絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

絵本シリーズ

プチ創想話投稿作品『絵本シリーズ』を一纏めにして掲載します。
この作品を書いたことで、色々私の作品が変わった気がします。





パチュリーとフランの昔話~桃太郎編~

「パチュリー」
「あら、妹様」
「私でも面白く感じれる本無いかなぁ?」
「ならこの桃太郎を」
「えー絵本じゃん」
「ただの桃太郎じゃないわ。子どもには見せられない裏桃太郎なの」
「へーじゃあせっかくだからパチュリー読んで!」
「いいわ」

『昔、昔、ある所にはお爺さんとお婆さんしかいませんでした』

「なんか寂しいね」

『お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に行きました』

「ここは普通なんだ」

『お婆さんが川で洗濯していると、川上から大きな桃太郎が流れてきました』

「直に!? 桃にオブラートに包まれてないの!? てかなんでじゃあ桃太郎って名前なの!?」

『お婆さんはそれを家に持って帰り、お爺さんと一緒に食べようと考えました』

「うわーさっきのせいで普通と一緒な部分なのに意味が全く変わっちゃったよ」

『お爺さんが桃太郎を割ろうと鉈を振りかぶると』

「お爺さん怖いよ」

『桃太郎が、待ってくれ! と叫びました』

「桃太郎この段階で喋れるんだ……」

『まぁなんやかんやあって、桃太郎は鬼退治に行くことになりました』

「ハショった!?」

『道中お腹も空くだろう、とお婆さんは、カロリー○イトをくれました』

「手抜き!? きびだんご作ってあげなよ!」

『桃太郎は途中、犬耳を付けた咲夜に会いました』

「これもしかしてパチュリー書いたの? ねえ?」

『桃太郎さん桃太郎さん、お腰につけた銀のナイフ一つ私に下さいな』

「桃太郎さん何持ってんの!?」

『まあ、適当に仲間になって、次に猿の格好をしたアウストラロピテクスに会いました』

「ねえ、どれだけ昔の設定なの?」

『桃太郎はアウストラロピテクスをぶった斬りました』

「なんで!?」

『生理的に受け付けなかった為です』

「超自己中!?」

『次に雉の格好をしたミスティアに会いました。桃太郎さんは美味しく頂きました』

「何したの!? てか仲間咲夜だけじゃん!」

『いよいよ鬼が島に着いた桃太郎』

「もう終盤かぁ」

『赤鬼や青鬼などがいました』

「あ、そこは誰にも当てはめないでいくんだ」

『咲夜が時を止めてる間に鬼たちを滅殺しました』

「桃太郎は!?」

『そして桃太郎は財宝を奪い取って、幸せに暮らしましたとさ』



「これじゃあ桃太郎が鬼だよ」
「そう……本当の鬼は人の心の中に潜んでいるのかもしれないわね」




フランとレミリアの昔話~桃太郎再び編~


「お姉様」
「あらフラン、どうしたの?」
「眠れないの……一緒に寝て?」
「ごぶらぁっ!」
「お、お姉様!?」

 吐血したレミリア。

「そ、それは色々不味いわ。だから眠れるまで絵本を読んであげるわ」
「えー私もう子供じゃないよ」
「大人な子は一緒に寝てなんて言わないわよ」
「うゃぅ~」

 唸るフラン。

「ほら、読んであげるからいらっしゃい」
「……うん」

 肩が触れ合う位にくっつく。
 互いの体温が心地良い。

「じゃあ、これを読みましょうか。パチェから貰った絵本『桃太郎-桃=太郎』」
「嫌な予感しかしないんだけど……」



『昔、昔、あんな所にお爺さんとお婆さんが居ました』

「何処!?」

『お爺さんは銀行に、お婆さんは川へ☆☆しに行きました』

「近代じゃん! ていうか、お婆さん川に何しに行ったの!?」

『お婆さんが川で☆☆していると川上から気絶したフランドールが流れて来ました』

「私!? 川から流れてきてる時点で命の危険が!」

『お婆さんはとりあえず色々楽しんだ後、お爺さんとも楽しもうと思い、家に持ち帰りました』

「私お婆さんと何したの!?」

『お爺さんとお婆さんがいろんな意味で食べようとした瞬間、フランは目を覚ましました』

「頑張って逃げて私!」

『二人に、きゅっとしてドカーン』

「私やりすぎた!」

『お爺さんとお婆さんはバラバラになりました』

「パチュリーは何を思ってこれ作ったんだろう……」

『そして二人を漬物にしましたとさ』

「なんで!?」

『おひたし、おひたし♪』

「どんな終わり方!?」



「眠れた、フラン?」
「眠れないよ! ツッコミ所多すぎるよ! タイトル関係無いし内容グロいし!」
「あはは、フランは可愛いわね」
「何でこのタイミングで可愛いって言うの!? ムード考えようよ!」
「もう、文句ばっかり」
「そりゃそうだよ! 第一鬼退治にすら行ってないから、肝心の猿や犬や雉や鬼が登場してないじゃん!」
「あら、フランそれは違うわ」
「え?」
「確かに猿と犬と雉は出て無いけど鬼は出てたわよ」
「え? 何言ってるのお姉様?」
「フランは吸血『鬼』でしょう?」
「あ~、これは一本取られたよ」
「あはははは」
「あはははは」
「あはははははは」
「あはははははは……って笑えるか~!」

 にゃんだきゃんだで、仲の良い姉妹です。





フランとパチェの昔話?~絵本終わり~


「パチュリー!」
「妹様、どうしたの」
「どうしたもこうしたも無いよ! もう絵本作るの止めて!」
「にゃんで?」
「疲れるの! ツッコミ入れるのに!」
「あら、ツッコんで疲れるなんて妹様は大胆ね」
「何の話!?」
「まぁそんな話は神棚にでも置いといて」
「罰当たりな」
「絵本描く理由教えてあげる」
「え?」



『ある所に長年閉じ込められていた女の子が居ました』

「何突然?」

『しかし、女の子はあることがきっかけで、館内なら自由に出歩けることになりました』

『でも、まだ外には出歩けないのです』

 フランは何も言わず聴いている。

『時折見せる、外を眺めては悲しげな表情をする女の子を見て一緒に住んでいる魔女は思いました』

『この子を笑わせてあげたいと』

『魔女は必死に考えました。何をすれば笑ってくれるか』

『そして、魔女は絵本を作りました。自分の下手な絵とストーリーで、笑わせてみようと思ったのです』

 フランは俯きながらも、聴いている。パチュリーの想いを聞き逃すことのないよう集中して。

『結果は失敗でした。むしろ女の子を怒らせる結果に繋がってしまいました』



「パチュリー……」
「ごめんなさい。妹様を逆に困らせてしまって」
「そんなことない!」
 フランはパチュリーに抱き付く。目尻には涙を浮かべて。
「私パチュリーがそんなこと考えてくれてたなんて知らなかった」
「妹様……」
「……ありがとう、ありがとうパチュリー」
 パチュリーもギュッと抱き締め返した。



「めでたしめでたし。どう妹様? 今回の絵本は良い話じゃない?」
「現実だったら最高だったよ! 私がその絵本の中の私と変わりたいくらいに! そしてパチュリーが絵本の中のパチュリーと入れ変わればいいのに!」
「そんなポリポリしないで妹様」
「カリカリだよ!」
「これ『渡る世間は吸血鬼ばかり』ってタイトルはどうかしら?」
「話し聞いて!」
「聴いてたわ」
「じゃあ何て言ってたか言ってみてよ!」
「おにぎりは鮭よりミートボールよね、って」
「言ってないしミトボは合わない! もう怒った、勝負!」
「あら」

 二人はスペルカードを取り出す。飛び交う影。

「私たちの戦いは始まったばかり」

 ご愛読ありがとうございました。パチュリー・ノーレッジ先生の次回作にご期待下さい。

「最後までツッコミ要素残さないでよ!」



咲夜とフランの昔話~番外編~

「咲夜」
「どうしました妹様」
「暇だから遊んで?」
「では、絵本を」
「何で絵本なの?」
「お決まりなのです」
「嫌な予感しかしないんだけど」
「大丈夫です。『浦島太郎』ですから」
「あ、桃太郎じゃないんだね」
「はい。読んでよろしいですか?」
「うん!」





『未来未来、至る所に浦島太郎がおりました』

「はい、出だしから違った! 未来じゃおかしいし至る所に浦島太郎が居たらそれはクローン人間だよ!」

『ある日、太郎は子供達に苛められている亀を助けました』

「うんうん」

『亀はお礼に龍宮城へ連れて行きますと言い、太郎は亀に乗りました』

「いいよいいよ」

『海中で太郎は言いました。「息出来ない! マジ無理だって!」と』

「息出来ないの!?」

『亀は無視し、龍宮城へにゃんとか着きました(笑)』

「笑えないよ!」

『そこにはたくさんの永江衣玖がおりました』

「怖っ!」

『そして太郎は乙姫の格好をした輝夜に会いました』

「昔話の作品が違うよー」

『太郎は散々永江衣玖の踊りを見て遊んだ後、そろそろ陸へ帰せ馬鹿野郎と言いました』

「最低だよ!」

『輝夜は言いました。野郎じゃなくて女なんですけど! と』

「あぁ、そこじゃないだろ!?」

『まぁ、なんだかんだアナコンダあって、陸へ帰ることになりました』

「段々ボケがしょーもなくなってるよ!」

『最後に玉手箱を渡しました。桃太郎、決して開けてはなりませんYo!』

「ここでまさかの名前間違えた!?」

『そして太郎が戻ると知ってる人が居ませんでした』

「やっとクライマックスだ……」

『皆何処へ行ったんだ! と叫んだ瞬間、クラッカーが大量に鳴り響き、ハッピーバースデーの文字が目の前にありました』

「え!?」

『皆は浦島太郎を驚かす為に、隠れていたのです』

「何この無駄なハッピーエンド!」

『開けてはならないと言われた玉手箱を開けると、中には誕生日ケーキが』

「ハッピーエンドすぎだよ!」

『浦島太郎はあまりのことに涙を流しながら言いました。「皆、今日……誕生日じゃないよ」と』

「色んな意味でバッドエンド!?」

『めめめめ、めめめめ♪』

「めでたし、めでたしだよ! 何その終わり方! 『め』しか言って無いじゃん! しかも言い難いし!」




「咲夜、これ作ったのは?」
「パチュリー様です」
「パチュリー出てこいやぁ!」




美鈴とフランの昔話~番外編ラスト~



「めーりんだ!」
「妹様どうなさいました?」
「ただ美鈴が見えたから嬉しかっただけ~」
「そんな、私なんて」
「だって唯一の良識人だもん」
「そ、そうですか?」
「うん! だから遊んで!」
「じゃあ絵本を」
「美鈴、お前もか!?」
「はい?」
「美鈴……良識人だと思ってたのに」
「え? え? 絵本嫌でしたか?」
「嫌ってわけじゃないけど……誰が作った絵本?」
「えーと……著はジューリーノ・パレッチ」
「え? パチュリーじゃないの?」
「はい。ジューリーノというお方の作品ですね」
「じゃあ、良いかな」
「では、読みますね? 『一寸法師』」
「わーい!」





『Long long ago,』

「英語!?」

『昔、お爺さんとお婆さんがいました(笑)』

「何がおかしいの!?」

『二人には子供がいませんでした(泣)』

「その語尾についてるのウザいよ!」

『そして二人はお祈りやらなんやかんやあっちゃって、子供が出来ました』

「ハショりすぎ!」

『しかし、その子供は一寸しか無いとても小さな子供でした』

「うんうん」

『数年経っても、大きくなることはありません』

「まともまとも」

『さらに、数年経っても大きくなることはありません』

「ん?」

『お爺さんとお婆さんは気が狂ったように、一寸法師にサプリメントを飲ませました』

「おー雲行きが怪しくなってきたよ」

『それでも大きくならなかった一寸法師を見て、お婆さんはヒステリックに、お爺さんは山へ芝刈りに行きました』

「はい、やっぱり変になったね。お爺さん空気読め! ていうか話がごっちゃになってるよ!」

『こんな家に居たくないと嘆いた一寸法師は、枯れ木に花を咲かせましょうと言いました』

「あー無視して進むんだね。明らかに現時点で三つの昔話が同時進行してるね」

『嘆いた一寸法師は言いました。言いたい事も言えないこんな世の中じゃ』

「POISON」

『そうだ! 武士になろう!』

「突然の展開だね」

『ヒステリックなお婆さんに何を言っても無駄なので、適当に色んな物をお爺さんから貰い、旅に出ました』

「まぁ許容範囲だよ」

『船の代わりに箸に茶碗』

「そうそう」

『刀の代わりに硫酸の入った小さな竹筒』

「刀より危険だよ! てかお爺さん何で持ってるの!?」

『まぁまぁ』

「何で私が窘められてるの!?」

『そして、京に着き、大きな家で働かせてもらうことになりました』

「うんうん」

『一応言っときますが、健全な意味でですよ?』

「分かってるよ! 何その注意書き!?」

『そして、ある日その家の娘を鬼がさらいに来ました』

「おお、まともだぁ」

『それを助けようかどうか迷っている一寸法師』

「助けろよ!」

『後々、人間関係にヒビが入るのを恐れたため、一寸法師は鬼に立ち向かいました』

「最低な理由!?」

『ぱっくんちょ』

「速攻食われた!」

『しかし、胃の中で持っていた硫酸をばらまきました』

「うわぁ……」

『鬼は苦しみ始め、一寸法師を鼻から出すと』

「鼻から!?」

『泣きながら去りました』

「罪悪感たっぷりだね」

『その際に、鬼はうちでの小槌を5、6個? 落としていきました』

「そんなに!? 一つで充分でしょ!? ていうか何でそこアバウトなの!?」

『それを娘さんが振りかぶって一寸法師に』

「やっとクライマックスだ……」

『うちでの小槌だ! と、そのまま一寸法師を潰しました』

「恩を仇で返した!?」

『生理的に受け付けなかったらしいです』

「なら最初から雇わなきゃ良かったじゃん!」

『そして娘さんはうちでの小槌を持って幸せに暮らしましたとさ?』

「いや、訊くなよ!」

『おてての皺と皺を合わせて、しわくちゃ』

「だろうね!?」

『なーむー♪』

「なにこの終わり方!? 過去最低の投げやりっぷりじゃん!」





「へぇ、一寸法師ってこんな話なんですね」
「美鈴信じちゃダメだよ!?」
「え? あ、何処へ行くんですか?」
「作者に直接感想を伝えに行くの!」



◇◇◇


「パチュリー!」
「図書館では静かに妹様。常識を考えなさい」
「やかましいわ! 常識無いのはパチュリーでしょ!」
「何の話? 昨日のベッドの上での話? あぁ、確かに昨日は私も妹様も常識外れに乱れてたわね」
「記憶捏造しないでよ! ジューリーノ・パレッチってパチュリーでしょ!?」
「ええ」
「あっさり認めた!?」
「ジューリーノ・パレッチの文字を並べ替えてみなさい」
「……あ!」
「パチュリー・ノーレッジになったでしょ?」
「凄いねパチュリー」
「うふふふふ」
「あはははは」
「うふふふふ」
「あはははは……ってふざけるなぁ!」

 パチュリーを追いかけるフラン、フランから逃げるパチュリー。
 そんな図が紅魔館の日常になりつつある今日この頃。

東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<好きというか……+拍手レス | ホーム | 影、二つ――後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |