絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

自転車を与えてみた

プチ投稿作品!



―霊夢の場合―





「霊夢、良い物をあげるわ」
「嫌な予感しかしないんだけど」

 紫、ニコニコ。
 霊夢、にがにが。
 暑い日差しが、少しだけ鬱陶しい。霊夢の飲んでいるお茶は、麦茶になっていた。
 こんなにも暑いというのに、紫はいつもの服だ。暑く無いのだろうか、と霊夢は思ったが、紫ならなんでもありだ、と自分を無理矢理納得させた。

「はい、これ」
「何これ?」

 紫が隙間から取り出した物は、細身な全体が特徴的な作りで、前後に一つずつ車輪が付いている奇妙な物だった。一見不安定なそれを、紫は前に付いているハンドル部分を持ち、支えていた。

「自転車よ」
「何それ?」
「んー便利な機械、といったところかしらね。乗ってみれば分かるわ」
「えー……面倒」
「せっかく持って来たのだから、さぁ!」

 紫に手取り足取り教えられ、とりあえず乗ってはみる霊夢。

「で、こっからどうするの?」
「漕げば良いのよ」
「アバウトねぇ……分かったわ」

 霊夢は、足に力をくっと込める。
 境内で自転車という、妙な光景。しかも、乗っているのが巫女だからより奇妙だ。

「あ、あれ? ちょ、霊夢!?」
「うわ……なんか変な感じ」

 少しずつ、自転車が地から離れてゆく。
 紫が、予想外の展開に少し慌て始めたが、もう遅い。

「わー! 紫、なんかいつもと違って凄い!」
「霊夢ー!?」

 自転車を漕ぎながら、霊夢は空を飛ぶ。霊夢の能力が無意識に働いて、自転車を巻き込んでいた。

「紫ー! なんか楽しい!」
「……使い方が違うけど」

 自転車にまたがって空を飛ぶ霊夢を見て、紫の脳内に、とあるメロディーが流れる。


 小さい頃は、隙間さんがいて。
 不思議に物を、取り出してくれた。
 目を大きく見開いて、静かな境内の。
 やさしさに~包まれたなら♪
 きっと。
 目にうつる、霊夢の行動はメッセージ。


「つまり、これは霊夢のメッセージ?」



 もちろん、そんなわけない。
 次の日、某烏天狗の新聞に、自転車にまたがって空を飛ぶ巫女の姿が一面に使われていた。





―早苗の場合―



 早苗がまだ幻想郷へ来る前のお話。
 幼き早苗は、誕生日を迎えようとしていた。

「早苗、誕生日プレゼント何が良い?」
「ふぇっ!? 神様からなんていただけませんよ!」
「神様とか関係無いよ。私は早苗を祝いたいんだ」
「でも、私は欲しい物なんて……」

 むむむ、と唸る神奈子。
 早苗は遠慮深い性格だ。だが、こんなにもまだ幼いのだから、本当は何かあるだろう。

「分かったよ。自転車なんかどうだい?」
「ふぇっ!?」

 しかし、神様に隠し事は出来ない。
 というか、たまたま早苗が欲しそうに見てるのを知っていただけなのだが。

「楽しみにしてな! 早苗!」
「あぅ……」

 どう反応していいか分からない、複雑な表情を早苗は浮かべる。

 そして、誕生日前日の夜。

「諏訪子、これをどう思う?」
「……馬鹿?」
「いや、自転車だけど」
「ありえないでしょ。これは」
「失礼な! 早苗に対する愛情よ!」
「行き過ぎた愛情は、ただの変態だよ」
「むぅ……早苗を喜ばせようと」
「私は止めといた方が良いと思うよ」
「良いもん! 早苗にあげるもん!」
「お前は子どもか!?」



 誕生日当日。

 早苗の部屋に鳴り響く音。

「うぅん……」

 早苗が目を開くと、

「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

 早苗の部屋を、埋め尽くす数の自転車。部屋自体、そんなに広くは無いのだが、この自転車の数は異常だった。
 しかも、全てのチリンチリンが鳴り響いている。

「ふぇぇぇぇぇ!」
「どうだい早苗? どんな自転車が好きか分からなかったから、世界の自転車全部集めたよ!」
「ふぇぇぇぇぇん!」
「泣く程嬉しいのね! やっぱりこのチリンチリンを全て鳴らして、誕生日の朝を迎えるという演習に感動してるのね!」
「ただの怪奇現象だ! この馬鹿神奈子!」
「ぐふぇ!?」

 諏訪子の飛び蹴りを顔面に食らう神奈子。

「あぁ、もう! 何さ、この状況!」

 自転車に囲まれて、身動きが取れない早苗。
 鳴り響くチリンチリン。
 未だに、恐怖で泣きやまない早苗。
 気絶している神奈子。
 頭を抱えている諏訪子。
 両親がこちらに向かってくる足音。

 早苗にとって、自転車が嫌いになったトラウマの誕生日でした。





―妖夢の場合―





「妖夢、紫から自転車を貰ったわ」
「はぁ……?」
「乗りなさい」
「意味が分かりません」
「自転車に乗ってみなさい。昔、妖忌は一発で乗れてたわよ」
「分かりました。乗りましょう」

 自転車にまたがる――が、

「あ、足が届かない……」
「あらあら、妖夢ったら」
「仕方無いやつだな。ほら」

 幽々子と妖忌が、高さを調整する。

「す、すみません……って今お師匠様居ませんでした!?」
「居ないわよ。妖忌は何処に居るか分からないじゃない」

 妖夢が周りを見渡すが、気配一つ無かった。

「勘違い……か。私、寂しがってるのかな」
「ほら、妖夢。漕いでみなさい」
「あ、はい」

 足に力を入れて、漕いでみる。

「うわっ! ひゃぁぅ!?」
「あらあら、妖夢ったら」
「大丈夫かー!?」

 ふらふらと不安定だった妖夢は、思い切り倒れてしまった。
 駆け寄る妖忌と幽々子。
 膝を擦り剥いてしまったようで、薄く血が滲んでいた。

「あっ!? ゆ、幽々子さまぁ……」

 幽々子が傷口を舐める。
 妖忌は、絆創膏を素早く貼り付ける。

「ありがとうございます。あれ? おじいちゃん……じゃなかった、お師匠様居ませんでした?」
「居ないわよ。居るわけないじゃない。大丈夫、妖夢?」
「あ、はい。すみません」
「乗るの、止めておく?」

 幽々子が首を傾げて、妖夢に尋ねる。

「いいえ、乗ります。これくらい乗れないようじゃ、お師匠様に近付けません……」
「……そ、頑張って」
「はい!」

 妖夢は、自転車に勢い良く乗った。だが、そんなに勢いをつけてはバランスを崩すのは当たり前。再び、倒れてしまった。
 何度も何度も挑戦し、膝を擦り剥いて、涙目になっている妖夢。
 だけど、諦めない。
 涙目の奥に、強い信念が見えた。

「妖忌、妖夢は真っ直ぐに育ってるわよ」
「そうですな。正直、まだまだ未熟ですが」

 幽々子の隣りに座っていた妖忌が、立ち上がる。

「あら、もう行くの?」
「はい。妖夢が健やかに成長しているのを確認出来ました」
「胸はぺったんこだけどね」
「それはそれで……」
「ありよね」
「ありですな」

 妖忌が去った後も、妖夢は自転車に挑戦していた。
 う~う~唸り、涙目だったけれど、それはとても可愛らしかった。
 そして、強かった。

「妖夢は頑張り屋さんねぇ……」

 それを見て、幽々子はただ穏やかに微笑を浮かべていた。








以下、投稿時のあとがき。

某氏との会話で生まれたネタです。
本来は、頑張れ小さな女の子番外編で書く予定のネタでしたが、何故かこうなりました。
自転車、もう数年乗ってません。もう乗れないかも。
今度街中で、自転車乗るの失敗し、膝を擦りむいて涙目の人がいたら私だと思って下さい。






東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ログ | ホーム | ふわ:追記×2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |