絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

射命丸は見た!

プチ投稿作品。はっちゃけてます。





「画面の前の皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは、うらめしや。射命丸文です。今日から始まりました新番組、『射命丸は見た!』司会の射命丸文です。どうぞ、よろしく」

 ニコニコと営業スマイルで一礼。

「それでは早速いってみましょう!」

 この番組は、にとり工房(有)、慧音の寺小屋(有)、こいしちゃんうふふ(無)、の提供でお送り致します。



「さて、今回はお試し段階ということで、一部の人にしか放送は受信されていないのです。ま、それでも楽しんでいきましょー!」

 この番組は、にとり工房(有)、慧音の寺小屋(有)、こいしちゃんうふふ(無)、の提供でお送り致します。



「というわけで、最初コーナーはこちら! 『稗田阿求のずばり言うわよ』です。阿求さん、よろしくお願いしますね」
「はい、よろしくお願いしますね」
「えーと、このコーナーは皆さんからの悩み質問などをズバッと阿求さんが答えていくコーナーです」
「はい、よろしくお願いしますね」
「それでは最初の質問が届いてますよ」
「はい、よろしくお願いしますね」
「分かりましたから、ちょっとしつこいですよー」

 この番組は、にとり工房(有)、慧音の寺小屋(有)、こいしちゃんうふふ(無)、の提供でお送り致します。

「このテロップもしつこいですよ。明らかに今、私と阿求さんの顔に被ってますよね?」
「早く質問紹介して下さい」
「え、あ、すみません。あれ、私が悪いの?」

 不条理な空間に、思わず首を傾げる文。
 阿求はニコニコと待っている。

「えーと、『阿求さん、私の悩みを聞いて下さい。実は』」
「嫌です。はい、次」
「えー……」
「ズバッといきますよ」
「ズバッといきすぎでしょう。仕方無いですから次『最近寺小屋の集まりが悪いのです。どうしたら良いでしょうか?』」

 今度はしっかりと最後まで話を聞く阿求。

「そうですね。寺小屋が必ずしも必要では無いと思います。必要性があるのならば、自然と集まって来るでしょう。今はただ、何もしなくて良いと思います」
「あ、意外に真面目な回答ですね」
「当たり前です」
「では、次『お賽銭が――』」
「諦めましょう」
「ズバッといきましたね。次『阿求さん、バスケがしたいです』」
「諦めましょう」
「これは酷い。あ、ラストですね。『阿求さんは好きな人とか居ますか?』」
「射命丸文さんです」
「わっ!? これは恥ずかしいです……」
「嘘です」
「嘘かよ、こんちくしょう」

 阿求のテーマソング、『あっきゅん音頭』が流れ出した。これは、このコーナー終了の合図だ。

「それでは阿求さん。ありがとうございました」
「いえ、私楽しかったです」
「それは良かったです」

 握手を交わした。
 阿求はよほど楽しかったのか、笑顔がとても可愛らしかった。

「さて、続いてのコーナー! ……の前にCMです」



◇◇◇



 パチュリーの造った人造人間(ここではゴーレムの人型を指す)が崩れる。

「ゴーレム!」

 魔理沙のマスタースパークによって散らばったゴーレムは、もはや奇跡でも起きない限り復活はしない。

「さぁ、どうするパチュリー!」
「くっ……どうすれば」
「そんな時は信仰です!」
「さ、早苗!?」
「早くパチュリーさん! 信仰して下さい!」

 パチュリーは言われた通りに祈り、信仰を始めた。
 するとどうだろうか。ゴーレムが光り輝き、再生してゆく。

「ありがとう早苗!」
「信仰は儚き人造人間の為に!」

 人造人間だろうと、魔女だろうと、信仰すれば奇跡が起こる。

「参拝は妖怪の山頂上、守矢神社!」



◇◇◇



「はい、素晴らしいCMでしたね。続いてのコーナーはこちら! 『パチュリー・
ノーレッジの出来るかな?』です。パチュリーさん、よろしくお願いしますね」
「少し、緊張するわね」
「リラックスして下さい。大丈夫ですよ。生放送ですけど」
「より緊張するわよ」

 あはは、となんだかんだでニコニコと笑い合う二人。

「さぁ、このコーナーはパチュリーさんと一緒に、身近な物で何かを作るコーナーです」
「あまり物を作るのはやらないけど、頑張るわ」
「では、いきましょー!」

 パチュリーは大きな袋を取り出した。

「まずは、人参と玉葱とジャガイモとお肉を用意して」
「あれ? 食材?」
「そしてカレーのルーが必ず必要となる」
「これカレー作ってますよね!?」
「じっくりコトコト半年煮込んだら、はい出来上がり」

 あらかじめ出来上がった物を用意していたらしく、取り出すが……かなり危なかった。

「まぁ半年も煮込んでたら」
「こうなりますよね」

 苦笑い。
 文が風を起こして危険なカレーを吹き飛ばした。

「では気を取り直して、次」
「まずはハサミと紙を用意して」
「お、何が出来るのでしょうか」
「続いて家庭でよく余る賢者の石を胡麻擂りで擂り潰す」
「家庭ではよく賢者の石余りますからね」
「で、ハサミに賢者の石の粉をかける。そうすると、ハサミが属性付加された武器になるわ」
「紙は?」
「このハサミを常に持ち歩いていれば、吸血鬼に襲われた時も安心よ」
「ねぇ、紙は?」
「是非みんな、作ってみてね」

 パチュリーのテーマソング、『愛を取り戻せ』が流れる。これは、このコーナー終了の合図だ。

「あ、終わっちゃいました」
「楽しかったわ」
「はぁ、良かったです」

 次の瞬間にはパチュリーは消えていた。
 おそらく咲夜が迎えに来たのだろう。

「続いてのコーナーは私がメインのコーナー! 『突撃レポート!』です。VTRどうぞ!」


 映像が流れる。
 目にも映らない速さで、文が博麗神社に突撃した。
 博麗神社半壊。
 唖然としている霊夢にレポート。
 放送禁止なお仕置を受けた。


「というわけで、思い出すだけで恥ずかしいお仕置を受けました」

 頬を赤らめ、苦笑いを浮かべながらそう言う文。

「えーと、早いもので……エンディングです」

 エンディング曲の『八雲紫のオウエンカ』が流れる。

「この番組では応援質問悩み相談などのメッセージを受け付けています。宛先は、厄神様ドットこむ、です」

 この番組は、風見幽香の花屋(株)、守矢神社(神)、ぶんぶんま~る(文)、の提供でお送りしました。

「それでは、また来年!」




 企画:八雲紫、四季映姫
 ディレクター:鍵山雛
 プロデューサー:東風谷早苗
 稗田阿求:稗田阿求
 射命丸文:射命丸文
 パチュリー・ノーレッジ:パチュリー・ノーレッジ
 アシスタントディレクター:犬走椛
 音響:河城にとり
 機械:河城にとり
 テレビ製作:河城にとりと不愉快な仲間たち
 被害者:博麗霊夢
 加害者:射命丸文
 判決:有罪




東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぱんつ | ホーム | 人生七度目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |