絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

また、後でね。~蛇足編~

前回の『また、後でね。』の続編のようなR-18です。未来ちゃんと静香で、みらしずです。
 
『また、後でね。』

 あの言葉が脳に焼き付いて、ずっと離れない。もうあれから、何日も経っているのに。あのときはずっとドキドキしたまま、未来の仕事が終わるのを待っていたけど。結局、何もなかった。当たり前といえば当たり前で、他のみんなも一緒の中であの続きが行われるわけない。しかもスーツは衣装なわけで、未来の私物なわけじゃない。仕事を終えてしまえば、もう着る機会もないわけだ。
 空気に流されていた、というのも勿論あるだろう。だからきっとあのときのことは次第に忘れて、いつも通りの日常になる。そう思っていた。
 でも、やっぱりあの言葉が忘れられない。あのときの未来の声、瞳、行動、それらすべてが今でも頭から離れない。
 まるで……期待してしまっているようで、嫌になる。
 今だって、変に意識しちゃっている。そんな自分が嫌になる。未来はいつも通りの様子で、接してくれているのに。

「どうしたの、静香ちゃん? 何か忘れ物でもした?」
「ううん、なんでもないの。ごめんなさい、今行くわ」

 数歩先を歩く未来が、不思議そうな顔で私を見ていた。
 忘れ物なんて、していない。バッグに着替えとか必要なものは、全て詰め込んできた。携帯だって財布だって、忘れていないし。
 そう、今日は未来の家へお泊まり。何度か遊びに行ったこともあれば、泊まったことだってある。たまたま二人のオフが重なったときや、次の日がオフである日なんかはよくあることだ。友達の家へ遊びに行く、なんてことないよくあること。

「ほら、静香ちゃん早くぅ~!」
「ちょっと未来、引っ張らないでってば! わかったから!」

 私の近くまで寄ってきた未来が、手を引いて駆け出した。転んでしまいそうになるけど、なんとか堪える。普段ダンスレッスンしているんだから、この程度で転んだりはしない。
 未来の行動は、いつもとなんら変わらない。



◇◇◇



「お邪魔します……ってあれ? ご両親は外出中?」
「あれ? 言ってなかったっけ? お父さんもお母さんも明日の夕方まで、用事でいないんだ~」
「え?」
「さ、ほら早く私の部屋に行こう!」
「だぁ、だから引っ張らないでってば! 危ないでしょう!」

 未来に手を引かれたまま、部屋へとついて行く。
 いやそれよりも、ご両親がいない? つまり、二人きり? 待った、今の状態で二人きりはまずい。絶対に、変に意識しちゃう。
 どうしよう。とか思っている間にも、すぐに未来の部屋の扉の前までやってきてしまう。変に緊張している私をよそに、未来は遠慮なく部屋へと足を踏み入れた。そうなると、私も引っ張られて中に入ることになる。
 もはや見慣れつつある、未来の部屋。けれど今日は、いつもと違って見えた。この動揺を悟られないように、未来の手を解き、ベッドの前に置いてある小さなクッションにお尻を預ける。リラックスしてますよアピールだ。

「ふぅ、ちょっとここまで来るのに疲れちゃったわね。そうだ、未来。ちょっと聞いてよ。この前、事務所で――」
「ねぇねぇ、私ね、静香ちゃんに見てもらいたいものがあるんだっ!」

 いつもなら、未来と二人きりだと沈黙でも心地良い。けれど今日は沈黙を作りたくなかった、喋ってないと意識してしまいそうだったから。
 だから私の方から、少し強引に話をしたのだけど……それを遮るように、未来は机に向かった。
 まぁ、話ができるならそれで良いんだけど。意識さえしない空気なら、いいわけだし。
 そんなことを思い、未来が一体何を見せたいのか、考えてみる。なんだろう、他のアイドルにサインでも貰ったのかしら? それとも何か、可愛い小物を買ったとか?
 さっきの未来の、見せたくて仕方ないといった態度から、どんなものを見せてくれるのか少し期待してしまう。未来のことだから、しょうもないことの可能性もあるけど。

「あ、あったあった。これなんだけど、覚えてる?」
「っ!? そ、れ……」

 未来が楽しそうに見せてきたもの、片手に持っている、机の引き出しから出したものを見て固まった。
 オレンジ色の、ネクタイ。

「でへへ、さすがにスーツは貰えなかったんだけど、ネクタイくらいならいくつもあるし気に入ったなら一つくれるって」
「そ、そう……よかったわね」
「しーずかちゃんっ!」
「きゃっ!?」

 突然、未来に抱き付かれる。
 抱き付いてくるのはいつものこととは言え、タイミング的に心臓によろしくない。数秒固まってしまったけど、ハッと我に返る。まったくもう……引き剥がして注意してやる。って、あれ?
 両腕が、思うように動かない。いや、正確には、これは両手首を縛られている。何に? 一瞬で、わかった。あの日の、忘れることのない感覚と同じ。
つまり未来に、ネクタイで拘束された。あのときと、同様に。

「み、未来?」
「ごめんね、静香ちゃん。待たせちゃって」
「な……何を」
「また後でね、って言ったでしょ? あのときからずっと、静香ちゃんそわそわしてたよね?」
「なっ! そんなことあるわけないでしょ!」
「本当?」

 未来が抱きついたまま喋るものだから、耳元に近くて、くすぐったい。
 思わず身動ぎしてしまうけど、ぎゅっとされている状況では思うように動けない。両手首の拘束は、前と同様に緩いものだから、力を込めれば解けそうだけど。
 この状況、どうしても思い出してしまう。耳や頬にキスをされたこと。胸やお尻を触られたこと。唇にキスを、されそうになったこと。
 思い出しただけなのに、体がかぁっと熱を持つのを感じる。違う、期待なんてしていない。私は、私は――
「私は静香ちゃんと続きをしたいって、ずっと思ってたよ? ほら、この前も言ったよね? 静香ちゃんはネクタイで縛られてます、逃げられません。だからほら、ね? どうせならされたいこと、教えて?」

 仕方ないんだよ、逃げられないんだもん。そう未来は耳元で、続けて言った。ぞくりと震える。甘い誘いだ。
 この前も、今も。そう、仕方ないのよ。逃げることなんてできないんだから、縛られているんだから。ネクタイが緩く縛られている事実からは、目を逸らして。その未来の言葉だけを、信じればいい。
 でも、それでもやっぱり、恥ずかしいものは恥ずかしくて。もじもじとしたまま、何も言えない。

「ひゃ、ぅっ!?」

 黙ったままでいると、耳たぶを甘噛みされた。

「この前は、耳とほっぺと」
「ぁ。う、あ……」
「首に腰、お尻と胸も」
「やぁ、みらぃ、う」

 頬にキスされて、そのまま首を舐められる。お尻も、胸も撫でられて。未来に触られている箇所が、ぴりぴりうずいて仕方ない。
 まるで小さな電流が何度も何度も体を駆け巡っているようで、そのたびに出したこともないような甘ったるい声が漏れてしまう。自分からこんな声が出るなんて、驚きだった。けど、驚いている暇なんてない。
 未来の右手が服の中に滑り込んできて、ふにふにって下着の上から胸を刺激してくる。お尻をやわやわ揉まれ、胸を撫で回され……どちらも直接触れているわけではないけれど、それだけで変な気分になってくる。

「ねぇ静香ちゃん、ここには私しか居ないよ? 私の部屋だよ? 聞かせて、静香ちゃんのされたいこと。静香ちゃんが喜ぶこと、してあげたいから」

 未来が耳元から離れて、私の目をまっすぐと見つめて、そう言った。改めて感じる、とても近い距離。その言葉を発する唇に、柔らかそうな桜色に、思わず目がいってしまう。
 この前は、未来が私に顔を近付けて唇が重なる直前で、終わってしまった。
 けど今はもう、未来の部屋で未来しかいない状況で。あのときみたいに、ストップがかかることはない。求めたら、止まることはできない。

「……未来、キス、して?」

 自然と口がそう動いていた。言って、しまった。
 私の言葉に満足したように、嬉しそうな笑みを浮かべる未来。いつもならその笑顔を可愛らしいと思うのだけど、今日は何故か体が震えた。

「静香ちゃん、大好き」
「ぁ、う……んっ」

 強引に頭を引き寄せられ、唇を重ねられた。少し勢いがあるそれは、もはや唇を奪うといった表現の方が合っているかもしれない。
 零距離に、未来の顔があって。目を瞑ればいいのに、お互いに目を開けたままで。ふにゅりとした柔らかい感触が、ほんのりとした温かさが、唇から伝わる。ただ重ね合わせるだけの、子どものようなキス。初めての、キス。想像よりもあっけなくて、けれども心地良くて。きっと未来が相手だから、安心感があるのかもしれない。
 熱を帯びた瞳で、私を捉えてくる未来。こんな未来の目は、見たことがない。でも多分私も、同じような目をしているんだろうな。

「はっ、ん、ぅ……っ!?」

 重ねるだけだったキスが、次第に荒々しくなってきた。ついばむように、何度も何度も唇を奪われる。思わず一瞬、後ろに退いてしまいそうになる。けれど、後頭部を押さえつけられているから、それは叶わなかった。
 鼻で呼吸をするのを忘れ、咄嗟に口を開く。その瞬間、僅かな口の隙間から、未来がぬるりと舌を侵入させてきた。
 びくり、と体が震える。逃げることは許さない、そんな未来の熱い目線に、口を閉じるどころか少しずつ隙間を大きく開けてしまう。
 未来の舌が私の口の中を、暴れまわった。くちゅくちゅぴちゃぴちゃって、私たちの唾液が音を立てて混ざり合うのがわかる。その音が脳に直接響くみたいに、体を痺れさせた。
 奥の方に引っ込めていた自らの舌も、すぐに捕らえられてしまう。一度ぬるりと絡み合えば、もう逃げられない。未来の温かくて弾力があってにゅるにゅるした舌の感触が、ぞくぞくと背筋を震わせた。
 恥ずかしい、のに。もっともっととせがむように、喉を鳴らして送り込まれた唾液を飲み込む。未来はそれが嬉しかったのか、目が笑っていた。
 こくんこくんって、何度も何度も唾液を飲み込む。未来の、大切な人の唾液を飲んでいるという事実に、体の内側からも染め上げられていく錯覚に陥る。頭がくらくらしてきた。

「ぷはぁ……えへ、静香ちゃん可愛い」
「ゃ……」

 ゆっくりと唇を離された。私と未来の口を、名残惜しさを表すかのようにつぅっと銀色の糸が繋いで、すぐ切れた。
 何馬鹿なこと言ってるのよって、言い返したかった。でも、ぐちゅぐちゅにされた舌は上手く回らなくて、ただただ呼吸を整えるのに必死だ。
 未来は楽しそうに、嬉しそうに笑みを浮かべている。

「やっ!?」
「もっと可愛いところ、見せて?」

 上着を一気に捲られ、ピンク色のブラジャーと素肌が未来の眼前に露出させられた。反射的に捲られたのを元に戻そうにも、そうだ……両手は縛られているんだった。いつも着替えとかで下着くらい見せているし、こんなことわけもないはずなのに。それなのに、恥ずかしくて恥ずかしくて仕方ない。
 恥ずかしさにぎゅっと目を瞑るけど、未来は容赦なくブラジャーもずらしてきた。さっきまでとは違う、直接胸をふにゅふにゅってされる。
 未来の手の動きによって、形を変えられていく、その感覚。
 手のひらで固くなった突起部分をころころと転がされて、だらしなく声が漏れる。いつの間にか痛いくらい、乳首がこんな状態になっていたことに気付かされた。それがまた、恥ずかしくて、体がより熱くなった。

「ふぁ、あっ、ぐ、ぅ……やっ、ぁ」

 きゅっと乳首を摘まれて、体を捩らせる。指の腹で転がされ、摘まれ、そのたびに私は今まで味わったことのない感覚を強制的に味わうことになる。

「やぁっ!? 吸っ、ちゃ……!」

 いつの間にか、私の胸にそっと顔をひっつけていた未来。そしてぱくりと乳首を咥えられて、ちゅーちゅー音を立てながら吸われる。
 吸われ、舌で転がされ、たまに甘噛みをされる。そのどれもが初めてのことで、脳が処理しきれないんじゃないかっていうくらいの刺激で、ただただ声を上げて震えてしまう。こんな声、恥ずかしくて漏らしたくないのに。空いている方の胸は手で刺激を与えられ、より膨大な快感が体に巡る。
 胸に伝う汗でさえも、未来は舐めとって、また乳首に刺激を与えてくる。だめ、これ以上は、本当に。こんなに凄いなんて、思ってなかった。

「みら、い……だめ」
「どうして? 静香ちゃん、嬉しそうだよ?」
「う、嬉しくなんか――ひゃんっ!」

 反論しようとしたものの、その瞬間に乳首を爪で弾かれた。予想してなかった刺激に、大袈裟なくらいぴくんって、震えてしまった。
 未来と目が合う。

「静香ちゃん、気持ち良さそうだよ? ねぇ、本当に嫌?」
「ぅ、あぁぁ……くぅ、い、あぁっ」

 やわやわと胸を揉まれ、乳首をこりこりっと摘まれて。

「ここでやめちゃっても、本当にいい?」
「そ、それは、んくぅっ」

 未来の右手が、スカートの中に侵入してきて。太股を撫でてきて。

「ねぇ、静香ちゃん、私にだけは素直になってよ。お願いだから、ね?」

 耳元で囁くように、言われて。
 もう、限界だった。
 自分の気持ちを、誤魔化せなかった。

「嫌、じゃない……」
「本当? 続けるよ?」

 太股のさらに奥の、誰にも触らせたことのない場所へ徐々に近づかれる。

「お願い、未来……して」

 あまりにも弱々しくて、情けない声だった。羞恥で爆発するんじゃないかって、思った。
 それでも未来に蹂躙されることを、望んでしまった。もっともっと、して欲しいって思っちゃった。
 未来は私の答えに、笑顔で、そうだ眩しいくらいの笑顔を返したんだ。その笑顔に、期待してしまう。
 どきどきと胸の鼓動が、やかましく感じる。

「それじゃ静香ちゃん、嫌だったら嫌って言ってね? でも、嫌じゃないならちゃんと気持ち良いって、言って? そうじゃないと、嫌なのかわからないから」
「っ、それ……は」
「大丈夫、私だけしかいないんだから。恥ずかしがらないで? 静香ちゃんの、全部、見せて?」

 普段なら、抵抗するし反論だってするけど。
 今は、ただ素直に頷いた。すると未来に、まるで子どもにするみたいに頭を軽く撫でられた。子ども扱いするな、なんて言えずにただその撫でられることさえも心地良く感じた。
 太股を揉み、撫でまわし、未来の右手が私のそこに近付くがわかる。

「っ……ぅ!」
「静香ちゃん、凄いぬるぬるしてる」
「~っ!? な、何ひゃぅっ、ふあ、あんっ……くぅ、んっ!?」

 とうとう下着の上から、あそこを触られた。既にそこは未来の刺激で、濡れてしまっていた。もはや穿いているのが気持ち悪いくらいに、濡れている。人差し指でそこをひっかくように刺激されたり、撫でたり。
 そのたびにくちゅぴちゃとあそこから粘着質な音が立てられ、力が抜けていく。
 ショーツの中に手を入れられて、直接触られる。
 他人の手で直接触れられる刺激というのは、私が思っていたよりもずっと大きな刺激だった。胸よりも、はるかにドキドキするし、強い刺激。

「気持ち良い?」
「ぁ、あっ……きもち、いい、ふぁ……うぅっ」
「どこが? おっぱい? それとも、ここ?」
「きゃぅ、だ……め、そんな…………みら、ぃ、ぁんっ! あっ、や、あぁっ!」

 乳首を吸われて、あそこを指先で弄られる。
 上からも下からも送られてくる強烈な快感に、悶え体を逃げるように動かす。逃げられるわけもないし、本気で逃げる気もないってわかっているのに。
 ちゅーちゅーっていう音と、ぬるぬるした感覚が私を狂わせていく。

「どっちも、ふぁ……どっちもきもちいいの、あぁっ、みら……い、もっと…………く、あんっ、ぅや……ぅんっ!?」

 未来の中指が、あそこの中に、くちくちっと音を立てて浅いところを出たり入ったり繰り返す。
 未来に胸も、あそこも、唇も何もかも奪われる。それが嬉しくて、気持ちよくて、体が熱くなって。

「でへへ、静香ちゃんのここ、熱くてきゅうきゅうって締め付けて。気付いてる? 静香ちゃん、今凄くえっちな顔してるよ?」
「やぁ! そん、な……こと言わない、でよぅ……あっ、あっあっ未来、も、や、ぁあっ……!」

 ぞくぞくとした感覚が止まらない。
 なに、これ。甘い刺激が体中を暴れまわって、震えが止まらなくて、びくんびくんって体が跳ねて抑えられなくて……。
 それがたまりにたまっていき、未来の指がくちりとあそこを刺激した瞬間――
「~っ! なん、か、く……る、きちゃ、う…………ぅぁっあっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」

 脳が真っ白に染まった。
 初めての絶頂を、未来に味わされた。

 びくっびくっと。
 まだ熱も快感も治まらずに、体は疼く。はぁはぁって荒い呼吸を整えるのも、精一杯だ。レッスンを終えたとき以上の疲労感と、汗。
 ぼぅっとしたまま力が入らないでいると、その間も未来は行動をしていた。

「……ふぇ?」

 未来にM字に開脚をさせられ、ロングスカートを上着同様捲られる。一体、何をする気なのか。そんなことを考える余裕さえ、正直なかった。
 既にぐちょぐちょになったピンク色のショーツに手をかけて、するすると膝下まで脱がされる。とろりとした液体が糸を引いた。そのときになって、未来にあそこを見られているという事実に、ハッと我にかえった。
 ネクタイで後ろ手に縛られて、胸もあそこも露出させられ、M字に足を開かされて、しかもあそこはもう濡れていて――
「やっ!」
「あーダメだよ、足閉じちゃ」
「な、なななななにを」
「もっと気持ちよくさせてあげるから、静香ちゃん」

 だから逃げちゃだめだよ、なんて言われて。
 まるでそれが何かの呪文のように、私の体は勝手に動く。のろのろした動きで閉じた足をさっきと同じように、開く。未だに液体が流れ出て、ひくひくって動いているそこを、未来に見られている。
 その事実だけで、また体にぱちぱちっと電流みたいに甘い刺激が走った。

「ん、静香ちゃん、ありがとう」
「痛っ!」
「あ、あれ? ご、ごめんね! うぅ、やっぱり少女漫画の知識だけじゃ上手く……あ、でもできてる」

 突然、未来に首筋を刺激された。
 それが痛かったから、思わず声を上げちゃったけど……未来のできてるって言葉になんだろうかと首を傾げる。

「キスマーク、静香ちゃんは私のモノだよって印。でへへ~」
「ッ!? ふぁ、う、っ……」

 き、キスマーク!?
 私が、未来のモノに……? その、印? 何故か体がぶるっと震えた。何故だかわからないけど、なんだろう、喜んでいるのかもしれない。嬉しそうな未来が、また私の頬とか胸とかにそのままキスするものだから、それ以上は何も考えられなかった。
 また未来からの刺激に、びくびく震えながら蕩けた声を漏らすことになる。それでも足は閉じないで、未来に言われた通り、そのまま。
 少しずつ未来のキスが下に下がっていき、ついには私のとろとろに濡れているそこの前に顔がきた。
 吐息を感じるくらい、近い距離で。恥ずかしくて仕方ないし、今すぐにでも足を閉じてしまい。
 でもそれ以上に、未来がこれから私に何をしてくれるのか、期待してしまっている。

「みら、やぁ、そこ……なめ、あぁぁぁっ!? あ、あぁっ、あんっ、やらぁ……っ」

 かぷっと秘所に口をつけられ、じゅるじゅるやらしい音を立てながら吸われる。今まで以上の甘い刺激に、勝手に腰が逃げるように動くけど、太股をがっちりと掴まれて逃げられない。
 ぬらりとした舌が、ぬちゅぬちゅ私の中を掻き乱す感覚。あそこにぴったりと口をつけて、私が未来の唾液を飲み込んだように、未来は愛液をこくんと喉を鳴らして飲んでいる。それでも足りないと言わんばかりに吸われるものだから、もう気持ち良すぎて、声が抑えきれない。
 口が半開きになったまま、蕩けるような甘い声を漏らし続ける。恥ずかしいっていう気持ち自体、もはや快感を加速させる要素にすぎなかった。半開きになった口から、だらしなく涎が零れる。でもそんなことを気にしていられる、余裕なんてまったくない。
 あまりの快感に、涙がにじむ。視界が歪む。

「あぁぁぁぁぁっ! みら、ぃ、そこっ、あっ……きもち、い、んッ! ふぁ、あ、きもち……いーぁうっ! ぁ、あんっ!」

 不意に、秘所のところにある固くなった突起を、舌で舐め上げられた。びくびくっと大きく体が跳ねる。
 びりびりちりちりした感覚に、体が酔う。もっともっと、未来に気持ちよくして欲しいという願望が膨れてくる。これ以上の刺激は、もうおかしくなってしまいそう。そんな恐怖もあるけど、未来だから安心というのもある。
 そこにある突起を舐められ、そしてまた未来の指が中に侵入してくる。くちくちと音を立てながら出たり入ったりを繰り返し、突起は舌で緩やかに刺激される。私の意思とは無関係に秘所はひくひくと震え、愛液をだらしなく流しながら、未来の指をきゅうっと締め付ける。まるで未来にもっと奥へ入って欲しいというかのように、指を締め付けて離さない。けれど愛液が滑りを良くさせ、そんな締め付けの中でも指はストロークを繰り返す。ぐちゅぐちゅと粘着質な音は耳までをも間接的に刺激し、もはや体のすべてを支配されているような感覚だ。

「静香ちゃん、大好き。可愛いよ。凄く可愛い」
「ふぁう、わ、たしも……みらい、すきぃ、ああっくぅ、んっ……やぁっ!」
「いつもの静香ちゃんも、私しか知らないえっちな静香ちゃんも、大好きだよっ」
「ぁ、あっ、あんっ……みらい、みらい! いい、そこっ……いいよぅ…………っふぁ!?」

 未来に好きだと言われるたび、可愛いと言われるたび、それだけで体は跳ねる。嬉しくて、気持ちよくて。
 私はもう何を口走っているか、あまり理解できない。ただ未来の名前を呼びたかった。好きだって、言いたかった。上手く言えてるか、わからないけど。
 もう思考まで、ぐちゃぐちゃになってきた。断続的に震える体なんて、とっくに言うことをきかない。
 未来の言葉が、舌が、指先が、すべてが気持ち良い。
 するとさっきのときと同じ、いや、それ以上のキモチイイが頭のてっぺんから足の指先まで、一気にぞくぞく暴れまわる。
 未来も察したのか、指のストロークはより激しくなり、とどめと言わんばかりに秘所の突起を甘噛みしてきて――
「み、らい……や、く、ぅ…………だっ、も……あんっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

 キモチイイが、爆発した。
 さっきよりもずっともっと、大きな快感が体中を蹂躙して。びくんびくんって震える体が、とまらない。既に手を止めている未来の指を、これでもかっていうくらいきゅうきゅうって何度も何度も締め付けている。離れるのを惜しんでいるかのように。こぽっと溢れる愛液の音が、耳をふさぎたくなるくらい恥ずかしかった。
 ぬるりと未来の指が抜かれ、その刺激にまた「あんっ」なんて甘い声を小さく漏らしてしまう。
 体が、熱い。

「でへへ~静香ちゃん、すっごく可愛かったよ」

 愛液に濡れた指をぺろりと一舐めして、続けて「好きって言ってくれて、嬉しかった」なんて無邪気に笑うものだから。
 私も自然と笑みが零れた。まだ肩で息をしているような、そんな状態だけど。

「未来、き、す……して」
「んっ、えへへ」

 そうねだると、ちゅっと音を立てて、軽いキスをくれた。幸福感で、胸の奥が熱くなる。

「あ、そうだ。ネクタイ、解くね」
「……待って」
「え?」
「その、もう少しこのままで」
「いいけど……お風呂入ったりしないと」
「もうちょっと、えっと……私は未来のモノって思わせて」
「っ!?」

 恥ずかしいなんてもんじゃないけど、それでももうここまできたら素直に。
 未来がかぁっと顔を赤くして、けれど凄く嬉しそうに笑う。そして――
「あぁもう静香ちゃん可愛すぎるよ!」
「きゃうっ!」
「いいよ、静香ちゃんがそうしたいなら、そうする。でもそんな可愛いこと言われちゃったら――」

 未来が突然抱き付いてきて、耳元で囁く。

「また、後で襲っちゃうよ。今度は、お風呂で。ね?」
「~ッ!?」

 この前と同じ「また、後で」という言葉。
 その言葉がまるでスイッチかのように、私の体はぴくんと震えた。期待してしまう。この後のことを。
 体の熱はどうやら、まだまだ引きそうにない。
アイマス小ネタ+SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<純白 | ホーム | また、後でね。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |