絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

雨音

さくれいむ!
糖分控えめ。





「う~……さすがに寒いわね」
「そんな巫女服着ていたら、風邪引くわよ」

 体を震わせながらも、境内を掃除している霊夢の独り言に、返事が返ってきた。
 声のした方へと顔を向けると、そこには咲夜が立っていた。

「ふん、あんただってそんなメイド服じゃあ寒いでしょうが」
「あら、案外暖かいのよ、メイド服」
「そ、案外暖かいのよ、巫女服」

 視線が交わる。
 空は、酷く中途半端な模様で、いつ降り出してもおかしくない空だった。
 しばらく互いに無言だったが、一陣の風がきっかけに、口を開いた。

「とりあえず、中入る? あんたがわざわざ来るってことは、何かワケありなんでしょう?」
「そうさせてもらいますわ」

 霊夢は箒を適当な場所に立て掛けて、居間へと向かった。
 その後に続くように、咲夜も移動した。



「はい、お茶」
「ん、ありがとう」

 目の前の湯飲みにお茶が注がれる。
 咲夜はそれを、ゆっくりと口に運んだ。
 そして一口飲み、ほうっと息を吐く。

「相変わらず簡素な部屋ね」
「ほっとけ! で、今日は何の用よ?」
「ん? 用件?」

 んー、と唸りながら、頬を人指し指で掻く咲夜。
 そして、少し苦笑い気味で言う。

「特に無いのよね」
「よし、帰れ」
「ただ、お嬢様から一日お暇を頂いちゃってね。明日の朝まで好きなように時間を使え、と」
「は?」
「多分、私を気遣ってのことなのでしょうけど、正直これといってすることも無いのよ。だから、ここなら時間潰せるかな、って感じで」
「そんな理由で一々来るな!」

 霊夢の言葉を流すかのように、お茶を啜る咲夜。
 居座る気満々のようだ。

「はぁ……なんでこう、神社に来るやつはまともなのが居ないのよ」
「類は友を呼ぶと言いますわ」
「それはあれか。私が変人だと言いたいのか?」
「いえいえ、少なくとも、私はそんなあなたを結構気に入ってるわよ?」
「っ……お、お茶入れ直してくるわ」

 立ち上がって、逃げるようにいなくなる。
 咲夜は、一体どうしたのだろうかといった風に、首を傾げていた。

「あ……雨」

 ふと耳に、ぽつりぽつりと雨音が飛び込んできた。
 それは次第に大きな音へと脹らみ、本降りになってきていることが分かった。

「ん、お茶」
「あ、ありがとう。って霊夢、顔赤いわよ? 風邪?」
「うるさい。風邪でもなんでもないわよ」
「そう、なら良いけど……」

 見るからに、話し掛けんなオーラを身に纏う霊夢に、とりあえず咲夜はそれ以上、何も突っ込まないことにした。
 ざぁざぁと、雨音だけが響く。
 二人とも、別に何か喋るわけでもない。
 霊夢が、箪笥から何かを取り出した。

「何それ?」
「マフラーよ。寒くなってきたからね」
「手編み? 凄いわね」
「何言ってるのよ。あんただって、これくらい出来るでしょう?」
「いいえ、私はそういう物作ったこと無いですわ」
「ほぇ、意外ね」

 そんな軽いやりとりをしながらも、霊夢はしっかりと手は動かして編んでいる。もう既に、八割は出来上がっていた。
 咲夜は、ただただ感心していた。

「普段は残念な霊夢が、こういうこと出来る方が、意外ですわ」
「あんたが私をどう見ているか、良く分かったわ」
「意外に家庭的なのね。そういえば、掃除とかはちゃんとしているみたいだし」

 部屋を軽く見渡す。
 室内は、普段紅魔館で徹底的な掃除をしている咲夜から見ても、十分に合格ラインを越えていた。

「暇なのよ、基本。だから、編み物も覚えたし、掃除も一通りちゃんとする。あ、最近は料理も楽しくて……」
「……霊夢」
「ん、何よ?」

 咲夜は身を乗り出して、卓袱台を挟んだ向かい側に居る霊夢の手を、両手で包み込むように握った。
 そして――

「あなたが、欲しい」
「……ふぁっ!?」

 咲夜、爆弾発言。
 優しく包まれていた筈の手は、いつの間にか、強く握られていた。
 まるで、離さないという意思の現れのように。
 とにかく、真っ赤になって慌てる霊夢。

「いや、ちょ、わけわからないし……ぇ、あぅ」
「あなたみたいな人が、紅魔館には必要なのよ」
「……はい?」
「是非、この紅魔館契約書にサインを……」
「紛らわしい言い方するなぁっ!」

 手を払い、懐から針を取り出して投げ付ける。
 しかし、全てナイフで弾き落とされた。

「ちょ、突然どうしたの霊夢? そんなに契約内容が嫌だった? あ、もしかして時給松ぼっくり五つが不満?」
「あんたの言い回しが腹立ったのよ! というか、何その時給!?」

 契約は無理そうだと判断した咲夜は、どこから出したか分からない契約書を、再びどこかにしまった。
 時を止めたのか、霊夢にはどこにしまわれたか分からなかった。
 はぁ、とため息を吐いて、霊夢は座る。

「あぁ、霊夢が紅魔館に来て働いてくれれば、私も楽になるのに」
「残念でした。私はずっと巫女よ」
「本当、残念ですわ」
「とりあえず、好きにしてて良いからもう話し掛けるな。手元が狂うわ」
「はいはい、分かりましたわ」

 再び無言。
 霊夢はただただマフラーを編んでいる。
 特にすることも無い咲夜は、落ち着かない。普段、バリバリと働いている咲夜にとって、こう静かでまったりとした時間は性に合わなかった。
 うずうずとしだす咲夜。
 気が付いたら、体が動いていた。

「咲夜……」
「ん?」
「あんた、何してるのよ?」
「霊夢の肩を揉んでいますわ」
「編み物してるのに肩揉むな! 手元狂うってば!」
「ほら、良く言うじゃない」
「何がよ?」
「揉んだら大きくなるって」
「肩大きくなっても困るわ!」

 肩に置いた手を払われる。
 また、することが無くなってしまう咲夜。
 霊夢は、私に触るなオーラを身に纏っている。
 こうなってしまっては、本当に何も出来なくなってしまう。
 咲夜は、悩んだ結果、料理をしようと考えついた。
 立ち上がろうとした瞬間――

「料理しなくて良いからね」
「う……」

 中途半端に、立ち上がる直前の体勢で固まる咲夜。

「でも、お邪魔させてもらっているわけだし……」
「あんたの場合、自分が落ち着かないからでしょ」
「くっ……」

 言い返せなくて、おとなしく再び座る。
 することも無く、ただただ霊夢の方向をジッと見つめる。

「……ちょっと」
「ん? どうしたの?」
「そんなに見られてると、その、集中出来ない……」
「暇だから、これを機会にマフラーの編み方を学ぼうかと」
「もう出来上がるから意味無いわよ」
「そう。なら、仕上げる瞬間を見させてもらいますわ」
「……はぁ」

 仕方無く、無視して進める。
 霊夢の言った通り、あと数分もしないうちに出来上がるまでは進んでいた。
 咲夜の視線が気にはなるが、さっさと仕上げてしまえば良い。そう、霊夢は考えた。

「マフラー、水色なのね」
「ん、おかしい?」
「いいえ。ただ、霊夢は紅白のイメージが」
「なにその、紅白以外の色は似合わないぞ発言」
「いや、別にそんなつもりで言ったわけじゃあ……」
「はい、でーきたっ!」

 完成し、んぅ~っと体を伸ばす。ずっと同じ体勢だったから、凝っていたようだ。
 ふわりとマフラーの全体を見せる。

「どうよ?」
「編み物には詳しく無いけど、上手いと思うわ」
「そう、じゃあこれ――」

 咲夜の隣りにマフラーを持って移動する。
 そして、そのマフラーを咲夜の首にそっと巻いた。

「咲夜にあげる」
「……ぇ?」

 きょとんとした様子の咲夜。

「え、何で?」
「水色って、私よりあんたの方が似合うと思ったからよ。うん、えーと、その……やっぱり似合ってるわ」

 自分からやっておいて、似合っているという言葉を真正面から言うことに、恥ずかしさやらを感じてしまっている霊夢。

「でも……」
「それにマフラーの編み方覚えたいんでしょう? なら、手編みの現物持っていた方が良い見本になるわよ」

 笑顔でそんなことを言われては、咲夜に断る理由は無かった。
 首に巻かれたマフラーはふんわりと柔らかく、暖かい上に温かかった。

「それじゃあ……」
「ん?」
「それじゃあ、お返しに私が霊夢にマフラーを編んであげますわ」
「いや、別にそんなことしなくても……」
「私がしたいの。初心者だし、いつ完成するかは分からないけど」
「咲夜なら、すぐに私より上手くなりそうだけどね」
「そんなことないわよ。だから、まぁ気長に待っていてくれると嬉しいですわ」
「……ん。分かった」

 少しだけ、赤くなった顔を見られないようにそっぽを向きながら、霊夢は答えた。
 雨音は、さっきよりも激しく地を叩くように聞こえた。ざぁざぁと降る雨は、やっぱり止む気配が感じられない。

「咲夜、今日泊まっていく? 雨酷いわよ」
「そうさせてもらえると、ありがたいですわ」
「ん、分かったわ。あー客用の布団あったかしら……」
「なるほど、つまりあなたと一緒の布団で朝を迎えれば良いわけね」
「なっ!? ば、馬鹿!」
「冗談よ。勝手に来たんだから、私は床で十分」
「……今はもう客なんだから、そんなことさせないわよ。ちょっと確認してくるわね」

 そう言って、霊夢は寝室へ向かった。
 一人になった咲夜は、首に巻かれたマフラーをキュッと掴んだ。

「ん、暖かい」

 自然と、口元がほころびる。
 ざぁざぁと降る雨音のリズムが、咲夜にはどこか心地良く感じられた。
 





東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<折り紙 | ホーム | 意地なのか+拍手レス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |