絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

歌を教えて!パチュリー先生

プチ投稿作品。結構初期のですね~。ギャグ。




「パチュリー」
「最近よく来るわね妹様」
「き、来ちゃ行けないかな?」

 フランドールは少し不安気味に尋ねる。

「別に好きになさい。ただレミィが拗ねるわよ」

 相変わらずの無表情で、本からは目を離さず言うパチュリー。

「お姉様は優しいから大丈夫だもん」
「そう。で、今日は何の用?」
「私ね、歌を教えて欲しいの」
「歌?」

 フランドールの口から発せられた意外な言葉に、本から目を離してフランドールの目にピントを合わせる。

「うん。美鈴がね、歌はいいねぇ……歌は心を潤してくれる。って言ってたから知りたくて」

 長年閉じ込められていたフランドールは、歌の一つも知らないのだろう。だから美鈴の言葉で歌というものに興味が湧いたのか。

「分かったわ」
「やった!」

 フランドールは喜ぶ。

「まぁまずは簡単な童謡にしましょうか」
「童謡?」

 フランドールは聞き慣れない言葉に、首を傾げる。

「そ、童謡。子供向けに作られた歌のことよ」
「私子供じゃないもん! パチュリーより年上だもん! 就職だって出来るもん!」
「そう。それは失礼したわね。なら裏童謡を」
「裏童謡?」
「裏童謡は大人の階段を上りつつある君はまだシンデレラさ、的な人用」
「よく分からないけど大人向け?」
「yes.yes.yes」

 パチュリーの肯定な言葉に、喜ぶフランドール。

「じゃあそれで教えて」
「じゃあ実際に歌ってみせるから」
「うん!」





『迷子の迷子の子猫ちゃん~貴女のお家はどこじゃけえ?』

「訛ってる!?」

『お家を訊いても「止めて下さい!」名前を訊いても「しつこいです!」』

「台詞入ってるよ!?」

『「良いじゃねぇか、ほら」にゃんにゃんにゃにゃ~ん。にゃんにゃんにゃにゃ~ん♪』

「台詞のせいで色々おかしな意味に!?」

『泣いてばかりいる子猫ちゃん~』

「うわぁ、取り方によっちゃ最低だぁ」

『犬のお巡りさん。ニヤリと笑ってワンワンワワン、ワンワンワワン♪』

「犬のお巡りさん最低だよ! ていうかストップパチュリー!」





「まだ二番を歌ってないのに……」
「歌うなよ! 何これ!? 台詞入ってるし展開が危ないし!」
「でも裏童謡を選んだのは妹様よ?」
「う……」
「妹様ったら大胆ね」
「うがぁぁぁもういい! もっと普通のやつにして」
「わがままなシンデレラちゃんねぇ。じゃあ次は普通の童謡を歌うわ」





『ぞうさんぞうさん、お鼻が長いのね』

「さっきと比べて格段に健全だね」

『そうよ、だから何、悪いのかよ!』

「ぞうさんキレた!?」

『ぞうさんぞうさん、だあれが好きなの』

「また普通に戻った」

『どうしてあんたなんかに教えなきゃならないのよ!』

「ぞうさんまたキレた!? てかまたほぼ台詞じゃん! やめだやめだぁ」





「人が気持ち良く歌ってるのに邪魔をしないでフランドール・妹・スカスカレット」
「ミドルネームみたいに妹って入れるな! あとスカスカレットってなんだ! そしてこれを気持ち良く歌うパチュリーが信じられない!」
「あら、信じてくれてたの?」
「うぅ……じゃなくて!」
「ごめんなさい。からかいすぎたわね」

 そっと優しくフランドールの頭に手を置く。

「私パチュリーより年上だってば……」
「嫌かしら?」
「嫌……じゃない」

 こそばゆいけれど、悪くは無かった。
 パチュリーは優しくフランドールを抱き寄せ自分の膝の上に乗せる。そして帽子を取り、直接頭を撫でる。

「んっ……」

 くすぐったそうに小さく声を上げたか、次第にそれもなくなる。見ると少し眠
たそうな目をしていた。

「歌」
「え?」
「歌ってあげるわ」

 パチュリーが歌う。それはとても優しい子守歌。フランドールの背中から伝わるパチュリーの定期的な心音と混ざり合い、一つの新しい歌を奏でる。
 フランドールは歌を聞き取ろうとするが、心地良さにリラックスしていき、睡魔に負け、パチュリーの膝の上でそのまま眠ってしまった。
 優しく笑み、頭を撫でるその姿は母と娘の様に見えた。
 柔らかく暖かい日差しが、いつまでも二人を包んでいた。



東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<かっぱえびせん | ホーム | 蜂蜜よりも甘く>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |