絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

咲夜さんの部屋の前に落ちていた

プチ投稿作品。フランとパチェのギャグ。
今見ると、微妙に恥ずかしいです。





「パチュリー」
「あら、小野妹子様」
「フランドールだよ! しかも小野妹子は男だよ!」
「まぁまぁ、そんなコリコリしないで」
「カリカリだよ!」
「それで? 何の用?」
「いきなり素に戻らないでよ……もう」
「ンゴメンゴメ」
「メンゴだよ! 何だンゴメって! 言いにくいことこの上ないよ!」
「で、本当に何?」
「実はね……これ拾ったんだけど、私には読めない物ばかりだから読んで?」
「どれ?」

 一冊の文庫本が渡される。『大人の銀河鉄道の夜――徹夜編』と書いてあった。
 パチュリーは手のひらに炎を集め、一瞬で灰にした。

「あぁっ!? 何してんの!」
「妹様にはまだ早すぎる内容なのよ」
「むぅ……あ、あとこれも拾ったんだけど」
「これは?」

 『となりのニトロ』と書かれた本だった。表紙に少女が雨の中バス停でニトログリセリンと一緒に居る絵だった。燃やした。

「にゃー!?」
「妹様、あんな酷いパクリは見たことないわ」
「な、ならこれ!」
「これは?」

 『突撃隣りの昼ご――』燃やした。

「わー!? また駄目?」
「私、ヨで始まってケで終わる4文字の人は好きになれないの」
「言ってる意味がよく分からないけど……ならこれは~?」
「あら?」

 『怪談☆超短編集』とだけ書かれた本だった。パラパラと中を見ると小説の様だった。

「これなら読んであげれるわ」
「ホント!?」
「えぇ、読みましょうか? 超短編集だから短いけれどね」
「うん!」





『ある小屋には二不思議がありました』

「二不思議って!? 普通七不思議じゃないの!?」

『そこに入ったものしか知らないので誰も内容は知らなかった』

「え?」

『何故なら、その小屋に入った者は一人も帰って来ないから』

「うわぁ怖い」

『おしまい☆』

「えぇぇぇぇ!?」



「何これ!? 中に入ってかないの!?」
「中に入ってく場面を期待するなんて……大胆ね妹様」
「何の話!?」
「まぁ超短編集だから仕方無いわよ」
「せめて起承転結をしっかりして欲しいよ! 小屋紹介しただけじゃん!?」
「まぁまぁ一応次読む?」
「次は結末ある?」
「見た感じ一応有るわね」
「じゃあ……読んで?」
「分かったわ」



『注意! これは本当に怖い話です』

「わぁ、注意書きあるなら期待だね」

『ある人間が、どうも肩に異様な重さを感じていた』

「ふみゅふみゅ」

『まるで、誰かが常にのしかかってるようだった』

「わぅ」

『その人間は、あまりの重さに足がふらつく。その人間はとりあえず今日はもう寝ようと思い、布団にくるまった』

「うんうん」

『男は夜中寝苦しさに目を覚ます。熱い……体が、骨が溶けてるようだ、と感じていた』

「うみゅ」

『そして、額に手をやるとめっちゃ熱かった』

「急にフランクだね」

『そして、男はこの暑さの原因に気付いた!』

「おぉ!」

『なんてことだ、周りを見れば分かることだったのに。気付くのが遅すぎた……』

「わくわく」

『家、火事だ』

「いや、気付けよ!?」

『おちまいおちまい』

「うわっ! ウザい終わり方だよ!」





「体温上昇原因は火事なの!?」
「えぇ」
「じゃあ肩の重みは!?」
「あぁ、最後に肩凝りだったって米印で書いてあるわねぇ」
「そんなこと米印で書くなよ!?」
「いや、私に言われても」
「あ、ごめんパチュリー」

 気まずい空気。沈黙を破ったのはパチュリーだった。

「ねぇ妹様」
「なに?」
「この本……」
「ん?」
「私からのクリスマスプレゼントということでどう?」
「いや、別に気に入ってないよ!? ていうか最悪だよ!」
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぱるぱる☆ゆうぎ | ホーム | すっごくすっごく……>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |