絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

惚れ薬騒動~鬼愛し編EX~

てんすい話。
夜伽投稿作品。
ですから子どもは見ちゃ駄目ですよ!






「ちょっとそこの子鬼」
「んー私のことか?」
「この天界にあんた以外鬼なんて居ないわよ」

 天子が萃香を睨む。萃香はいつもどおり、ヘラヘラしながら酒を飲んでいた。

「いつまで天界に居るのよ?」
「無論、飽きるまで」
「こっちとしては、いつまでも天人以外の存在が居ると鬱陶しいのよ」
「良いじゃないか。お前の暇潰しの相手くらいにはなってやるから」
「全く、土地代請求するわよ?」
「んじゃあ、金の代わりにこれ」
「え、ちょ!? 投げないでよ!」

 萃香が投げた瓶を慌ててキャッチする。天子が中を覗くと中には、不思議な形をした小さな粒が大量に入っていた。

「何よこれ?」
「んー見た感じ金平糖」
「何よ見た感じって?」
「兎がくれた。説明読んで無いから詳しくは知らないよ」
「……金平糖って食べれるの?」
「砂糖菓子みたいなもーん」

 天子は、萃香のいい加減な態度に腹が立ったが、とりあえずお菓子の類だと理解し、一粒口に放る。甘い、口当たりの良い味が口内に広がるのが分かる。
 しかし、怪しむべきだった。何故砂糖菓子に説明書がわざわざ付いているのか、兎が持って来たのか。
 もし、今気付いても、もう口に入れてしまった天子には意味が無い。

「萃香ぁ」
「何だ、甘ったるい声を出して」
「好きぃぃぃぃぃ」
「にょわっ!?」

 寝転がっていた萃香の上に乗り、仰向けに押し倒す天子。
 萃香は突然のことで、何が何だか分かっていない。

「萃香」
「な、なに?」
「好きだよ」
「いや、はぁ、ありがとう?」

 突然好きと言われても、萃香には理解出来ない。
 ただ分かるのは、天子の目が正気じゃないということ。にへらと妖しく笑っていること。押し倒されているということ。
 怪しいと思った萃香は、手を伸ばして先程の瓶を見る。瓶の底に簡単な説明が書いてあった。

『金平糖型惚れ薬――初めに見た者に惚れ、効果は半日程度』

「な!?」

 驚く萃香。そんな萃香を見て天子は顔をゆっくりと近付ける。

「こら天子! 正気に戻れ!」
「私は正気よ。萃香のことしか頭にないもの」
「明らかに正気じゃないって!?」

 萃香の脳内に選択肢が浮かぶ。

1.食べられちゃう
2.逆に美味しく食べちゃう
3.むしろ自分も惚れ薬を口に入れる
4.自慢の腕力で脱出
5.メラミ

「4以外無いだろぉぉぉ!」
「きゃあ!?」

 のしかかっていた天子を突き飛ばす。そしてそのまま、能力を使って霧の様になる。これで天子には萃香の姿が確認出来なくなった。
 一安心していた萃香だが、

「ふえぇぇぇん!」
「え!?」

 天子が泣き始めた。しかも子ども泣きだ。
 萃香は、力を入れ過ぎて、怪我をしたのかと心配になる。

「萃香も……私を嫌うんだね」

 しかし、泣いている理由は全く違っていた。天子は泣きながら、萃香が見えないのに、喋り続ける。

「不良天人って言われて、天界からは嫌われ者。地上に行っても……あんな地震を起こしちゃった私は嫌われ者。天にも地にも居場所が無いよ……私はどうすればいいの? 寂しいよ……ふぇ」

 天子は孤独を嫌がっていた。素直じゃない性格は、周りからは捻くれ者と言われ、不良天人と罵られ、辛かったのだろう。
 萃香には、それがどんなに辛いことか分かった。悲痛な嘆きを目の前で見て、自分も天子を拒絶し、傷付けたことを後悔した。

「天子……ゴメン」
「……萃香」

 能力を解いて、再び天子の目の前に姿を現す萃香。
 天子は、萃香に勢いよく抱き付いて泣きじゃくる。萃香はそんな天子を今度は拒絶せず、そっと抱き締め返した――その瞬間、

「引っ掛かったわね萃香!」
「え!? んー!?」

 天子がニヤリと笑って萃香に口付ける。萃香は何が起こったのか理解出来ずにいた。
 押し返そうにも、天子の甘い匂いに惑わされたか、力が思うように入らなかった。
 そして天子の脳内には選択肢が浮かんでいた。

1.ガンガンイこうぜ!
2.いろいろやろうぜ!
3.特技使うな!
4.道具使うな!
5.命令させろ!

 無論、全て性的な意味で、である。

「ぷはっ!」
「ふーふー!」

 重ねていた唇を離す。萃香は睨みつけるように天子を見たが――

「でもね萃香。私、本当に寂しかったの。だから、今凄く嬉しいわ」
「――っ!」

 とても純粋な笑顔で、嬉しそうに言われちゃ、睨むに睨めない。拒絶なんて、絶対出来ない。そう萃香は思ってしまった。

「抵抗しないんだね?」
「もー好きにしなー」
「じゃあお言葉に甘えて」
「んぐぅ!?」

 今度は舌を絡ませる大人の口付け。
 くちゃぴちゃと粘着性を帯びた卑猥に感じ取れる水音だけがその場に響く。
 口内で萃香の舌を執拗に絡めとる。天子はゆっくりと、萃香をその場に倒す。
 天子が上になり、自分の唾液を萃香に流し込む。

「んっ!?」

 下になっている萃香には、それに抗う手段も無く、口内に溜まる唾液を飲む。
コクリコクリと喉を鳴らして、飲んだ。
 しばらくそうしていると、今度は天子が自ら体位を入れ替える。萃香から搾り取る気だろう。

「ふぁっ……んっ」

 天子が萃香の舌を唇で挟み、吸う。そしてまた絡ませる。これを天子は繰り返し、萃香を刺激する。
 互いに背に手を回して、痛いくらいにギュッと抱き締め合う。天子は何度も何度も角度を変えて口付ける。

「んぅっ……はぁはぁ」
「ぷはぁっ」

 やっと天子が執拗な口付けを終える。萃香は慣れない刺激のためか、目が蕩けているように見えた。天子自身も、酷く興奮状態になっていた。
 天子はまた萃香を下にする。そして萃香の上半身の服を一気に捲った。
 下着を着けていない、いや、下着を着ける必要の無い、幼い胸が露になる。

「小さいわね」
「煩い……お前だって変わらないだろう」
「でも、可愛いわ」
「ひゃぅ!」

 先程の口付けによって熱くなった萃香の体は、幼い体ながらも反応をしていた。胸の綺麗な桜色をした突起を突然摘まれたのだ。

「あっ、やぁ! それ、やめ……んぁっ!?」
「萃香、胸が好きなのね」
「ちがっ……んぁぁ! やっ、くぅ」

 親指と人指し指で摘む。空いた左の胸は、揉みしだく。餅をこねるかのように、ぐにぐにと。その度に、小さいながらも形を変える胸が天子には楽しくて、より執拗に揉む。

「やぁぁ!? んぁあ、くぅ……はっ、あ」
「萃香、可愛いわ」
「はぁはぁ……!? やぁあ! 何、して……んぁっ」

 天子は、萃香の可愛いらしい突起部分を口に含んだ。突然の生暖かい感触に、萃香はピクッと反応する。

「あ、あぁっ!?」

 一気に吸う。勿論わざと卑猥な音をたてながら。敏感な部分を吸われた萃香は、意志とは無関係に腰が浮く。
 舌で転がされ、舐められ、唇でちゅるちゅる吸われ、萃香は目の前がチカチカするのを感じていた。

「んぁあっ! 天子、止め、なんか、変に……くぁっ!?」
「最初に好きにしていいって言ったから止めない。鬼は嘘つかないんでしょ?」
「そう、だけど……や、あぁぁぁ!」

 今度は胸全体をしゃぶりつくすかの様に、荒く吸う。実際小さい胸だから、少し大きく口を開ければ、胸全体を包める。
 そして、胸を吸い上げながら、舌で突起部分を的確につつく。胸自体を吸われ、突起もせめられ、空いた方の胸は、いやらしい手つきで揉みしだく。
 その度に萃香は、甘い声を上げ、太腿と腰がピクッピクッと反応していた。
 その反応を見て、萃香をより愛しく感じた天子は、さらに激しくせめる。

「うわぁぁぁ!? あっ、やっもぅっ!?」
「イっちゃっていいよ、萃香」
「やっ、やっ!? んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 萃香は、腰を大きく浮かし、ピクッピクッと小刻みに痙攣した。そして次第に、浮いていた腰が自然と元に戻り、息が荒い状態がしばらく続いた。

「はぁはぁ……」
「大丈夫?」
「へ、へーきだ。これくらい」
「そ、じゃあ続きするわね」
「え!? ま、待て!」
「待たない」

 萃香の平気発言に笑顔を浮かべた天子は、萃香のスカートを捲る。ドロワーズに大きな染みが出来ていた。その部分から女性の蜜の匂いがする。
 天子は、ドロワーズの上から萃香の一番敏感であろう部分をつつく。

「んあっ!」

 ねちゃりと水音がしたが、天子は気にせずに続ける。

「あっ、やっやっ!?」

 つついたりなぞったりを繰り返す。ドロワーズは既にぐしょぐしょになっていて、下着の役割を果たしてはいなかった。

「脱がすわよ?」
「ん……」

 天子の言葉に、萃香は頬を紅潮させ小さく頷く。
 するりとドロワーズを脱がす。秘所から液体の糸をひいていた。

「綺麗な色……」
「あんまり見るなよ……ひゃあ!?」

 天子は萃香の幼い部分を舐める。ぴちゃりと音を立て、縦筋にそって舐めあげる。

「それ、やっ! いゃぁ……んあぁっ!?」

 萃香の言葉を無視して、舐める。舐めても舐めても渇くこと無く潤うソコは、天子には萃香のいつも持っている無限に酒が溢れる瓢箪のように感じた。

「んっ……美味しい」
「んあぁ! やめっ……あぁっ!? ふぁあっ、にゃぅ!」

 天子は舐めるのを止め、ソコ全体を口に含むようにしてむしゃぶりつく。
 じゅるじゅると音を立てながら、とめどなく溢れでる萃香の蜜を吸い続ける。

「んあぁ! やっあぁぁぁぁぁぁ!?」

 無意識に天子の頭を押さえ付けるようにしてしまう。そして喘ぐ。萃香自身、自分からこんな甘ったるい声が発せられてるのが信じられないくらいに。
 天子は萃香のソコにしゃぶりついたまま、舌を差し入れる。

「んっ……ふっ」
「やぁぁぁぁぁぁぁ!? んあっ、あっ、ふぁっ!? 激しっ……」

 舌を差し入れるスピードを速くする。とぷっ、と蜜がより一層溢れてくるのが天子には分かった。
 萃香はもはや、ただ感じ、喘ぐしかなかった。頭がボーッとしてきて何も考えられない。勝手に腰が震え、太腿がピクッと反応する。

「んやぁ! 天子、私また……とんじゃ、う!」

 萃香の声が限界に近いのを表している。

「萃香、好き。大好き」
「やっ、あっ、あんっ、やぁっ! ふゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ!?」

 天子が萃香の胸を両手で愛撫、さらに秘所の突起部分を唇で挟み、激しく吸い上げたことにより、萃香は達した。
 萃香はしばらくの間、腰が、太腿が、体全体が細かく震えていた。頬は赤く、呼吸も乱れ、口の端からは涎がつたっていた。目は焦点があっていないように見える。

「ゴメン萃香」
「ふぁ? はぁ……はぁ……」
「私まだ満足出来ない!」
「やっ!? また、んぁっ!?」

 達したばかりの萃香に再び襲いかかる天子。
 まだまだ続きそうだ。





◇◇◇





「えーと、萃香生きてる?」
「生~き~て~る~」

 半日という惚れ薬の効果が切れる時間まで付き合わされて、ぐったりとしている萃香。

「えと、ゴメン」
「なに? 今さら反省か?」
「ちょっとやりすぎたかなぁって……萃香は本当は嫌だったんじゃないかなぁって……」
「……嫌だったら本気で抵抗してるよ」

 照れたように小さく呟く萃香の言葉に、天子はしゅんとしていた顔を上げる。

「それって……」
「あー、別に天子のことは……その、嫌いじゃなぃ……」

 本格的に照れてしまったようで、萃香はそっぽを向いて言い捨てた。
 天子はそんな萃香を愛しく感じた。そして、純粋に嬉しかった。頬が緩み、ニヤけてしまうのが分かる。もう惚れ薬効果は切れている。
 つまりこの感情は、本心からの――

「萃香!」
「うわっ!?」

 天子は、横たわったままの萃香にギュッと抱き付く。

「萃香、これからもよろしくね!」
「う……あぁ」

 至近距離で、好きな人が笑顔で言う。そんな状況に萃香は顔に血液が集まるのが分かった。
 この日以降、二人が一緒に居る場面が目撃されるようになったそうな。




ネチョSS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神様だってひきこもります | ホーム | 王様ゲーム>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |