絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

もみじじじニュースの時間です。

プチ投稿作品。ひたすらボケ散らかす内容。





「こんにちは! もみじじじニュースの時間です。文様は私の毒……じゃなかった、体調を崩されたとのことで、代理に私犬走椛が務めます」

 ぺこりと頭を下げるのは犬走椛。
 右手には原稿が握られている。

「では最初のニュースです。今日未明住所不明性別不明年齢不明詳細不明」

 次の原稿を取り出す。


「続いてのニュースです。熱愛発覚か!? 博麗霊夢さん(32)の博麗神社からルーミアさん(16)が朝帰りしてる場面が目撃されました。ルーミアさんは取材に対して」

『霊夢は温かかったよ。理由は分からないけど、気持ちよかった』

「と言っており、博麗霊夢さんは」

『いや、何勘違いしてるかしらないけど一緒に寝ただけよ』

「と熱愛を否定していました」

 次の原稿を取り出す。


「続いてのニュースです。永遠亭に住む、薬師の八意永琳容疑者(82)が蓬莱山輝夜さん(7)を軟禁していたことが発覚し、逮捕されました。調べに対して八意永琳容疑者は」

『姫のためを……輝夜のためを想ってやったことよ。私は悪くないわ』

「と反省の色が見られない様子です。被害者の蓬莱山輝夜さんは」

『前々からストーカー気味の行為が怖かった。軟禁されたせいで周りからはニートなどと呼ばれて名誉を毀損された』

「と言っており、徹底的に裁判で戦う意思を見せていました」

 次の原稿を取り出す。


「続いてのニュースです。国民的アイドルの八雲紫さん(自称17歳)がドモホル○リンクルを使用してる場面を目撃されました。17歳が使用する物では無い、と取材班が突撃したところ、誰一人取材班は帰って来ませんでした」

『取材班? ゆかりんのトコには来てないよ~? えへへっ☆』

「と八雲紫さん(3085歳)は言っており、番組スタッフは必死に取材班を捜索しています」

 次の原稿を取り出す。


「続いてのニュースです。博麗霊夢さん(17)が妖怪退治の回数通算500回を越えました。この若さで500越えは歴代最高記録で、『幻想郷記録保持者之本』に阿求さん(乙女の秘密)が載せることを決定しました」


「ちょい椛!」
「にとり、本番中ですよ」
「速報速報」

 にとりが椛に紙を渡す。


「ここで速報です! 蓬莱山輝夜さん(∵)が八意永琳容疑者に裁判で勝訴したようです! 現場のチルノさーん!」

『はい、現場のチルノです。只今、笑顔の輝夜さんが出て来たところです』

「チルノさんキャラ違くないでしょうか?」

『こんな時くらいは真面目にやるのが筋ですよ? ナメてます?』

「あ、すみません。え、何で私謝ってるんでしょう?」

『あ、今永琳さんが暴れ始めました』

「え?」

『蓬莱の薬をばら蒔いてます』

「ちょ! チルノさん大丈夫ですか!?」

『はい。私最強ですから』

「あ、そこは譲らないんですね」

『あたりまえだのクラッカー』

「はい、中継遮断します」


 新しい原稿を取り出す。

「続いてのバースです。代打バース! 背番号は44です」

 新しい原稿を取り出す。


「続いてのニュースです。不況の波でしょうか、紅魔館の妖精メイドの10%が自主退職を強制させられていることが判明しました。十六夜咲夜さん(ナイフ)は取材に対して」

『あなた方には関係無い。紅魔館の問題だ』

「と言っており、詳細は不明です」

 新しい蜜柑を取り出す。


「続いては『今日のにゃんこ!』のコーナーです」

『今日のにゃんこは、八雲さん家の天子ちゃん♪』

「ちょっと! 離しなさいよ隙間妖怪!」

「あらあら、まだ反抗する気?」

「当たり前よ!」

「躾のなってないにゃんこは……」

「やぁ!?」

「お仕置しないとね」

「ちょ! どこ触って……にゃぅ」



「はい。可愛らしかったですね。続いては天気予報です。八雲藍さーん!」

『八雲藍だ。橙が顔を洗ったから明日は雨』


「はい、分かりました。続いて占いのコーナー。鍵山雛さーん」

『大凶』


「はい、極端ですね。続いては霊予報の小町さーん」

『……』


「はい、寝ちゃってましたね。続いては鬼占いの伊吹萃香さーん」

『酒!』


「はい、これ何のコーナー何ですかね? 以上もみじじじニュースでした」

 最後の原稿を取り出す。


「ではみなさん、文様が復活できなかったらまた逢いましょう! 来週もまた見てくれるかなー?」

『……返事が無い。ただの屍のようだ』
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<魔法先生パチェ!+拍手レス | ホーム | 清く正しく+拍手レス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |