絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

愛が重い

5000HITリクエストSSラスト。美鈴SS……難しかったあ。
桔禰さんリクエストでしたー。微妙な出来ですみませんorz

「いえ、私なんてダメダメですよ」
「はぁ……美鈴、あなたはもう少し自分を大切にしなさい」

 美鈴が謙虚な性格というのは分かっているが、謙虚すぎるのも考えものだと溜め息を吐くパチュリー。

「あなた、もう少し愛されてるのを知るべきね」
「ふぇ?」
「これを着けなさい」
「これは……青酸カリ!」
「違うわよ」
「ですよねー」

 パチュリーが渡したのは黒のチョーカーだった。
 中心部に、何か青い宝石のような物が埋め込まれている。

「魔法具なんだけどね。これを着けると、自分に少しでも好意を抱いている者が、それを行動に示してくるというもの」
「う~ん、着けろと?」
「えぇ、あなたは知るべきね。どれだけ愛されてるか」

 パチュリーに言われて、仕方無く装着する美鈴。
 すると、美鈴の身体を淡い水色の光が包み込んだ。

「あ、言い忘れたけど」
「はい?」
「それ、解除パスを言わないと一日外れないから。解除パスは『私をめちゃくちゃにして下さい……』よ」
「ちょ!?」
「あと、埋め込んでいる賢者の石で好意を数倍に増幅させるから」
「は?」

 美鈴は物凄く嫌な予感がした。具体的には今日一日が、恐ろしいことになりそうな感じ。背中を嫌な汗が伝う。

「私には保護魔法施してあるから効かないわ。安心して」
「逆を言えばパチュリー様以外からは……」
「好き好きアタックをされるわね」

 今すぐ解除したいが、あんな恥ずかしい言葉を言うのはためらわれる。
 そんなとき、突然図書館の扉が音を立てて開かれた。

「パチュリー様、美鈴いらっしゃいますか?」
「そこに」
「ひゃう!? さ、咲夜さん……」

 実はとっくに休憩時間は過ぎている。
 お仕置されると思った美鈴は、反射的に目をキュッと強く瞑る。

「お仕置が必要みたいね……美鈴」
「す、すみませ……ひゃうんっ!? さ、ささささくっ! 咲夜しゃん!?」

 美鈴は、生きてきて初めてこんな声出してしまった、と思った。
 だけど、それも仕方無い。何故なら、咲夜が美鈴の太股を指先でなぞったからだ。

「ほら、お仕置なんだから動いちゃダメ」
「ちょ!? パチュリー様、これって!?」
「好き好きアタックね」

 好意の表し方が危なすぎる。

「しゃくやしゃん!? し、正気に戻って!」
「私は正気よ。だから、ほら、脚を開いて?」
「正気な人は、スリットに手を侵入させようとしませんよ!」
「あらあら、お盛んね」

 ウフフと笑うパチュリー。
 美鈴は、この騒動が終わったらパチュリーを吹っ飛ばそうと決意した。
 後ろから抱き留めるようにして、美鈴の自由を奪う咲夜に対し、じたばたと暴れる。

「あんまり暴れちゃダメよ」
「なっ!? 身体が動かない!」
「美鈴の手足の時を止めたわ」
「そんな具体的箇所を!?」

 手足の自由を奪われて、立っていられなくなる美鈴。
 それを、咲夜は腹部に腕を回して支える。

「さぁ、脱ぎ脱ぎしましょうねー」
「嫌ー!?」
「大丈夫、生まれた時は皆裸、って某刑事が言ってたわ」

 恐らくそれはダメな特殊刑事だろう、と美鈴は心の中でツッコミを入れた。
 ふと目の前ではパチュリーが、大人用賢者の石の上に乗り、バランスを取って遊んでいる。
 助ける気は無いようだ。

「ちょっと待ったー!」

 今まさに美鈴がいろんな意味で食べられそうになる瞬間、勢いよく扉を開けて入って来たのはレミリア。

「お、お嬢様! 助け――」
「美鈴は私のだ」
「レミィも好き好きアタックね」
「ノー!?」

 動けない美鈴を床に寝かせる咲夜。

「お嬢様、いくらお嬢様でも譲れないものがあります」
「ほう? 逆らうの? ならば、美鈴をかけて」
「勝負!」
「ちょっと待ったー!」

 レミリアがグングニル、咲夜がナイフを取り出した瞬間、待ったの声がかかる。

「その勝負、私も参戦です!」
「あら、小悪魔も好き好きアタックね」
「にゃー!?」

 小悪魔、咲夜、レミリアが対立する。
 美鈴がちらりとパチュリーを見ると、一人オセロで将棋をして遊んでいた。
 やはり、助ける気は無いようだ。

「あなたに美鈴の素晴らしさが分かる!?」
「美鈴さんの素晴らしいのは、あの美脚です!」
「甘い、あの胸だろう」
「お嬢様も甘いです。あの腰でしょう!」

 本人目の前にして、どの部分が魅力的かをギャーギャー口論しながら挙げていた。

「パチュリー様ぁ、助けて下さいよぉ」
「……仕方無いわね」

 ダメ元で頼んでみたら、意外にもパチュリーは応じてくれた。
 溜め息を吐いて立ち上がるパチュリー。

「そこの馬鹿三人」

 パチュリーにそう言われて、激しく恐ろしい目付きで睨む三人。

「みんなそれぞれ美鈴の違う部分が好きなら、みんなで好きな部分を頂いちゃえば良いじゃない」

 小さな声で、性的な意味でと付け加える。
 その瞬間、三人の目が妖しく光った。
 美鈴の背筋に、ぞくりとした何かが走る。

「そうね……争ってちゃダメよね。では私は腰を」
「私は胸を」
「私は脚を頂きます」
「ちょ!?」

 じわりじわりと近寄る三人。涎を垂らしながら、目を光らせ、口元は歪んでいる。手を怪しくわきわきと動かしているのが、どこかえっちぃ。

「さぁ! 美鈴! 今よ!」
「な、何がですかぁ!」
「今こそ解除パスを!」
「解除パス……はっ!」

 解除パスが頭をよぎる。
 恥ずかしくて耐えられないほどの言葉だが、実際に恥ずかしいことをされるよりはマシだ。
 そう考えた美鈴は、深呼吸をして決意。
 緊張からか、頬が赤い。

「み、みなさん!」

 そして、言う。

「わ、私をめちゃくちゃにして下さい……」

 恥ずかしさのあまりに、ぷるぷると小動物のように震える。
 少し涙目だ。

「分かったわ……美鈴」
「大胆ね。よし、激しくする」
「めちゃくちゃにしてあげましょう」

 三人が物凄く嬉しそうにそう言った。

「ちょ!? パチュリー様! 解除されて無いじゃないですか!」

 慌ててパチュリーに問い掛けるが、パチュリーは眠たそうな目で言う。

「いや、まさか本当に言うなんて……」
「ウザっ!? 最悪です!」
「まぁ、一日たっぷり愛されなさい」
「ひっ!?」

 三人の涎で床が1cmほど埋まっていた。
 そして、美鈴に飛び掛かる三人。
 叫ぶ美鈴。
 笑うパチュリー。

 過剰な愛は相手を困らせるので、やめましょう。






東方SS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<消化しましたー | ホーム | 厄と花>>

コメント

いやいや微妙な出来だなんてとんでもない!
期待していたとおりのギャグ+愛され美鈴でさっきから頬が緩みっぱなしですよw解除パスの説明あたりからもう爆笑でした、面白かったです~
難しいリクエストをしてしまって申し訳ない、そしてそんなリクエストを聞いてくださってありがとうございました!
2009-08-11 Tue 23:37 | URL | 桔禰 [ 編集 ]
そう言ってもらえると嬉しいです。ありがとうございます。
いえいえ、難しかったですが、美鈴が書けて良かったです!
リクエストありがとうございましたー!
2009-08-12 Wed 00:49 | URL | のどあめ。 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |