絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

case12:『第一印象』

互いの印象あやれいむ。


Case12:『第一印象』



「私、霊夢と初めて接したときは、正直今までの巫女よりもちょっと気が強い程度の少女って感じだったわ」
「あー私は初めてあんたを見たとき、あれだ、今でもよく覚えてる。」
「何? どう思ったの?」
「素直に、こいつ気持ち悪いなって」
「何それ酷い。大体、第一印象なら見た目的にも腰の低さ的にも、美しいとか可愛くて礼儀正しいとか、そういうの思わない?」
「自分で言うな。だって一目で、あーこいつ何か企んでるな薄っぺらい笑顔ねって感じたんだもん」
「……もしかして、だから最初から結構私に強くあたってたり?」
「まぁ信用ならなかったからね。腹の探り合いとか好きじゃないし、全力で隠すことなく嫌うことにしたわ」
「わーお、道理で。それじゃあ、今はどんな印象持ってる?」
「あの頃よりは、マシなやつって感じかしらね」
「褒められてるのか貶されてるのか」
「……それなりに信頼してなきゃ、異変でパートナーとして組んだりしないわよ」
「……ん、ありがと」
「そういう文は、私のこと、今はどんな印象なのよ?」

 そんな霊夢の言葉に、文はにこっと笑う。薄っぺらい笑みではなく、本当の笑みで。

「秘密、で」
「はぁ!? 何よそれ、言いなさいよ」
「いつか言うべきときがきたら、ちゃんと言うわよ」
「……わけわかんないんだけど」
「別にわからなくていいわ、今は」

 ぶすっとした表情の霊夢とは対照的に、文は楽しそうにまた笑った。
case小ネタシリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<年内にやっておくべきこと | ホーム | アイドルマスター2 The world is all one!! 4巻感想>>

コメント

何気に信頼しあってるんだなぁ~
2013-10-29 Tue 18:26 | URL | ロドルフ [ 編集 ]
>>ロドルフさん
互いに素直じゃないので、滅多に表には出さないですけどね!
2013-10-30 Wed 02:40 | URL | 喉飴 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |