絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

まほら

プチ投稿作品。かなりの初期作品で文と椛。





 朝早くに家のドアを叩く音がした。
 せっかくの休暇を邪魔された気分で少し不機嫌になりながらも、来訪者を確認すべくドアを開く。
「毎度お馴染み、清く正しく射命丸です!」
 とりあえずドア閉めた。
 何故かって、そりゃあ烏天狗が居た時点でかなりの面倒事な気がしたからだ。
「開けて下さーい!」
「新聞の押し売りはもう勘弁して下さい」
「違いますって! 取材をさせて欲しいだけです」
 正直今までの烏天狗は哨戒天狗の下っ端という身分を利用して新聞を定期購読させる者が多かった。なのに、今家の前に居る烏天狗は取材をさせろと言う。
「とりあえず開けて下さいよ~」
 少し興味が沸いた私は、悩んだがどちらにしろ烏天狗に逆らえ無いし、大人しく招き入れることにした。
「粗茶ですが」
「あ、ありがとうございます」
 目の前の烏天狗は正座をし、礼儀正しく対応している。こんな烏天狗は見たことが無かった。
「では改めて、射命丸文です。今日は犬走椛さんに前回の異変時の話を詳しく聞かせて欲しいのですが」
 驚いた。射命丸文といえば、かなり力のある有名な烏天狗だったからだ。それに前回の異変といっても、私が博麗の巫女たちの侵入を許してしまった後、対応したのは射命丸文と聞いていた。
 つまり私が教えれることは別に無いと思うのだが。
「あの……」
「はい?」
「私が射命丸様に教えられることは無いと思うんですが……」
「いえいえ、私が出る前のことは詳しく知らないんで、一応知っておきたいんですよ」
「はぁ、あと何故私みたいな下っ端に敬語なのですか?」
「取材の時は全て平等に礼儀正しくがモットーなので」
 笑顔を絶やさず射命丸様は私に言う。
 おかしな人だ、と思ったが不快感は別に無かった。
「では、私に話せることでしたら全て話させて頂きます」
 と言っても先程言った通り、私が話せることは少ない為、取材は案外あっけなく終わった。射命丸様は特に疑問などは無かったようで、メモをとりながら私の話しを何も言わずに聴いていた。
「わざわざ来て頂いたのに、このようなことしかお話しできなくてすみません」
「いえいえ、私的には満足いきました。最初から最後まで全てを把握できたって感じです」
 満足そうに返答した射命丸様を見て、何故か私も嬉しくなった。私の中で射命丸様はおかしな人から不思議な人に変わっていた。
「もし、よろしければ朝食いかがでしょうか?」
 だからだろうか。普段なら言わないであろうことを言ってしまったのは。
 もっとこの人と話してみたい。もっとこの人を知りたい。純粋にそう思っていた。
「あ、是非頂きます」
「射命丸様、取材は終わったのですから敬語じゃなくてもよろしいのでは?」
「そうね。楽にさせてもらうわ」
 切り替え早っ! と思ったが、やはり上司にあたる方に敬語を使われるのはどこか慣れなかった。なので、こっちの方が数段良い。
 少しお待ち下さい、と言って私は料理をする為に台所へ向かった。あまり待たせては失礼だと思ったため、簡単な朝食にした。しかし、もちろん決して手は抜いていないが。
「どうぞ」
 白米と味噌汁に焼き魚という簡単な朝食。
「頂きます!」
 なのに物凄く嬉しそうに食べている射命丸様。それを見て作った側としても嬉しくなる。
「いやぁ、朝食抜いて来てたからとっても有り難いわ」
「いえ、簡単な料理ですみません」
「いやいや、犬走……あの椛って呼んでいいかしら?」
「は、はい」
「椛の料理美味しいわよ。お世辞とか抜きで、ね」
「あ、ありがとうございます」
 射命丸様の言葉に少し照れてしまう。そういえば今まで誰かに手料理を食べさせたことなんて無かった。
「ご馳走さまでした」
 早っ! 流石幻想郷最速です。食べるのも早い。いや、それは関係ないか。
「本当助かったわ。お腹ごっつ空いてたから」
 ごっつ? まぁいいか。喜んでくれてなによりだ。
「あ、そうだ! お礼に私の新聞定期購読しない?」
 どこがどうお礼なのか分からない。
「いえ、すみませんがもうたくさんの新聞を定期購読してるので」
「洗剤つけるよ?」
「いらないです」
「洗剤大量につけるよ?」
「いらないです」
「洗剤ごっつつけるよ?」
「いらないです」
 洗剤しかないのだろうか。あとまたごっつがでてきた。何かの単位だろうか。
「そう。残念ね、あぁ残念ね」
 今二回残念って言いました。そんなに残念だったのでしょうか。少し罪悪感が
沸きます。
「あ、別に気にしなくて良いわよ。いつものことだからね」
「はぁ……」
 いつも断られてるのだろうか。ある意味どんな新聞か気にはなった。
「射命丸様は他の方とは違うんですね」
「ん? 何が?」
「他の方は無理矢理にでも押し付けるように契約させるのに、射命丸様はそれをしません。それほどのお力があるのに」
 私の疑問に対して射命丸様は、
「そんな無理矢理読んで貰うってのは違う気がするわ。なるべく多くの人に読んで貰いたいのは山々だけど、それを強制しちゃいけない」
 真剣な表情で言った。そんなことを言う烏天狗を初めて見た。
「カッコいいですね」
 そう自然と口にしていた。それは、今までのどんな人より射命丸様が格好良く見えたから。
 射命丸様は私の突然の言葉に目を丸くして、少ししたら照れたように
「まあ実際は私の新聞そんなに読まれてないから、そんな格好良いなんてものじゃないわよ」
 と言った。少し頬が赤くなっているのは見間違いじゃあ無いだろう。
「だ、大体そう思うなら新聞取ってよ!」
「あ、それとこれとは話が違いますから」
「うぅ~」
 頬を可愛らしく膨らませ、恨めしそうに睨む射命丸様の視線が痛い。
 正直、読んでみたいとは思ったが、金銭的余裕も無いしキッパリと断った。少し薄情な気もしたが。
「はぁ……それじゃあ取材も終わったし、そろそろ行くわ」
「あ、はい」
 少し寂しく感じた。
 でも、会ったばかりで大した時間も経っていないのに、そういう風に感じるのは、この人の雰囲気や性格のせいなのか、不思議な感じがした。
 この方と居る空間が、不思議と心地よかったのだ。
「あ、そうだ! 忘れてた!」
「何がですか――って」
 ドアの前で立ち止まったかと思えば、突然叫び、私に光を浴びせた。そう、簡単に言えば写真を撮られた。
「この写真、今度の新聞の一面にしとくね」
 笑顔で、そうさ物凄い笑顔で射命丸様は笑って言った。その笑顔に少し停止させられたが、
「や、止めて下さい! 今絶対に変な顔でしたもん!」
 とりあえず抗議した。
「だーめっ!」
「こっちが駄目ですよ!」
「ほら、自然体なのが一番だからね」
 今のどこが自然体なのか。せめて写真の許可を取ってからにして欲しかった。少々落ち込む。
「だ、大丈夫よ! 椛可愛いから、ね?」
 微妙に落ち込む私を励ます射命丸様だが、その慰めはそれはそれで恥ずかしい。というか射命丸様が写真を載せなければ解決なんですが。
「あやややや? 顔赤くなってるけど照れちゃったのかな~?」
「べ、別に照れてませんよ!」
「椛が顔に紅葉を散らす、ね」
「だれが上手いこと言えと!?」
 ニヤニヤしている射命丸様に精一杯の反論。
「まぁまぁ、可愛いから良いじゃない。うん、可愛いから良いのよ」
「何度も言わないで下さい! 自己完結もしないで下さい!」
 私は必至に止めるが、最早無駄なようだ。深い溜め息が自然と出る。
 私の諦めた様子に満足したようで、射命丸様は満面の笑みでこちらに向き直る。
「今日のお礼に、出来上がったら一番に椛の元へ届けるからね」
「は、はい」
 そんな笑顔でじっと見つめて言わないで欲しい。
 自分でも顔に血液が溜まるのが分かる。
「それじゃ、またね椛」
 返事をする間も無く、凄い速さで飛び去って行った。本当に風のような人だった。
 少ししてから家の中へ戻った。自分の分の朝食を、まだ作っていなかったのに気付いたからだ。
 私は再び台所に立ちながらも、頭の中はいつか届くであろう射命丸様の新聞を、どんなものになるのか想像し、楽しみにしていた。

東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<体調不良、そして役満 | ホーム | おやすみ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |