絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

頑張れ小さな女の子~番外編1.新しい生活

頑張れ小さな女の子~番外編です。
最初はとりあえず、新しい生活からスタートします。




このお話は、『頑張れ小さな女の子』シリーズの番外編となってます。





「霊夢~起きて」
「んぅ……」

 もう季節は夏に近い。そのせいか、霊夢は掛布団を蹴飛ばして眠っていた。
 そんな霊夢の肩を揺らすのは、ルーミア。ルーミアは既にいつもと同じ、黒を基調とした服に着替えていた。頭には、大きなリボンに見える御札。目は大きく開いており、眠気は無いようだ。

「んー……おはよ、ルーミア」
「うん、おはよう霊夢!」

 眠たそうな目を擦りながら、霊夢は大きく伸びをする。
 ルーミアと霊夢が一緒に住み始めてから、一週間が経った。
 最初は、少し遠慮しがちだったルーミアも、今では随分と伸び伸びしている。緊張感やらが、慣れで薄まったのだろう。

「霊夢、私ね」
「うん~?」
「朝ご飯作ってみた!」
「……寝る」
「ちょっと~! 酷いよ!」

 ルーミアの言葉を聞いて、霊夢は再び寝ようとする。しかし、ルーミアが霊夢をポカポカと殴り、それを妨害する。

「えぇい、鬱陶しいわ!」
「にゃー!?」

 霊夢の、必殺布団包みが炸裂した。ルーミアは、一瞬で布団に捕まる。数秒後には、昆布巻きのような状態になった。

「ちょっと、苦しいよ」
「あんたが毒物を作るからよ」
「私が作ったのは朝ご飯!」
「あんたが前に作った時、人間が食べれないような物作ってたじゃない」
「前みたいに、ヤモリの尻尾は入れて無いわ」
「本当に?」
「信じてよ~!」

 昆布巻き状態のルーミアが、ゴロゴロゴロゴロと暴れ回る。
 霊夢は溜め息を吐きながら、ルーミアを布団から解放してやった。

「はぁ……仕方無いわね。持って来なさい。食べてあげる」
「うん!」

 満面の笑みで、部屋から走り去る。ルーミアが出てゆく際に開かれた襖。開いた襖の外からは、朝の匂いや風の呟きを感じられた。

「今日も良い天気ねぇ……」
「持って来たよ!」
「あんたは朝から元気ね」
「はい! おにぎりだよ!」
「前と同じで、おにぎりか……」
「さぁ、早く食べて食べて~」

 霊夢は、皿に乗っているおにぎりを一つ掴む。見た目、海苔が巻いてある、しっかりとしたおにぎりだ。手に伝わる熱さからは、まだ出来立てだということが分かる。
 ゆっくりと、口元へと運ぶ。

「わくわく」
「……」

 死にはしないだろう、そう勇気の言葉を心で叫び、一口。

「うそっ!? お、美味しい……」
「でしょ!」

 予想に反しての美味しさが、霊夢の口内に伝わる――

「って、んなわけあるかぁ!」
「ほわぁっ!?」

 わけがなかった。

「何この食感!? き、気持ち悪い……」
「隠し味に入れた、輝夜から貰った蓬莱の薬がいけなかったのかしら」
「死ぬわ! いや、死ねなくなるわ! 本当に洒落にならないじゃないのよ!」
「冗談だよ~」

 ケラケラと笑うルーミア。
 笑顔でルーミアを抱き寄せる霊夢。

「締め付け!」
「痛い痛い痛い!」

 ルーミアの細い腰に両腕を回し、目一杯の力を入れた。ルーミアは両腕をばたつかせて、目には涙を浮かべている。

「ごめんなさい! 霊夢、ごめん!」
「反省してる?」
「うん……」
「本当はおにぎりに何入れてたの?」
「……怒らない?」
「もちろんよ」
「隠し味に、粉末にした胡瓜と砂糖と胡椒を」
「パワーアップ~」
「痛い痛い痛い!」

 締め付けられる力が、先程より強くなった。痛さのあまりに、ルーミアが本格的に喚き始める。

「怒らないって言ったのに!」
「神社では私がルール」
「うそつき霊夢! くたばれいむ!」
「パワーアップ~」
「みゃあ!? ギブギブ!」

 結局、ルーミアが解放されたのは数分後だった。





◇◇◇





「ご馳走さまでした」
「でしたー」

 霊夢が、ちゃんとした朝食を作った。
 ルーミアも美味しそうに食べていた。
 二人、両手を合わせてご馳走さまでしたのポーズをする。霊夢が食器を持つと、ルーミアも食器を持つ。立ち上がり、台所へと向かう。

「落とさないようにね、ルーミア」
「分かってるよ。でも……」
「でも?」
「腰が凄く痛くて、フラフラするよ」
「あー、でもあれはあんたが悪い」
「む~いじわるだなぁ」

 二人、台所に立つ。運んだ食器を、流し台に一旦置く。河童印の洗剤を使い、泡立てた。その泡を見て、ルーミアが目をきらきら輝かせる。

「あんた、泡好きよねぇ」

 そんなルーミアに、霊夢はクスッと笑いながら言う。

「だって、だって楽しくない!?」
「初めてあんたをお風呂に入れた時も、泡で喜んでたわよね」
「うん! 何か面白いじゃない」
「そういうものかしらね」
「そういうものだよ」

 水を流す。そして、食器を洗う。
 暑い気温の中、冷たい水が心地良い。霊夢の真似をするように、ルーミアも自分の使った食器を洗う。
 霊夢がちらりとルーミアを見ると、一生懸命洗っていた。
 ルーミアは、霊夢と一緒に住み始めての一週間、ちゃんと使った食器は自分で洗っている。とは言っても、最初はやり方が分からずに、お皿にひびを入れてしまったりした。
 だが、霊夢は怒らずに、ルーミアを褒めた。

「よく自分で洗おうとしたわね。偉いじゃない」

 そう言って、笑ったのだ。
 そして、ルーミアに食器の洗い方を一から教えて、今に至る。

「出来た!」
「よし、ご苦労様。私も終わり」

 今では、ルーミアはしっかりと食器を洗えるようになった。その代わり、洗っている最中は集中しているため、珍しく言葉を発さなくなる。

「さて、今日の仕事をするわよ」
「おー!」

 おどけた口調の霊夢に、ルーミアも乗っかる。握り拳を頭上に掲げて、叫ぶルーミア。

「今日の仕事は……」
「境内掃いてくるねー」
「こら、先読みするな」
「でも、当たってるでしょ?」
「まぁね。でも生意気」
「理不尽だよ」
「ちょっとおいで、ルーミア」

 招き猫のように手招きをする霊夢から、逆に離れるルーミア。
 霊夢は小さく舌打ちをする。

「何で逃げるのよ」
「さすがにもう何をされるか分かってるもん」
「何すると思う?」
「デコピン」
「正解! ルーミアは賢いわねぇ」
「え、そう?」
「ルーミアは賢いわ。よし、正解したご褒美あげる!」
「わーい!」

 笑顔で霊夢の方へと向かうルーミア。
 笑顔でルーミアを待つ霊夢。
 そして、ギュッと霊夢に抱き付く。

「ご褒美何?」
「正解したルーミアには、八連デコピンよ」
「わーい……って、ふぁわぅわぁ!?」

 見事な八連デコピンをくらい、痛さと驚きに目を大きく見開くルーミア。

「れ、霊夢酷い!」
「ちなみに、ご褒美前のデコピンは四連だったのよ。ご褒美で二倍」
「いらないよ! そんなご褒美!」

 頬を膨らませて、外へと向かうルーミア。

「境内掃いてくるからね!」
「はいはい。怒ってるのに、ちゃんと仕事はするのね」

 途中で麦藁帽子を被り、膨らませていた頬が緩んで微笑んだ。が、またすぐに頬を膨らませて、出て行った。

「さて、と……私は私の仕事をしましょうかしら」





◇◇◇





「終わったよ~」
「お疲れ様」

 麦藁帽子をしていても、やはり暑かったのか、汗をかいて疲れきったルーミアが戻って来た。

「むぅ……私は暑い中頑張ってたのに、霊夢は汗一つかいてない」
「そりゃあ中に居たからね」
「何かずるいなぁ……」
「それがあんたの仕事でしょ。それに私も、ただ室内に居たわけじゃあないのよ」

 霊夢は立ち上がり、居間から出て行く。
 ルーミアは首を傾げたまま、霊夢が戻って来るのを待つ。

「はい、これ」
「うわぁ!」

 戻って来た霊夢が持っていたのは、西瓜だった。いくつかに分割された西瓜が、白い皿の上に並んでいる。綺麗な赤と、特徴的な黒と緑。
 ルーミアは、それを見て嬉しそうな声を上げた。

「私はこれを切ってたのよ」
「霊夢最高!」
「調子が良いわねぇ」

 笑いながら、霊夢は卓袱台の上にお皿を置く。
 ルーミアは落ち着き無く、そわそわとしている。

「それじゃあ」
「いただきます!」

 ルーミアはすぐに手に取り、ぱくっと口に含む。まるで小動物のように、震えている。それほど美味しかったのだろう。
 霊夢も一つ、手に取り食べる。

「うん、美味しい」
「美味しいねぇ」

 二人、幸せそうな笑みを浮かべながら、食べる。

「甘いねぇ」
「そうね」

 そう話しながら、西瓜を平らげてゆく。

「あ、そうだ。ルーミア」
「何~?」
「後でお風呂入る? 汗かいたでしょう」
「あー……うん。そうしようかな」
「じゃあ、これ食べ終わったら沸かしておくわ」
「うん、ありがとう~」

 こんな二人のやりとりが続いている、新しい生活。
 それはもう、日常となっていた。





日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<早過ぎる+コメントレス | ホーム | わふーわふぁ~+拍手レス>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-06-29 Mon 18:06 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |