絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ふたり

霊咲。さくれいむ。



 
「はい、水」
「……ありがとう」

 霊夢から、冷たい水の入ったコップを受け取る。
 一気に流し込むように飲み干すと、熱かった喉がすうっと冷やされた。
 空に浮かぶ月が、ぼやけて見える。

「気分はどう?」
「それなりに、かしら。お嬢様は?」
「先に帰る、って。私にあんたを任せて帰ったわ」

 流石お嬢様だ。私の気持ちを理解してくれている。もし、酔い潰れた私をお嬢様がわざわざ連れて帰ったなら、私の立場が無い。
 酔いはまだ回っているのか、ふわふわした気分。

「珍しいわね、あんたがここまで飲むなんて」
「飲まされたんですわ」

 霊夢が私の隣りに腰掛けた。
 縁側は夜風が吹いていて、ちょっと寒いくらいだけど、心地良い場所だ。
 それにしても、今日の私は愚かだった。
 珍しく、鬼に絡まれ天狗に絡まれ、魔理沙にまで絡まれ、飲まされる一方だった。いつもならば、ふらりと躱すのだが、絡まれた相手が悪かった。

「はぁ……」
「ため息を吐くのも珍しいわね」
「人前じゃあ、あまり弱いとこを見せないタイプなのよ」
「今は私が居るけど?」
「あぁ、ごめんなさい。人って認識してませんでしたわ」
「頭をさっぱりさせるために、陰陽玉でもぶつけてあげようか?」
「遠慮しますわ。どこかの巫女みたいに、年中頭の中が春にはなりたくないもの」
「早苗の悪口はやめなさい」
「あなたの悪口よ」

 ムスッとした霊夢を見て、なんとなく感覚を取り戻した気がする。
 こんな風に、軽いやり取りをするくらいには回復したようだ。
 それでも、身体が熱くてまだ動く気はしないけど。
 一際強い風が、髪をふわりと撫でる。
 霊夢の長い黒髪が、揺れた。
 片目を瞑りながら、少し乱れた髪を直す霊夢の姿が、なんだか綺麗だった。

「ん、何よ?」
「え?」

 気が付いたら、無意識に霊夢の髪へと手を伸ばしていた。
 柔らかくて、ふわっとしていて、触っていると心地良い。自分の髪を触るのとは、また違う感じだ。他人の髪というのは、ここまで触り心地が良いものなのだろうか。いや、霊夢だからかもしれない。
 霊夢は、何やら良く分からない視線をぶつけてくるが、拒否をされてはいないので、触り続ける。

「あなた、意外にお洒落に気を遣うタイプ?」
「そうでもないわよ。普通よ、普通」

 むぅ、特に何もしないでこの髪質だったならば、幻想郷中のお洒落に気を遣う女の子全員を敵に回すことになる。
 今さらだけど、霊夢も立派な女の子なのよね。博麗の巫女だのなんだの言われてるけど。

「……いつまで触ってるのよ?」
「あら、拒否されないから良いのかと思ってましたわ」

 ジトっとした目で、私を睨む。
 そんな態度が、どこか幼く感じて、笑ってしまう。

「何笑ってんのよ?」
「可愛いらしいなぁ、と思ってね」
「っ!?」
「あら、照れてる?」
「誰が照れるか! いい加減に離せ!」

 手を払われてしまった。少し残念。
 霊夢の頬が赤いのは、お酒のせいでは無いだろう。
 こんな霊夢は、珍しいと思う。
 もしかしたら、案外ストレートな言葉に弱いのかもしれない。霊夢の周りに居る人物たちは、回りくどいことばかり言う者が多いから、なんとなく納得出来る。

「あんた、帰らなくて良いの?」
「実はまだ、身体が本調子じゃないの」
「あんたって、表情に出さないわよね。いつもと同じに見えるわ」
「クールで格好良いと思うでしょ?」
「無理して馬鹿みたいって思うわ」
「手厳しいですわ」
「実際あんた、ちゃんと休んでる?」
「まぁ……」

 実はあまり休んでいない。お嬢様や美鈴やパチュリー様にまで、ちゃんと休んだ方が良いと言われている。
 もちろん、今の曖昧な返事の意味は霊夢にばれた。今度は霊夢が、ため息を吐いている。呆れた表情で、だ。

「咲夜、倒れたらどうするのよ?」
「それは、その時考えますわ」
「やっぱり、あんたって馬鹿だわ」
「失礼ね。それに、休めと言われても、何をしたら良いのか分からないのよ」
「何もしなきゃ良いのよ」
「それじゃあ、落ち着きませんわ」
「我慢しろ。なんなら寝てれば良いじゃない」

 ずっと寝ていたりなんかしたら、身体が鈍る。
 私はメイド長だから、そんなことになってはいけない。

「寝てるだけなんて、私らしく無いでしょう?」
「倒れて寝込んでいるあんたをいずれ見るよりはマシよ」

 ふむ、なるほど。確かに、倒れてしまって寝込んでいる私は、らしくないだろう。
 というか、意外だった。
 霊夢が心配してくれてるなんて。
 少し、いや、かなり嬉しいかも。

「霊夢、ありがとう」
「は? 何が?」
「心配してくれて、嬉しいわ」

 素直にお礼を言うと、霊夢は一瞬きょとんとした表情になる。
 そして、私の言葉を理解したのは、数秒後だった。

「な、別に心配してるわけじゃ……」

 言葉がもごもごとしていて、霊夢らしくない。
 うん、やっぱり、霊夢はストレートな言葉に弱いみたいだ。
 これは本当に面白い発見。そして、可愛らしい。
 あぁ、だいぶ思考も回るようになった。身体の怠さも、それなりに回復した。
 立ち上がり、大きく伸びをする。小枝を踏んだような、軽い音が鳴った。

「さて、そろそろ帰ろうかしら」
「もう大丈夫なの?」
「えぇ、だいぶ良くなりましたわ」
「そう、良かったわ」
「え? ちょ、霊夢!?」

 ガシッと、霊夢が私に抱き付いてきた。
 立っている私の腰に、霊夢は座ったまま腕を回して、きつく力を込める。ちょっと痛い。

「ど、どうしたのよ霊夢?」

 どうすれば良いのだろう。
 ここは、優しく抱き締め返すべきなのか。いやいやいや、ちょっと待て。それはおかしいだろう。
 情けないことに、私はたかがこれくらいのことで動揺しまくりだ。
 いや、私にとっては、たかがではないのだろう。
 こんなこと、初めてで、しかも抱き付いてきた相手が霊夢で、混乱しているのだ。
 霊夢が誰かに抱き付いていたりする姿を、私は見たことが無い。
 何故私に抱き付いたのか。私は一体どうすれば良いのか。
 ぐるぐると回る思考で、また酔ってしまいそうだ。

「……さない」
「え?」

 ぽつりと霊夢が言葉を零した。
 しかし、聞き取れなかった。

「逃がさない」
「……はい?」

 今度はハッキリと聞こえた。
 えっと、どういう意味だろう。

「逃がさない! 後片付け手伝いなさい!」
「……え?」

 霊夢が片腕だけ私の腰から離し、指をさす。
 私は、その方向へと顔を向けると、そこには宴会の残骸。
 つまり、これは抱き付いたわけでなく、逃がさないために拘束したわけか。

「……はぁ」
「何よ、ため息吐いても逃がさないわよ」

 本日二度目のため息。

「はいはい、ちゃんと手伝いますわ」
「ん、よろしい!」

 慌てていた私が馬鹿みたいだ。
 けど、満面の笑みの霊夢を見ると、なんだかどうでも良くなった。
 さてと、さっさと済ませてしまおう。

「また一段と凄いわね」
「それでも私と咲夜、二人何だから何とかなるでしょ」
「そうね」

 それじゃあ、気合入れてやるとしよう。
 一人なら嫌になるくらいだが、今は二人だ。

「咲夜はそっちお願いね」
「分かったわ」

 月の灯を頼りに、私たちは後片付けを始めた。
 



東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はいはい不調不調+拍手レス | ホーム | ぐぁぁ!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |