絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ぐだら、ぐだら、ぐだら

さとりこいしでぐだぐだ。


 
「お姉ちゃん、生きてる?」
「生きてますよ? 見れば分かるでしょう」
「いや、見た目死んでるよ」

 俯せに倒れている状態のさとり。服装は涼しげに、ワイシャツとホットパンツのみ。
 こいしが地霊殿へ帰って来て三日目、さとりはだらけていた。

「どうして寝転がってるの?」
「床が、冷たいの……」
「子どもじゃないんだからさ……」
「当たり前よ。私は大人です。え、何? こいしは私を怒らせたいの?」
「え、あ、ごめんなさい……って何で私が怒られてるのよ!」
「まぁ、そんなにユリユリしないで」
「カリカリしてるの!」
「ほら、こいしおいで。一緒に転がりましょう?」
「嫌だよ、みっともない」

 バッサリと斬り捨てるこいし。
 それから、さとりは言葉を発さなくなる。というか、死んだように動かなくなった。ぴくりともしない。

「お姉ちゃん、生きてる?」
「……」

 返事が無い。

「ただの屍のようだ……って違う! どうしたの?」
「こいしは……」
「ん?」
「私のこと、嫌いなんですね」
「はぃ!?」

 ごろんと仰向けになり、うるうるとさせた瞳をこいしに向ける。
 というか、ワイシャツのボタンが全て外れていた。
 控え目な膨らみがちらちらと見える。

「何です? その可哀相なものを見る目は?」
「……お姉ちゃん、本当に私たちの中で一番小さい――」
「それ以上言ったら泣きますよ。本気で。割と本気で!」

 じわりと涙を滲ませるさとりを見て、泣く姿もちょっと見たいなぁ、などと思いつつも、その気持ちは胸にしまっておいた。さとりよりもちょっと大きくなった胸に、しまった。

「今ので確信したわ。やっぱりこいしは私が嫌いだと」
「いやいや、胸が小さいのは事実だから仕方無いよ」
「はぅっ!?」

 さとりの心に、こいしの鋭い言葉が突き刺さる。
 さとりだって女の子。ちょっとくらい、いや、結構スタイルを気にする。ただでさえ小柄なことを気にしているのに、実の妹から胸小さいなどと言われては瀕死級ダメージだ。

「こいし……私もうダメ」
「まずは起き上がろうよ。そして前をしっかり閉じて」

 ヘコんでいるさとりを立ち上がらせて、ワイシャツの前を閉じる。

「暑い……」
「暑い暑い、言うから暑くなるんだよ」
「寒い寒い……」
「いや、それは言っても意味無いと思う」

 はぁ、と溜息を漏らすこいし。
 昔からだらだらした部分はあったが、ここまでは酷くなかった。何故だろうか、と悩むが答えは出ない。

「ねぇ、お姉ちゃん」
「何、こいし?」
「昔よりだらけてない?」
「う~ん、しっかりする必要が無くなったから、かしらね」
「え?」
「え?」
「何でお姉ちゃんが疑問符浮かべるの!?」
「こいしの真似をしてみました。似てた?」
「どうでも良いよ」

 こいしも掴みどころが無いが、さとりも結構掴みどころが無い。

「せっかくこれで、今度の地底物まね大会出ようと思ってたのに」
「さっきの一言だけなら、絶対批判の嵐だね」
「こいし、麦茶――」
「自分で入れなさい」
「……こいしが冷たい。冷たいこいしを抱き締めたら、気持ち良いかしら」
「私の体温は普通だよ」
「ぎゅ~」
「わっ!?」

 こいしをギュッと抱き締める。
 華奢な身体を、壊れてしまわないように優しく包んだ。

「暑いわ」
「離せば良いじゃん」
「でも心地良い」
「そっか」
「こいしは抵抗しないの?」
「抵抗する理由があるの?」
「……ぎゅ~」
「わぷっ」

 さとりは自分の薄い胸に押し付けるように、力を少しだけ入れて抱き締める。

「やっぱり小さいから、普通に声出せるね」
「大きかったら、今頃こいしは窒息ね」
「良かったぁ、お姉ちゃんの胸が小さくて」
「……お仕置」
「わっ!? くすぐった……ひゃう、あはは!」

 さとりはこいしを抱き締めたまま、手を脇腹に滑り込ませてくすぐる。
 抱き締められているせいで、身動きが取れない。

「あひゃ、ぎぶ! お、お姉ちゃんごめんなさい! あ、ひゃぅっ、く、苦しいって!」
「なんか楽しいので、もうしばらく」
「お、鬼~! あ、ひゃあぁ、くっ……はは、ふわっ!?」

 その後、15分間くすぐられ続けた。
 暴れるこいしをしっかりと抱き締めながら、そんなことをすれば――

「はぁはぁ……」
「あ、暑い……」

 暴れるこいしも、おさえてたさとりも体温上昇は当たり前なわけで、余計に暑くなった。
 こいしは服が乱れ、呼吸も荒く、涙目になっている。

「馬鹿お姉ちゃん……」
「や、やりすぎました。ごめんね、こいし」
「はぁ、んっ……お姉ちゃん」
「は、はい?」
「麦茶持ってきて」
「……はい」

 さすがに断るわけにもいかず、ふらふらとさとりは立ち上がった。
 麦茶で二人とも、復活を目指した。

「あ……」
「え?」
「麦茶、作り忘れてました」
「……うぅ」

 二人、気絶するように倒れた。

 お燐が帰ってきた時、仰向けに倒れて死んだような表情をしている二人を見て、お燐は相当焦ったそうな。
 冷たい水をあげたら、復活したらしい。



東方SS | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<頑張れ小さな女の子~番外編3.誘拐!? | ホーム | きっつい>>

コメント

このさとり様を思わず想起しようとしたら、ぐだら~っとしてるさとり様でなく単なる露出狂が出来上がってしまった件orz
2009-08-26 Wed 16:12 | URL | [ 編集 ]
何故ww
もう一度想起に挑戦です!
2009-08-27 Thu 00:55 | URL | のどあめ。 [ 編集 ]
何度やっても、ぐだったジト目になりません!!

こうなったら嫁であるところのルナサ(を描いて妄想の中のルナサ)に慰めてもらってから再挑戦しまs(←
2009-08-27 Thu 02:45 | URL | [ 編集 ]
ルナサ好きなのですねw
2009-08-27 Thu 13:41 | URL | 喉飴 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |