絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

1コマ

紅魔館、微ほのぼの。
日常1コマ。





「ねぇ、パチュリー」
「にゃあに、妹様」
「お姉様とパチュリーって、何で親友なの?」
「親友に理由はいらないわ」
「いや、私が訊いてるのは」
「どうやって親友になったか」
「分かってるのに流さないでよ」
「そうね……あれからもう何年も経つのね……」








◇◇◇










◇◇◇










「まぁ、回想シーンなんか入らないんだけどね」
「入らないの!? 流れ的に回想シーンでしょ!?」
「まぁまぁ、ほら、賢者の石でも食べて落ち着いて」
「使用方法がおかしいよ!」
「とにかく落ち着きなさい二人共」
「一人だけど!? 何が見えたのさ!」
「あぁ、ごめんなさい。妹様には見えないのよね」
「何が!?」
「小悪魔、紅茶と珈琲を持って来て」
「はーい、分かりました」

 パチュリーの言葉にフランドールはピタッと止まる。
 そして、首を傾げた。

「あれ? 珈琲って珍しいね」
「たまに無性に珈琲が飲みたくなるのよ」
「お待たせしました~珈琲と紅茶です」

 ニコニコ笑顔でフランドールには紅茶を、パチュリーには珈琲を渡す。

「お砂糖要ります?」
「今日はブラックで飲む」
「あぁもうっ! パチュリー様惚れちゃいますよ」
「ブラックで!?」

 小悪魔が体を150度近くよじらせながら、悶える。
 パチュリーはそれを無視して、珈琲を口に運ぶ。ゆらりゆらりと闇を揺らして、飲む。苦みが、パチュリーの口内を刺激する。

「パチュリー、苦く無いの?」
「苦いわよ。だからこそ良い」
「私には分からないなぁ」
「無理に飲むものじゃ無いから良いと思うわよ」
「パチュリー様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 興奮しすぎで煩い小悪魔をパチュリーが蹴る。「あんっ」と一瞬嬉しそうな顔をして、小悪魔は仕事に戻った。

「で、何の話だったかしら」
「パチュリーとお姉様の友情秘話」
「あぁ、でもそれは話せないわ」
「何でさ」
「かなり刺激的な内容だから。そうね、最低でもでぃーぷなキスが登場するわ」
「どんな出会いだったの!?」
「聞きたい? 後悔しない? 泣かない?」
「ぅ……やめておくよ」
「そう。それが賢明ね」

 珈琲をまた口に運ぶ。

「あぁ、苦い苦い」
「飲まなきゃ良いのに」
「これが良いのよ。頭が冴える」
「ふーん……あ、パチュリー」
「何? 好きな人は教えないわよ」
「好きな人いるの!?」
「レミィ」
「ふわぁっ!?」
「冗談よ、冗談。妹様の一番の宝物を奪うわけないでしょう」
「ぁ……ぅ~」

 頬を赤らめて、う~う~唸るフランドール。

「妹様、そんなにレミィが好きなの?」
「ぅ……うん」
「シスコン」
「酷い!」
「冗談よ、冗談。ラブという感情の前には、何も関係は無いわ。私は応援してるわよ、二人を」
「ぇ、あ、ありがとう」
「そしてパチュリー様は是非私と……」
「カイザーフェニックス!」

 小悪魔が超ハイテンションで、ブリッジしながらパチュリーに抱き付こうとしたため、パチュリーが炎の魔法で燃やした。

「小悪魔……凄く燃えてるけど」
「大丈夫。最近小悪魔に自己再生機能を買ってあげたから」
「自己再生機能って売ってるものなの!?」
「えぇ、ちょっと高いけどね」
「……小悪魔、まだ燃えてるよ」
「あの魔法は中々消えないから」
「小悪魔再生してるんだよね?」
「えぇ」
「じゃあ燃える、再生を繰り返してるの?」
「多分」
「パァァァァァァァァチュリィー様ぁぁぁぁぁぁぁ」
「ひいっ!?」

 小悪魔が炎を纏いながら、ダイブしてきた。

「エメラルドスプラッシュ!」
「こぁっ!?」

 パチュリーがそれの迎撃に成功した。

「妹様が怖がってるでしょう!」
「うぅ……だってパチュリー様が冷たいから」

 ボロボロになった小悪魔が、体育座りをしながら、地面にのという字を書き続ける。
 パチュリーは、大きく溜め息を吐いた。
 フランドールはまだ怯えている。

「小悪魔、あなたは私に何して欲しいのよ……」
「え!? あ……」
「あ?」
「頭、撫でて欲しいです……」
「そんなことで良いのなら、ほら」

 いじける小悪魔を、無理矢理立ち上がらせてギュッと抱き締める。
 そして、頭を撫でる。

「あぅ!? パチュリー様!?」
「はいはい、良い子良い子。いつもありがとね」
「はぅ……ほわぁ。パチュリーさまぁ……ふわぁ」

 幸せそうな表情を浮かべて、ゴロゴロと小動物のように、パチュリーの胸に顔を埋める。
 パチュリーはそんな甘える小悪魔に、溜め息を吐きながらも、どこか優しい笑みを浮かべながら、頭を撫で続けた。

「う~ん、邪魔しちゃ悪いよね」

 小さくそう呟き、フランドールは音を立てずに図書館を出る。

「私もお姉様に撫でてもらおう、っと!」

 無邪気な笑顔で、大好きな姉の元へと、そのまま向かった。




東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ねちょこん終わったー! | ホーム | 素直じゃないなぁ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |