絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ぱんつ

これは酷い。そんなSS。





 縁側で空を見上げながら、霊夢は考えていた。
 文のスカートについて。
 何故、あんなに短いスカートで空を飛んでいるのに中身が見えないのだろう、と。どんな下着を穿いているのだろうか。一度気になると、確認したくなるのが人の性。



「清く正しく射命丸ですよ、っと」

 噂をすればなんとやら。
 文がニコニコと笑顔で霊夢の前へと現れた。

「あっはっはっは!」

 霊夢は額に手をやり、大声で笑い出す。正直、不気味だ。そして、怖い。

「こんなにも早くに確認出来る機会がやって来るなんて……最高ね」
「は、はい?」

 首を傾げる文。
 両手をわきわきと妖しく動かして、目を光らせながら、一歩ずつ近付く霊夢。

「えーと……何でしょうか。物凄い嫌な予感がするのですが」
「文、お願いがあるんだけど」
「お金とカメラのこと以外なら、お話を聞いてあげましょう」
「あんたの下着を見せなさい」
「さようなら、霊夢さん。私、あなたのことはそんなに嫌いじゃありませんでしたよ」

 背を向けて空高く舞う文に、御札を投げ付ける。

「うっ!?」

 文の背中にピタッと張り付いた御札は、身体の自由を奪う。翼が痺れ、動けない。というか、飛べなくなる。

「う……うわぁぁぁぁ!」

 空高くに居た文は、真っ逆様に墜落へと向かう。
 烏天狗が墜落することなんて、普通ありえない。
 つまり、文の初めての墜落。それは、未知の恐怖。
 地面へと、物凄い速さで近付く。
 痛みに備えて、目をギュッと瞑るが、文にやってきた感触は、予想していた痛みでは無くて柔らかい何かだった。

「さすがにあんたを墜落死させないわよ」
「れ、霊夢さん……」

 文が恐る恐る目を開くと、ふわりと柔らかくお姫様抱っこをされた状態だった。
 安心からか、少し涙目になっている文。

「本気で怖かったんですよ!?」
「あーはいはい。ゴメン」
「ぅ……」

 優しい笑顔でそう謝られて、それは少し反則だ、と文は顔を背ける。

「さて、文」
「はい?」
「あんたの下着見せてもらうわ」
「……変態! 離してー! 誰かヘルプー!」
「あー勘違いしないで。下着といっても上の下着は見ないから。見るのは下の方。つまりぱんつ」
「最低だぁぁぁ! より最低だ!」
「良いじゃない、減るものじゃないし」
「私の精神力が減ります!」
「はいはい、続きは部屋で」
「きゃー!? 私ぴーんち!」

 身体の自由は奪われているから、叫び声を必死に上げる文。こうしていれば、誰かしら助けてくれるだろうという考えだ。

「あんまり煩いと、縁側で確認するわよ」
「へ?」
「縁側で確認している最中、誰が来るかも分からない状況下で……それも楽しそうではあるわね」
「っ!?」
「静かに部屋へと連れてかれるなら、結界を張ってあげるけど?」
「ぅ~……静かに、します……」
「よし!」
「むぅ~」

 霊夢とは比べ物にならないほどに生きて来た文だが、こんな恥ずかしいことをされるのは初めてだ。
 人間にここまで翻弄されるの自体、今まで無かった。

「霊夢さんは何者なんですか……」
「私? 巫女よ。それ以上でも以下でも無い」
「はぁ……そうですか」
「そんな文は烏天狗よね。正直、こうしてるとただの可愛い女の子にしか見えないけど」
「なっ!?」
「だって、そうじゃない。脚は綺麗だし、私よりスタイル良いし……なんか腹立ってきた」
「何で!? 理不尽!」
「殴りたいわ」
「止めて下さい! 踏んだり蹴ったりじゃないですか!」
「もう、冗談よ。冗談二割」
「八割本気!?」
「はいはい、ほら、もう結界も張ったわよ」

 部屋に入ると、障子に御札を何枚か貼る。
 全ての作業が済んだ後、文はゆっくりと優しく畳の上に寝かされた。

「背中痛くない?」
「そんなこと心配するなら、是非止めて欲しいのですが」
「それは無理」
「……大体何で私の、その……ぱんつなんか」
「ちょっと気になって」
「やっぱり変態?」
「失礼ね。私は常識人よ」
「常識人は無理矢理他人の下着を見よう、なんてことしないと思います」
「他人は他人、私は私」
「見事なくらいに最低ですね」
「はい、確認するわね」
「ちょ!?」

 仰向けに寝かせた文のスカートの裾を掴んで捲る。

「なるほど、白いショーツ。やっぱりドロワーズじゃなかったのね」
「うぅ……本当に何でこんな目に……」

 真っ白いショーツをじっと凝視され、恥ずかしさから顔を赤くして涙目の文。

「ふむふむ……なるほどねぇ」
「あの、もう良いでしょう?」
「いや、私ってドロワーズばっかだから、あんまりこういうの見たこと無いのよ」
「……それで?」
「もっと見させて」
「最悪だぁ……」

 いろんな角度から見つめて、ふむふむと頷く霊夢。

「はい、脚開くわよ」
「ちょ!? それは恥ずかしすぎますってー!」

 開脚させられたりと、この後霊夢が満足するまで、いろんな角度やらポーズやらをさせられてしまったそうな。








やあ(∵)ようこそあとがきハウスへ
この飴玉は蜂蜜味だからまず舐めて落ち着いて欲しい。
うん、ぱんつなんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、ぱんつを被って許してもらおうとも思っていない。
でもこのSSを見たとき、君はきっと言葉では言い表せない『変態』みたいなものを感じてくれたと思う。らぶらぶちゅっちゅな世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、このSSを書いたわけでは無いのですがね。じゃあ、ラストオーダーを聞こうか。



東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<素直じゃないなぁ | ホーム | 射命丸は見た!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |