絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

秋ですね

文と霊夢。にゃんてことないお話。



 
「清く正しい」
「博麗霊夢です」
「台詞取られた!? しかも、清くも正しくも無い人に!」
「捻り潰すわよ?」
「すみませんでした」

 軽いやりとりをした後、縁側に座る霊夢の隣りへと腰を下ろす。

「で、今日は何の用かしら?」
「暇潰し」
「あんたを潰してあげようか?」
「遠慮しときます」
「いや、遠慮しないで」

 笑顔で針とお札を構える霊夢。
 それに対して文は、一瞬で霊夢から離れて、風を操り突風を起こす。

「っ!」

 とっさのことに体勢を崩しかけるが、なんとか堪えた。だが、針とお札は風に散らされてしまった。

「今日は私の勝ちですね」

 風を止めて、勝者の笑みを浮かべながら霊夢の方へと近寄る文。

「甘い!」
「へっ?」

 霊夢は急に顔を上げて、そう叫ぶ。
 ぽかんと一瞬止まってしまう文。だが、それがいけなかった。

「目潰し!」
「まさかの目潰し!? 痛い! 地味に痛い!」
「針やお札が無くても、巫女は戦えるのよ。先代の巫女なんか、目潰しだけで千の妖怪を退治したらしいわ」
「巫女怖っ!?」

 文は両目を押さえたまま、その場にうずくまる。
 いくら力のある妖怪といえども、目を突かれてはそう簡単に痛みは引かない。

「痛い……うぅ」
「はぁ、仕方無いわね」

 わざとらしく溜息を吐いて、文に近寄る。
 そして――

「きゃうっ!?」

 軽く蹴った。
 うずくまっていた体勢を崩し、地面へと味気無い口付けを交わすはめになった。

「普通は手を差し伸べません!? 何で蹴り!?」
「いや、痛そうだからとどめを刺して、楽にさせてあげようかと」
「手当てをするという選択肢は!?」
「埋葬ならしてあげるけど」
「殺されるー!?」

 ぎゃあぎゃあと、そんなやりとりをする。
 互いに、ふざけあっているのは分かっている。
 もし霊夢が本気なら、ここで問答無用に追討ちをかけるし、文が本気ならばこう易々と負けたりしない。
 妙な信頼感があるからこそ出来るじゃれあいだ。

「はぁ……あんたはわざわざ毎回、こんなくだらないやりとりをするために来てるわけ?」
「分かっていてそれに付き合ってくれるなんて……霊夢さんも満更じゃないわけですね」
「あら? 目潰しは割と本気だったわよ」
「でしょうね。痛かったです」

 起き上がり、再び霊夢の隣りへと腰を下ろす。

「いやぁ、あなたと話してると若返った感じがします」
「年寄りっぽいわねぇ」
「見た目は超可愛い少女ですけどね」
「…………」
「あのー……突っ込んで欲しいのですが……」
「自分から突っ込んで欲しいって言うなんて、変態ね」
「何の話ですか!?」
「はいはい、黙れ。私はお茶を飲みながら煎餅食べるのに忙しいのよ」

 はむっと煎餅を咥えて、もきゅもきゅと口を動かす。そして、湯飲みに手を伸ばし、お茶を飲む。
 ほうっと息を吐いて、リラックスするその表情は、とても成人前の少女には見えなかった。

「霊夢さん、ばばくさい」
「スペルカード、湯飲み『お茶かけ放題』発動」
「あっつ!?」

 ぐおぉ、と喚きながらお茶をかけられた顔を押さえる文。
 霊夢はぴくりとも動じない。

「火傷の痕が出来ちゃう!」
「大丈夫、そんな熱く無いから。あ、文」
「はい?」
「あんたのせいでお茶無くなったから、新しく入れてきて」
「被害者は私何ですけど!?」
「はいはい、入れてきたらご褒美にこの前紫から貰った、銀のエンゼルとかいう良く分からない物あげるから」
「いらないですよ!」
「銀のエンゼル四枚よ?」
「中途半端だー!?」
「早く行ってきてよ。幻想郷最速なんでしょ」

 無理矢理銀のエンゼル四枚を渡されて、仕方無いといったように溜息を吐きながら、お茶を入れに行った。
 霊夢は、はむはむと煎餅を食べている。

「はい、どうぞ」
「ん、あんがと。あ、あんたも自分の入れてきたのね」
「えぇ、せっかくですから私も」
「誰が飲んで良いって言った?」
「酷い!」
「冗談よ」
「ですよねー」

 二人揃ってお茶を飲む。
 ほわぁっと、息を吐く。

「良いですねぇ」
「文、ばばくさい」
「そういう霊夢さんこそ」
「また潰すわよ?」
「はは、すみません」

 軽く笑って流す文。
 ふと空を見上げると、どこまでも青い空が、いつもより高く見えた。

「霊夢さん、秋ですねぇ」
「そうね」
「秋といえば、柿や焼き芋」
「あら意外、あんたも食べ物が真っ先に思い浮かぶのね」
「女の子ですもの」
「女の子がみんな食べ物優先みたいな言い方するな」
「そういう霊夢さんは?」
「もちろん、食欲の秋!」
「一緒じゃないですか」
「私も女の子だもん」
「女の子がみんな食べ物優先みたいな言い方は、良くないですよ」
「あら? じゃあ今から焼き芋やろうと思ってたけど、文はいらないのね」
「いります!」

 ビシッと右手をあげて、欲しいですアピールをする文。

「お座り!」
「もう座ってます」
「む、ならお手!」
「はい」

 霊夢が差し出した手のひらに、文は手をちょこんと乗せる。

「も一つお手!」
「はい」
「三回回ってスカートの裾を持ち上げながら、にゃぃと言いなさい」
「はい……って出来ません!」
「まぁ、本当にやったら引くけどね」
「ですよねー」
「それじゃあ、芋持ってくるからあんたは落ち葉集めて」
「うへぇ、私が集め役ですかぁ」
「文句言うならスカート脱がすわよ」
「どんな脅し文句!? 普通は、食べさせないよ、とかじゃないですか!?」
「うるさい黙れ、脱がすわよ」
「はいはい、分かりましたよ」

 ぶつぶつと文句を言いながらも、風を操って落ち葉を集める文。
 霊夢は、芋をとりに行く準備をしている。

「……芋調達してくるんですか」
「えぇ」
「何処からです?」
「秋姉妹のとこ」
「……行ってらっしゃい」
「うん、行ってくるわ」

 文はもう何も言わなかった。ただ、霊夢の目が割と本気だったから、心の中で秋姉妹に逃げてーと叫んでおいた。

 十数分後、服がボロボロになって涙目の秋姉妹ごと、霊夢は連れて帰ってきた。
 なんだかんだで、みんなで仲良く焼き芋を食べたとさ。



あとがき
ちょっと感覚取り戻す為に会話テンポ中心に書いたお話でした。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちまちま…… | ホーム | 甘さが足りない!+拍手レス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |