絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ぐだら、ぐだら

さとりんこいしで、ぐだぐだだらだら。


「だらだらしすぎだよっ!」
「ほわー」
「ほわー、じゃない!」
「ほわわー」
「ほわわー、でもない!」

 こいしが、地霊殿へ帰って来てから二日目。
 真夏で暑いとはいえ、地上に比べれば地霊殿はマシな方だ。
 なのに、さとりは白いランニングシャツと黒のホットパンツ。
 さらに、口には水色のアイスキャンデーを咥えている。
 このだらしなさっぷりに、呆れつつあるこいし。

「お姉ちゃん、暑いのは分かるけどさ」
「はむはむ」
「もうちょっと、しっかりしようよ。というか、その服どうしたの?」
「先日、普通にお店で」
「珍しい。服の買い物なんて」
「あまりにも暑かったから」
「そういえば、お燐たちは?」

 いつもならば、お燐が注意しているだろう。しかし、今は姿が見えない。
 さとりはアイスキャンデーを口から離す。

「地上へ遊びに行きました」
「はぁ……」
「はむっ」

 再びアイスキャンデーを口に咥える。
 こいしは、自分自身を自由人だと認知していたが、地霊殿の住人も、同じくらいに自由人だと思った。
 額に手をあてて、溜め息を吐くこいし。

「お姉ちゃん、せめて上は着よう? ランニングシャツだけじゃあ、風邪引くよ?」
「はむっ……あ、こいし!」
「え!? どうしたの!?」
「見て見て、アイスの棒にあたりの文字が」
「人の話を聞いて!」

 棒にはあたりの『あ』の文字が見えていた。
 いきなり大声を出すから一体何事かと思えば、そんなことだった。

「大体お姉ちゃんは――」
「はい、こいし」
「え? な、何?」
「半分あげる。暑いでしょう?」

 こいしに、自分の食べていたアイスキャンデーを渡すさとり。

「い、いいよ別に」
「新しいのが無いの。ごめんね」
「だからいいってば」
「美味しいわよ? チルノ印の有頂天ソーダ味」
「う……」

 こいしだって暑い。
 目の前に差し出されたアイスキャンデーは、ひんやりと冷たい冷気を放っているのが分かる。
 散々悩んだ挙句、受け取った。

「あ、美味しい」
「でしょう?」

 ペロペロと舐める。さっぱりとした味と、冷たさが心地良い。

「あ、文字が」
「見えてきましたね」

 『あた』まで見えてきた。
 何故かよく分からないが、こういうときはアイスキャンデーを味わって食べるよりも、早く食べきってしまいたい衝動に駆られる。

「はむ、んっ……」

 ペロペロと舐める。
 アイスキャンデーが減って、棒に書かれた文字が次第に現れてくる。

 『あたり』と。

「あたりだぁ」
「あれ? こいし、まだ文字が見えるわよ?」
「えっ?」

 確かにまだ黒い文字の部分が見えた。
 首を傾げる二人。
 とりあえず、食べきることにする。
 はむはむ、ペロペロ。

「ご馳走さまでした、っと」
「さて、書かれた文字は?」



 『あたりだったら良かったのにね(笑)』と書かれていた。



「ウザッ! 何これ! しかも長いし!」
「まぁまぁ、こいし。こんなこともあるわよ」
「無いよ普通! わくわくを返して欲しい……」

 棒を折って、ゴミ箱へと投げ捨てる。

「あ、そうそう」
「んー?」
「お姉ちゃんにお土産」

 そう言って、ポケットをまさぐる。
 あれでもない、これでもない、とこいしのポケットから様々な物が飛び出る。ハンカチ、ティッシュ、消しゴム、飴玉、などなど。

「たくさん入ってるわね」
「うん……あ、あった!」

 小さな木箱を取り出した。

「これは?」
「じゃーん、風鈴!」

 硝子に描かれた金魚、下半分は淡い水色に包まれている。小さな風鈴。

「風鈴とは……懐かしい」
「これ聞くだけで、涼めるよね」
「そうね」

 りん、と響く音。
 目を瞑る二人。
 また、りんと鳴る。

「ありがとう、こいし」
「うん」

 二人が言葉を交わす度、りん、りん、とまるで風鈴も会話をしているかのように鳴る。

「あぁ、夏だね」
「えぇ、夏ね」

 夏は、まだまだ終わらない。




東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まだまだ知らない | ホーム | のどが……>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |