絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

知るための努力

なんだか中途半端な部分で終わってしまった作品。
椛と文のお話。







「捜しましたよ、射命丸様」

 木の上に寝そべっている私に、下から声を掛ける椛。

「あーあー見つかっちゃったか。せっかく椛対策の隠れ場所だったのに」
「苦労しましたよ」

 千里眼から隠れるために、この緑で一杯になっている木の中へと隠れていた。
しかし、バレてしまったから、もう今後椛には通用しないだろう。
 未だに降りて来る気配が無い私に、椛は大きく溜め息を吐く。

「射命丸様、仕事なのですから……」
「私には新聞があるから」
「新聞作るのは個人、しかし仕事は天狗社会全体に影響を及ぼします。さぁ、早く」
「侵入者撃退とかなら楽だけど、資料や報告書を纏めるのなんて面倒」
「それが社会というものです」

 ちらりと目線を下に向けると、椛のまっすぐな瞳が見えた。真面目で融通のきかない、それでいて純粋。そんな椛が、私はちょっと苦手だった。
 気楽で自由に生きたい。そんな私とは対照的な性格が椛だ。
 規律を守り、己の役目を果たすために日々修行を怠らない。ゆえに椛の体には生傷が絶えない。私からすれば、何必死に頑張ってるんだか、といった感じだ。

「大体さ、私がサボれば椛も自由なわけですよ?」
「私は大天狗様より直々に命じられたことを全うするだけです」

 うっとうしい。
 片手で捩じ伏せることは可能だが、大天狗の命令で椛は来ているため、迂闊な真似は出来ない。
 生活がだらしなかったり、仕事も書類関係はすっぽかす。そんなことをしていた私に、大天狗が椛を世話係に命じたのだ。
 私は最初抗議した。しかし、大天狗は私が椛のようなタイプを苦手としているからこそ、送り込んだと言った。もちろん、大天狗の命令を私が覆すことが出来るわけもなく、今に至る。

「さぁ、降りて来て下さい。射命丸様」
「やだ」
「……ふざけないで下さい」
「悔しかったら私を落としてごらんなさい」
「分かりました」

 私はまだ短い間だが、椛の性格を大体掴んでいた。
 真面目すぎ、意外に短気。

「私に傷一つ付けられたら、仕事をしてあげます。だけど、出来なかったなら今日はフリーで」
「良いでしょう」

 そして、必ず約束を守る。決して嘘はつかない。
 それだけ分かっていれば、十分だ。
 椛は毎日修行を欠かさない。自由気ままに生きている私とは、大違い。

「参ります。約束、忘れないで下さいよ」
「かかって来なさい。実力の差を教えてあげる」

 椛は頭上の私目掛けて、弾幕を放つ。数は中々、勢いも及第点。
 だけど、遅い。

「数が多くても、勢いがあっても、当たらなければ意味は無いわよ」

 私は木の上から動かない。落としてみろ、と言ったのだから動く気は無い。
 迫り来る弾幕を、風で逸す。強烈なまでに激しい突風が、椛の弾幕を地に伏せる。私に迫っていた全ての弾幕は、風で押し戻され、地に居る椛へと牙を向く。

「はっ!」
「ほぉ……」

 しかし、椛は怯えることなく、自慢の剣技で捌く。捌き切れないものは、横へステップし、紙一重でかわす。
 前回は、ここらへんで潰れたのに。うん、やっぱり成長してるのね。

「あやや?」

 身軽なステップで、いつの間にか椛が徐々に迫って来ている。なるほど、接近戦に持ち込む気か。私は椛と接近戦をしたことが無い。私の弱点と考えたのか。そして、私の考えでは椛は接近戦を得意とする。

「覚悟!」
「まだまだ浅いわね」

 風を操る。突風を起こして、椛の動きを鈍くする。
 椛は必死に堪えて、吹き飛ばされてはいない。だが、先程までの身軽なステップは無くなった。

「突っ込むだけなら、それこそ野良犬でも出来ますよ」
「っ!」

 ちょっと挑発をしてみる。さてさて、短気な椛はどう反応するかな。

「なら……野良犬はこんなこと出来ませんよ!」
「あやっ!?」

 椛が、盾を手裏剣のように投げてきた。
 私は勢い良く迫るそれを、慌てて顔を横に逸して避ける。
 おお、これは予想外な行動だ。うん、ひやひやしたけど面白い。

「隙有り!」

 あ、今の一瞬で風を操るのを止めてしまっていた。
 眼前に、白い、いや銀色かな。綺麗な銀髪が現れた。剣を持つ腕を、大きく振りかぶっている。
 風を操る余裕は無い。

「残念でした」
「え?」

 悪戯っぽく笑って、椛の腹部を蹴る。
 椛には残念だけど、私の方が断然速い。そして、椛は私が接近戦を苦手と予想してきたが、私は接近戦も得意。いや、長距離戦よりも断然得意かも。
 私の蹴りは予想外だったらしく、椛は吹っ飛んで地に落ちたまま動かない。かなり効いたようだ。

「椛、実力差のある相手に攻撃をする際、大きく振りかぶるのは禁物よ。せっかくの隙に強烈な一撃を与えたいのは分かるけど、その分あなたの隙が大きくなる。本当に強い者は、そんなチャンスを逃さない」
「……はい」
「でも、今回は前回より成長してたわね。もし、最後の一撃を大きく振りかぶって無かったら、一撃食らってたかもしれません」
「そんなこと、ありません」

 寝転がっていたままの椛が、起き上がる。
 せっかくの綺麗な髪か、土に汚れてしまっていた。まぁ、私がやったんだけど。

「射命丸様は、一度もスペルカードを使っていません。本気の弾幕も。それに、その場所から動きませんでした。どう足掻いても、私の負けでした」
「う~ん、それでも良くやった方だと思いますよ。詰めは甘いし、まだ未熟な部分が目立ちますが、椛はこれからもっと強くなるでしょう」
「同情は要りません」

 ありゃ、不貞腐れたかな。いや、悔しかったのかな。
 椛の表情は、この高さからだと分からない。

「同情じゃあないわよ。私が今まで嘘を吐いたことありますか?」
「はい。覚えている限りでも二十回以上は」

 あー、信頼感は限り無く零のようで。自業自得だけどね。
 でも、今回のは本心なんだけどね。

「それでは、失礼します」
「あやややや? 何処へ行くのです?」
「約束ですから、今日はもう自由にして下さって結構です」
「椛はどうするの?」
「……」

 むむむ、上司の質問に答えないとは、生意気な。なんて、ね。多分この子の性格からして、修行するでしょうね。悔しくて、たまらないだろう。
 大きな傷は無いとはいえ、服も心もボロボロだろうに。

「椛、今日一日休みなさい」
「嫌です」
「上司命令よ」
「私は射命丸様の直属部下ではありませんから」
「むぅ……頑固者ですねぇ」
「ええ、よく言われます」
「しっかり休まないと、次は今より弱くなってるかもね」

 あ、椛のふさふさな耳がぴくって反応した。
 面白いなぁ。

「ちゃんと休まなきゃ、強くなれるものもなりませんよ」
「……分かりました。それでは」

 一礼をして、椛は去って行った。

 さて、自由になれたは良いが、正直特にすることは無いのよね。
 仕方無い、新聞のネタを探しますか。

「と、思ったけど……昨日見回ったばっかりなのよね」

 大体は昨日回ってしまった。紅魔館や博麗神社なども。特に目新しいものは、無かった。

「新しい場所……そうだ!」




◇◇◇





「というわけで、椛の家を取材しに来ました」
「帰って下さると嬉しいです」
「嫌です」
「大体、休めと言ったのは射命丸様では無いですか」
「ふむ、確かにそうですね」

 椛が疲れた表情で、私を嫌そうに見ている。
 う~ん、そうだ。

「なら、今日は私が椛の世話をしてあげます」
「は?」
「いつもは私が世話されてますから」
「いえ、結構です」
「椛も世話される気持ちがどんなものか、味わうと良いですよ」

 ちょっと強引に、椛の家へと入る。
 随分と簡素だ。
 木製の箪笥に卓袱台。部屋の隅には布団が綺麗に畳んだある。それ以外には、特に何も無い。少女っぽい可愛らしい人形一つ、有りもしない。まぁ、椛が人形で遊ぶようには見えないけど。

「何も無いですよ」

 部屋に入った私を、溜め息吐きながら椛が追って来る。

「ですね。新聞に『犬走椛、実はお人形遊びが趣味だった』とか書きたかったのですが」
「人形なんて、私には似合いません」
「案外似合うかもしれませんよ? 今度アリスさんに頼んでおきましょうか?」
「アリスさん、って誰ですか?」
「人形を扱う魔法使い。そっか、椛は知らなかったのですね」

 アリスさんは結構有名だと思うのだが、知らないのか。もしかしたら椛は、妖怪の山組織内しか知らないのでは無いだろうか。

「椛って、世間に疎いんですか?」
「というか、興味ありません」

 世間に興味が無いなんて、とことん私と真逆だ。

「私たち、真逆ですよね」
「そうですね。私は射命丸様が理解出来ませんし」
「う~ん……取材ターイム!」
「は?」

 突然大声を上げる私に、きょとんとしている椛。
 椛のこんな表情見るのは、初めてだ。

「椛、趣味は?」
「え、将棋です」
「休日は何してますか?」
「修行を」
「好きなタイプは?」
「そうですね……って何ですかいきなり!」

 むぅ……勢いに任せて結構取材出来そうだったのに。
 せめて好きなタイプを知れば、面白かったのに。

「何って、知るための努力です」
「は?」
「椛は私が理解出来ない、と言いました。私も椛が理解出来ません。というか正直、椛苦手です」
「まぁ、好かれてるなんて思ってませんが」
「ですが! それは互いをまだ知らないからです! ならば、知るための努力が必要でしょう。よく知らないのに、相手を嫌うなんて愚かな行動です!」
「は、はぁ……?」

 そう、相手をよく知らないのに嫌いだなんて言ってはいけない。なんて、今思ったんだけどね。
 椛は私の勢いに負けて、少したじろいでいる。

「私が知ってる椛のことと言えば、頑固者、短気、純粋、真面目とかしか知らないですし」
「結構知ってるじゃないですか」
「さぁ、椛も遠慮無く私に質問して良いですよ!」
「興味ありません」
「ぬぁっ!?」

 キッパリと一刀両断された気分。
 思わず変な声を上げてしまった。そんなに私に興味が無いか。いや、好かれて無いのは分かってたけど。

「いや、正しくは興味がありませんでした」
「はい?」
「でも、今では、射命丸様がどうしてあんなに強いのか、何故私を完全に拒絶しないで、私を知ろうとするのか、いろいろと気になります。射命丸様という存在を、知ってみたいと思ってます」

 うわ、何か聞き方によっては恥ずかしい台詞だ。
 それなのに、椛はいつも以上にまっすぐな瞳で言うものだから、私は余計に恥ずかしい。

「射命丸様、えと……その」
「どうしました?」

 まっすぐな瞳が、今度は揺れている。何か言いづらいことでも、あるのだろうか。椛がこんなにも落ち着きが無いのは、珍しく思えた。
 椛が唾を飲み込む音が、聞こえた。

「しゃ、射命丸様!」
「は、はい!?」

 突然の大声に、私はびくっとする。

「あの……ご趣味は?」
「……は?」
「で、ですからご趣味は?」
「えと、それ訊くためだけに、あんな緊張してたの?」

 あまりにも予想外で、思わず取材モードが解けてしまった。
 椛は顔を赤くして、

「わ、悪いですか!? こういう、他人と触れ合うこと慣れて無いんですよ! しかも、改めて何かを訊くなんて恥ずかしいじゃないですか!」

 と言った。
 あー、確かに椛は今まで他人に興味持って無かったみたいだし、慣れて無いのかも。けど、ここまで可愛らしい反応をするとは思わなかった。
 思わず笑いが込み上げてくる。

「あー笑わないで下さいよ!」
「ご、ごめん……くっ、だって予想外過ぎて」
「かなり勇気出したんですから……」
「そうね、私の趣味は新聞作り。ネタは自慢の速さで幻想郷を飛び回り、集める。他に質問は?」
「ぅ~……今日はもう良いです」
「あやややや、そうですか」

 再び取材モードに切り替える。
 さて、そういえば今日一日椛を世話すると言った。

「椛、何か食べたい物ありますか?」
「え、あの……私がやりますよ」
「世話すると言いましたから」
「私、射命丸様が料理するところを見たことが無いのですが」
「安心して下さい。数年振りですが、必ず美味しい料理を作ってみせます! えーと、隠し味にすり下ろした賢者の石を少々……パチュリーさんからお裾分けして貰っておいて良かった」
「何作る気ですか!」
「私オリジナルのゆでたまごです」
「ゆでたまご!? もうやめて下さい……私が料理します」
「冗談ですよ。あややややジョークです」

 椛は冗談が通じないなぁ。さて、久し振りの料理だ。本気でやろう。多分、腕は落ちて無いとは思う。
 出来上がった頃には、この溜め息ばかり吐いている椛を、笑顔に変えてやるくらいの料理が出来上がっているだろう。

「物凄い不安です」
「腕は落ちて無いですよ」
「本当ですか、それ?」
「大丈夫ですよ。私が椛に嘘吐いたことありますか?」
「はい、覚えてる限りでも二十回以上」
「……ですよね」

 本日二回目の同じようなやりとりをする。
 こうなったら、意地でも美味しい料理を食べさせてやる。

 そんなことを考えながら、私が塩の入った入れ物だと思って掴んだ物は、醤油瓶だった。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<惚れ薬騒動~烏天狗と河童EX~ | ホーム | 七夕らしいですよ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |