絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

にゃーん、わふぁ~

プチ投稿作品。パチュアリ。





「ねぇアリス」
「んー何?」

 アリスは、パチュリーの図書館へ訪れ、読書をしていた。もちろん、ちゃんと許可を得て、だ。そういうアリスの律義なトコをパチュリーは好いていた。
 先程まで互いに読書をしていたため、沈黙が続いていたのだが、珍しくパチュリーから話掛けるということで、それは破られた。

「アリスは、犬と猫どっちが好き?」
「……いや、両方とも結構好きだけど特別どっちが好きってのは無いわ」
「そう。じゃあ、にゃーんって言って」
「は?」

 パチュリーの意味分からない発言に止まるアリス。
 しかし、パチュリーはそんなアリスを全く気にしないで続ける。

「あ、声小さくて聞こえなかったかしら? にゃーんって言って」
「いや、何で?」
「絶対にアリス似合うと思うのよ」
「どんな理由よ!?」

 アリスは、それなりにパチュリーと親しくなったとは思ってはいたのだが、未だにパチュリーの考えだけは分からなかった。

「じゃあ、わーん、で良いわよ?」
「意味が分からないわよ!?」
「言ってくれないの?」

 何故言わないのか、信じられないといった表情のパチュリー。

「言わないわよ?」
「どうしても?」
「どうしても」
「なら複雑骨折しちゃえばいいのに!」
「何でよ!?」
「アリス、ここ図書館だから静かにして?」
「あぁ! 腹立つけど、来客の身だから強くは言えない!」
「あの……アリスさん」

 アリスが頭を抱えて叫んでいると、小悪魔に肩をポンと叩かれ、話し掛けられた。

「え、あ、何かしら小悪魔?」
「その、一応図書館ですから御静かに……」
「何この理不尽な空間!?」

 小悪魔の追撃によって、アリスはよりダメージを受けた。

「パチュリー様、お使いに行って来ます」
「ちゃんと買う物覚えてる?」
「失礼な、覚えてますよ。りりょくのつえ、オリハルコン、賢者の石、それにカンパンと酸素ボンベですよね?」
「流石小悪魔ね。じゃあ行ってらっしゃい」
「はい、行って来ます」
「何に使うの!? っていうか前三つは何処で買えるの!?」

 小悪魔は笑顔でアリスの方へ振り向き、

「ポカパマズさんのトコで買えますよ」
「誰!?」

 小悪魔はアリスのツッコミを無視してお使いに出掛けた。
 図書館にはアリスとパチュリーだけが残る。

 すると突然、パチュリーが立ち上がり、目の前に座っているアリスの背後へと回る。
 そして、

「きゃっ!?」
「んー」

 抱き付いた。
 暴れるアリス、離さないパチュリー。


「ちょ、何なのよ突然!?」
「離して欲しかったら、にゃーんって言ってみなさい」
「何でよ!?」
「じゃないとずっとこのままよ?」
「う~……」

 がっちりホールドしているパチュリーから逃れるのは難しい。
 しかも、アリスにギュッと密着しているため、何か柔らかいものが押しつけられているわけで、アリスにそんな恥ずかしい状況耐えられるわけがないわけで――

「ぅ……にゃ、にゃーん……」

 アリスの顔を真っ赤にして呟いた言葉に、時が止まった。
 数秒後、時は再び動き出す。

「ごふぁっ」
「え、パチュリー!?」

 パチュリーが吐血した。
 それと同時にホールドが緩む。そのおかげで、脱出が出来たアリスは、吐血したパチュリーを支える。

「だ、大丈夫? パチュリー」
「ええ、大丈夫よ……だからお願い、わふぁ~って言って」
「何で!? ていうか最初わーん、じゃなかった!?」
「お願い……じゃないとまた吐血しちゃうわ」

 アリスとしては、これ以上の恥ずかしい思いはしたくなかった。
 しかし、普段本を借りている恩もある。さらに、パチュリーがお願いをすることなんて滅多に無いのだ。
 葛藤するアリス。

「お願いアリス……」
「うぅ……」

 アリスの腕の中、弱々しい声で、潤んだ瞳で、お願いするパチュリー。
 普段からか細い声が、今はよりか細い。
 支えている腕から伝わるパチュリーの体温。
 煩いくらいに響くアリス自身の鼓動。

「わ……」
「わ?」
「わふぁ~……」

 頬を朱に染め、恥ずかしさのあまりに肩を震わせながら言うアリス。発した声は普段のパチュリーと同じくらい、か細いものだった。

「アリス……」
「きゃっ!」

 突然、アリスの腕に支えられていたパチュリーが起き上がり、そのまま正面からアリスに抱き付いた。もうそれはそれはギュッと。

「あぁ、アリス、貴女は本当に可愛いわ!」
「ちょ、パチュリー! 何でそんないきなり元気なのよ!?」
「元気にしてくれたのは貴女でしょう?」

 ギュッと抱き付くパチュリー。アリスの耳元で可愛い可愛いを言い続けているから、アリスとしては早く離れて欲しかった。

「アリスは、優しいわよね。その優しさは、魔法使いとしては未熟だけれど」
「褒めてるのやらけなしてるのやら分からないわよ」
「褒めてるのよ。私は貴女のそういうところが」

 パチュリーは抱き付いていた状態をやめ、アリスの瞳を見つめ――

「大好きよ」
「っ!?」

 ふにゃっと、柔らかい笑みを浮かべて、言った。
 普段、あまりこういう表情を見せないパチュリーだからこそ、ギャップが凄まじかった。
 その笑顔は、魔女ではなく、ただ一人の見た目相応な少女のもの。
 だけれど、やはり少しだけ大人っぽい色気を帯びた、笑顔。
 それは、パチュリーだからこそ、生まれる、笑顔なのだった。

 そして、それを至近距離真正面から見たアリスは、思わず顔に紅葉を散らし、そっぽを向いた。

「だから貴女がこれから魔法使いとして、より成長していっても、その優しさは無くさないで――って、アリス聞いてるの?」

 もはやアリスは聞いて無かった。
 パチュリーのさっきの笑顔が印象に残りすぎて、まともにパチュリーのことが見れない。

「ちょっと、無視? アリス?」
「……」

 話し掛け続けるが、返事をしないアリス。

 結局、小悪魔が帰ってくるまでアリスは元に戻らなかった。
 もっとも、その時にはパチュリーは、アリスに無視され続けていたことにより拗ねてしまっていたため、パチュリーの機嫌を直すために、またアリスが恥ずかしい思いをすることとなってしまった。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<風邪気味だぁ | ホーム | 魔法先生パチェ!+拍手レス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |