絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

月夜に重ねて

久し振りのレミフラでした。糖分50%くらい、書き方がいつもとはちょっと違うのです。


 たまに、無性に怖くなる。
 目が覚めて、全てが夢だったんだよなんて言われたら、私は今より狂える自信があった。そんなこと、もちろんありえない出来事なんだろうけども、怖いものは怖い。
 そんなどうしようもない恐怖が、不安が、私の心を蝕むのを感じたとき、思い浮かべるのはお姉様のこと。
 温かい身体、優しい瞳、お姉様の全てが私に安心感を与えてくれる。
 だから、会いに行く。
 部屋を抜け出して、暗い廊下を駆けて、ただ会いたいという欲に従う。


「また部屋を抜け出して来たの?」
「うん」

 空間を深い闇が包む、こんな深夜。普通、起きてはいないけれども、お姉様は起きている。
 お姉様の部屋は、灯が点いて無くて、壁の紅さえも今だけは深い闇に飲み込まれていた。
 こんな暗いのに、お姉様が何処に居るかはハッキリと分かる。なんだろう、感覚だろうか。

「お姉様、一緒に寝て?」
「……また?」

 私がこの時間にお姉様に会うときは、必ずこのお願いをする。
 お姉様は、毎回少し戸惑っていた。
 表情を覗うと、嫌なわけでは無いみたい。なんだか少し頬を赤くしている。なんだろう、これがヘタレっていうのかな。

「フラン、一人で眠れるようにならなきゃ――」
「ダメ?」
「うっ……」

 こういうとき、上目遣いと甘い声を使ってみる。前に魔理沙が「お前がレミリアにお願いするとき、これを使えば一発だ」と教えてくれた方法だ。
 何故かは、よく分からないけれども、本当にお姉様がこれで拒否したことは無い。
 ただ、うーうー唸ったりする。やっぱり、これがヘタレっていうのかな。今度パチュリーに訊いてみよう。

「分かったわ。一緒に寝ましょう」
「わぁい! お姉様、大好き」

 勢いよく抱き付いてみる。
 私と同じくらい、小さい身体。温かくて柔らかくて、心地良い。安心する。
 お姉様も、腕を回して抱き締め返してくれた。

 ぎゅ~っ。

 力を込めて、より密着する。

「フラン、痛い」
「うみゅ……」

 お姉様がそんなことを言うけれど、聞こえないふり。

 ぎゅ~っ。

 お姉様の薄っぺらい胸に顔を埋める。
 頭上から、溜め息が聞こえた。

「甘えん坊ね」
「別に良いもん」

 甘えん坊だと言われるくらいで、この心地良い空間が手に入るなら、私は迷わずこの胸の中を取る。

「眠りに来たんじゃないの?」
「んー? ここなら寝れそうー」
「私が疲れるんだけど」
「まぁまぁ、細かいこと気にしちゃダメだよ」
「はぁ……本当に今日は甘えん坊ね」
「んー」

 ぐりぐりと頭を動かし、薄っぺらい胸で暴れる。
 甘い、匂い。

「ねぇ、お姉様」
「何かしら?」
「も一つ、お願いしていい?」
「何でも言いなさい」

 顔を上げて、ジッとお姉様を見つめる。
 私の強い視線に、少し恥ずかしいのかやっぱり顔を赤らめている。直感で理解。これがヘタレだ。多分。
 まぁ、ヘタレだろうが何だろうが、お姉様が大好きなのには変わりないけども。

「おやすみのちゅー、して」
「ごふぁ!?」
「頭血!?」

 私のお願いを聞いて、お姉様が頭から血を勢い良く出した。
 これにはびっくりだ。
 大体、頭血って言いにくい。ずとぢ、合わせて頭血。どうでも良いか、うん。

「大丈夫、お姉様?」
「あ、あまりの衝撃的発言に理性が散りかけたわ……」
「どういうこと?」
「いや、フランは気にしないで。私の中での話だから」

 お姉様が何かぶつぶつ呟いている。

「襲ってはダメ襲ってはダメ襲ってはダメ……」
「どうしたの?」
「気にしないで。それより、本当に、その……」
「ん?」
「おやすみのキスが欲しいの?」
「うん。そうしたら、安心して眠れそうな気がする。……ダメ、かな?」
「うっ!?」

 必殺の上目遣いと甘い声。さらに魔理沙に教わった隠し技、ちょこっと首を傾げる。
 すると何故かお姉様はうーうー唸りながら、頭をふらふらさせていた。

「分かった……」
「わぁ、ありがとう」
「こっち、向いて」
「ん……」

 お姉様の顔が近付いてくる。
 なんだろう、胸がドキドキする。
 無意識に、目を強く瞑る。お姉様が可愛いと言って、小さく笑ったのが聞こえた。
 空気にあてられて冷めきった唇に、温かい何かが重なる。
 お姉様の唇だ。

「んっ」
「ふ……」

 鼻で息をするのを忘れてしまうくらいに、緊張する。思わず、お姉様の肩をギュッと掴んだ。
 すると、お姉様は右手で私をより強く抱き留めた。
 ふわふわする。
 心地良い、柔らかい、息が出来ない。
 自分から頼んだのに、胸がほわぁっとして落ち着かなかった。

「これで、眠れそう?」

 重なっていた唇を離して、それでも吐息がかかるくらいに近い距離で、お姉様が言う。

「もっと、眠れなくなっちゃった」

 まだ、ドキドキしていた。
 完璧に目は覚めている。

「なら……」

 お姉様が私の頬をそっと撫でる。
 少しくすぐったさに、身をよじった。

「眠れるまで、抱き締めていてあげる」

 優しく、抱き締められた。
 あぁ、やっぱり安心出来る。
 けれども、今日の私は眠れそうに無かった。
 胸の鼓動が、鳴りやまない。
 これだけ密着していたら、お姉様にも伝わっているだろう。何故か、ちょっと顔が熱くなる。

「ねぇ、フラン」

 お姉様の声を聞くだけで、身体が震えた。

「落ち着かないのなら、もう一度してあげましょうか?」

 何を、とは言わなかった。
 そんなお姉様の言葉に、私はドキドキした。

「……うん」

 そして、もう一度唇を重ねることにした。
 さっきまでは暗かった部屋が、雲が動いたのか、今は月明りで明るくなっていた。



東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<眠すぎだよ | ホーム | わっふっふ~♪+拍手レス&コメ返し>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |