉぉぉ」
 ガバッと抱き付く神奈子。突然のことで諏訪子は対応出来ずに倒れる。
「や、やっぱ効いてんじゃん! 正気に戻って神奈子!」
「私は正気よ!」
「正気なやつは人のスカートめくろうとしないよ!」
 神奈子は諏訪子のスカートをぐいぐい引っ張る。目がヤバイ。
 非常にピンチな状況に、諏訪子は脳内で選択肢を思い浮かべる。

 1.やられちゃう。
 2.やられちゃう。
 3.やられちゃうケロ♪。

 って全部食われちゃう! と諏訪子は気付き、弱気な考えを捨てようとする。
 とりあえず気絶させよう、と考えて全力で起き上がり、今の状況は脱出。
 二人とも普通に立っている状況へ戻した。ケロちゃん頑張った。
「はぁはぁ、神奈子あんたを正気に戻す為よ! 恨まないでね!」
 過去から現在にかけての不満や怒りもついでに込めて、目の前の神奈子にハイキックをかます。
「はっはっは。諏訪子、そんなに大きく足上げると下着が見えるわよ」
「わっ、わわっ!」
 神奈子の言葉に一瞬止まってしまった。そしてそれがいけなかった。
「ひゃぁ!?」
 威力の弱まった蹴りを掴まれた。
「ふっ……諏訪子、私にはあんたの攻撃も下着も手に取るように見える!」
「見切るなら攻撃だけにしてよ!」
「だって実際今、見えっぱなしだし」
 神奈子が諏訪子の蹴り上げた状態を掴んで保っているため、真正面の神奈子からは丸見えだった。
 それに気付いた諏訪子は、顔に紅葉を散らした。
「うわぁぁぁ離して神奈子ぉ!」
「いやぁ絶景よ諏訪子?」
「ふざけんなぁ!」
「ほら、そんなに怒らない。短気は損気、鈍器は便利って言うでしょう?」
「後半初耳だよ!? 確かに鈍器は便利だけど!」
「もう、そんなにケロケロ言わないで少しは落ち着きなさい」
「言ってないよ! あとこの状況下で落ち着ける分けないでしょ!?」
 諏訪子はもう惚れ薬の域を越えてるだろ、と思っていた。
 純粋に今の神奈子は怖かった。
 そして一方、神奈子の脳内では今、選択肢が浮かんでいた。

 1.ガンガンいこうぜ
 2.いろいろやろうぜ
 3.命令させろ

 の三つだ。勿論、全て性的な意味で、である。
「諏訪子、私とってもお腹減ってるのよ」
「へ、へぇ。そろそろ早苗が帰ってくるんじゃないかなぁ。あ、あはは」
「蛇は蛙を食べるべきだと思わない?」
「思わない!」
「それじゃあ、頂きます」
「人の話少しは聞けよ! あーうーもう手加減しないよ!」
 いきなり弾幕をゼロ距離で放つ。
 神奈子は直撃をくらった。が、神奈子は立っていた。普通に血を流しながら。
「な、なんで!?」
「諏訪子、愛の前じゃあ如何なる攻撃も耐えられる。愛に敵うものは無いわ」
「この状況じゃなければそれなりに良い言葉なのに!」
「はいはい。大人しく食べられちゃいなさいな」
「あ、あーうー」
 ジタバタ暴れる諏訪子。
「ほーら、大人しくなさい」
 神奈子は諏訪子を床に押し倒し、腹の上に乗り、手首を押さえ付ける。
「正気に戻ってよぉ」
 弱々しく諏訪子が言うが、神奈子はクスッと笑うだけ。そして――
「んっ!?」
 諏訪子に口付ける。せめてもの抵抗なのか、唇をしっかり閉じている。
「もう、素直に受け入れなさい」
「んんっ!」
 執拗に唇を重ねる神奈子。しかし、未だに開かない唇に神奈子は攻め手を変える。
「ちょっ! 神奈子、っう!」
 首筋、頬、唇を蛇のようにじわりじわりと執拗に舐められる。
「ふぁっ! はぁ……っくぅ」
 首筋を強く吸われ、思わず甘い声が出そうになるのを堪える。
 しかし、一瞬声を漏らし、口が開いたのを神奈子は見逃さなかった。
「んんっ!? ぅんっ……むーむー!」
 舌を入れられた。
 閉じようにも既に神奈子の舌は、諏訪子の舌を絡め取っていて不可能だった。
 手首は押さえ付けられたままだから、首を振り逃れようとしたが、既に甘い感覚に痺れて力が入らなかった。
 くちゃり、ぴちゃりと卑猥な音が部屋に響く。その音によって脳がさらに痺れる。
「んくっ……」
 送り込まれる神奈子の唾液を飲み込む。
 こくっ、こくっ、と音がするのをしばらく聞いていた神奈子は、諏訪子が飲んだことを認識し、満足したため唇を離す。
 ちゅぽっ、と諏訪子のだらしなく出された舌と神奈子の唇が銀色の細い線で繋がっていた。
 諏訪子は息が荒く、頬は紅葉色に染まっていた。目は焦点があっているのかいないのか、とにかく今は息をするのに精一杯のようだ。
「ふふっ……可愛いわよ、愛しい諏訪子」
 神奈子は諏訪子の服に手を伸ばす。いつ早苗が帰って来るか分からない。とにかく時間が惜しかった神奈子は、強引に破いたりした。
「ふぁっ! やぁ、神奈子ぉ……」
 服が破け、露になった小振りで可愛らしい胸に優しく触れる。
 諏訪子からの抵抗は、もう無い。
「もう、一々可愛らしい反応をくれるわね。なら、こうしたらどうなるのかしら」
 神奈子は、主張しているかのごとく、ピンとなっている桜色の胸の先端を摘む。
「やぁあっ!? ふぁっ、それ、やだぁ!」
「あらあら、嫌がってる割には、ここはもっと触って欲しそうに主張してるわよ」
 右の先端を摘み、左は優しくこね回す。固くなっているそこは、神奈子が触れる度に心地良い弾力の感触を返してくる。
「やぁん! あっあっ、んっ! くぅぅ!」
 甘い声をあげるしかできない諏訪子。それはとても神奈子を興奮させる甘い声。
 右指を離し、顔を近付けて口に含む。諏訪子がふぁっ、と声をあげたが気にせず口の中で転がす。
「やぁ、ん。舐めちゃ、駄目……」
「んっ、美味しいわよ~諏訪子のここ」
「ふぁっ! す、吸わないでよぉ、やっ!」
 わざと音を立てて吸い上げる神奈子。
 その音を聞きたくないのか、諏訪子は耳を両手で塞ぎ、いやいやと首を横に振る。顔は羞恥のためか、真っ赤だった。
 その様子を見て、愛しく感じた神奈子はさらに強く攻める。
 右は激しく吸い上げ、左はこねる。その度に諏訪子の腰と太腿がピクッと震える。耳を塞ぐのに両手を使ってる諏訪子は、口を塞げずに甘い声が漏れ続ける。
「やぁ、だぁ……おかしく、なっちゃうよぉ……ひゃうっ!?」
「あぁ……可愛らしい諏訪子。イッちゃいなさい」
「やぁ……あ、ふあぁぁぁぁぁぁ!」
 ピクッピクッと、小刻みに震え、甘い声を大きく発し、諏訪子は果てた。
「あ、うぅ……」
「ふふ、胸だけで本当にイクなんて敏感ね諏訪子。でもまだよ」
「ふぁ?」
 息の荒い諏訪子から馬乗り状態を止め、スカートに手を伸ばす。
「あらあら」
 スカートをめくりあげると、可愛らしい白いショーツがもう濡れていた。
 先程達したせいか、異常に濡れていて、ショーツに幼い一本の縦線か透けていた。
「可愛いわよ、諏訪子」
「んっ」
 軽く触れる程度のキス。優しく甘い触れ合い。それをした後、下着の上から線をなぞる。
「ふぁっ」
 何度も何度も擦りあげた後、ショーツを脱がす。
「濡れたままだと気持ち悪いでしょう? ほら、腰上げて」
「あ、う」
 言われるままに腰をあげた。幼いそこは既にいやらしい汁で溢れ、ひくついていた。それに誘われるように神奈子はそこに顔をつける。
「んふぁ!? き、汚いよ神奈子ぉ」
「いえ、綺麗よ。諏訪子」
 ぴちゃり、と音を立てて舐め上げる。もう空気まで蕩けたような空間。
 そこで二人の行為によって発す音がとても卑猥である。
 ひくひくしているそこに、今度はかぶりつくように全体を口に含む。
「やぁあ!? ら、だめぇ……それ、気持ち良過ぎちゃ……っん!」
 一心不乱に溢れる液体を吸い上げる。もちろんわざと音を立てて。じゅるじゅる、という卑猥な音と共に諏訪子は次第に限界に昇りつめる。
 最後に主張している陰核を指で軽く弾く。それが止めになった。
「やっ、やっ、あ、あぁ! ふぁっ、あぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
 プシャ、と溢れた液体をこくっこくっ、と一滴残さず飲み込む神奈子。
「大丈夫、諏訪子?」
「こ、れが、はぁはぁ、大丈夫に、見える?」
 肩で息をしている諏訪子。疲労が表れた表情。
「でも、ごめん。あと一回、頑張ってね」
「ちょ、もう無理だよぉ……」
「私はまだイッてないから、ね」
 下半身を露にする神奈子。そこは既に愛液によって濡れていた。
「最後は一緒に、ね?」
「あーうー」
 諏訪子の右脚を持ち上げる。そして自分の脚を入れ、諏訪子と神奈子の秘所を密着させる。いわゆる貝合わせだ。くちゅり、と水音が響く。
「ふぁっ!?」
「んっ!」
 神奈子は、ゆっくりと腰を動かす。二人の理性、脳が蕩ける様な甘い甘い声が静寂な部屋に響く。
「んぁっ……ふぅ、神奈子、これ、すご……いよぉ」
「はぁはぁ、諏訪子」
「んぅ!」
 寝かせていた諏訪子の腰に手を回して抱き起こす。
 体が密着状態になる。そしてさらに腰を激しく動かす。二人の秘所からは、溢れた液体が床を濡らし、くちゅくちゅと卑猥な水音を立てていた。
「あ、あぅ、あっ、神奈子ぉ、やぁん!」
 刺激に耐えるためか、より一層、諏訪子は脚を神奈子の腰にしがみつくように絡ませる。両手は神奈子の首に回して、離れないようギュッとしていた。
 その行為が愛しくて愛しくて仕方ない神奈子は、左手は腰を支えたまま、右手は諏訪子の胸を、そして唇で耳を甘噛みする。
「ひゃっぅ……激しすぎるよぉ……やぁん、んぁっ、はぁ!」
 耳に舌を入れ、音を響かせてやると、諏訪子はさらに甘い声をあげた。
 そして陰核同士が触れ合った瞬間、二人は電流が走ったかのような刺激に海老反りになる。互いに手や脚を回してたから離れはしなかったが、思わず腰を引く強い刺激だった。
「神奈子、私もう、んぁっ! また……イッちゃ……ふぁっ!?」
「私もよ……諏訪子、一緒に」
 神奈子が右手を互いに密着した秘所に差し入れ、諏訪子の陰核を刺激した。
「んぁっぅ!」
 強烈な刺激に思わず海老反りになる諏訪子。
 それにより、自然と神奈子の目の前に突き出された諏訪子の桜色の胸の先端を吸い上げる。そして腰はラストスパートをかけ、激しく動かす。
 右手は諏訪子の陰核を攻める。諏訪子も神奈子も体が断続的に震える。
「やっ!? ふぁ、イッちゃうよ、神奈子、神奈子ぉぉぉ、んあぁぁぁぁぁぁ!」
「ん、諏訪子、私も、あっ、あぁぁぁぁぁ!」
 その刺激に耐えられなくなった諏訪子と、限界だった神奈子は二人同時に達した。
 諏訪子はあまりの刺激に失神していた。神奈子はゆっくりと密着していた秘所を諏訪子から離すと、いやらしい糸が引いていた。
 その離れた刺激に、諏訪子は無意識にあんっ、と甘い声をあげ、体を震わせた。
 諏訪子のそこは、何度も絶頂を迎えたため、ひくついていて、この上なく卑猥だった。
「しょうがないねぇ諏訪子は。ま、とりあえず早苗が帰るまでに片付けないと」



◇◇◇



「ただいま帰りました――って、あれ?」
 帰ってきた早苗が見たものは、服がズタボロであーうーと眠っている諏訪子と、何故かツヤツヤしている神奈子だった。




あとがき(2010年2月13日版)
いやあ、これはきついw惚れ薬騒動シリーズの原点ですね。
人生初のえっちいSSだったので、もうどうしていいかわかりませんでした。あと、文章の書き方がかなり初期のものです。
これ書いてから、諏訪子様ときゃなこ様がほとんど書けなくなりましたw
いつか、ちゃんとまた書いてあげたいです。
あうあうあ!
ネチョSS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<携帯あーうー | ホーム | 終わりが近い>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |