絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

惚れ薬騒動

惚れ薬騒動の原点。
かなすわっ!
結構古い作品ですね。





「おや? 金平糖とは懐かしいね」
 神奈子が卓袱台の上にある小瓶を手に取る。
 中には、今ではあまり見ない金平糖が入っている。
「あ、それ兎が置いてったやつだよ。何か惚れ薬らしいけど」
「惚れ薬?」
「そ、最初に見た者を好きになるそうだよ。それはお試しだから半日程度の効果らしいけど」
 諏訪子の話を聞きながら、既に――神奈子は食べていた。
「食べちゃダメだよ!」
「もう遅い。ちょっと小腹空いてたのに早苗は今出かけてるから。大丈夫、神に効きゃしないわよ」
「そうかもしれないけど……」
 そしてしばらくしても、神奈子に変化は無かった。
「ね、効かなかったでしょう?」
「そのようで安心したよ」
 ほっと胸を撫で下ろす諏訪子。
「あーうー、安心したら私もお腹空いてきたなぁ。今日の晩御飯は何だろうなぁ」
「そうねぇ……」
「神奈子は何食べたい?」
「諏訪子」
「へぇ、私なんだ――って、はぁ!?」
「諏訪子ぉぉぉぉぉ」
 ガバッと抱き付く神奈子。突然のことで諏訪子は対応出来ずに倒れる。
「や、やっぱ効いてんじゃん! 正気に戻って神奈子!」
「私は正気よ!」
「正気なやつは人のスカートめくろうとしないよ!」
 神奈子は諏訪子のスカートをぐいぐい引っ張る。目がヤバイ。
 非常にピンチな状況に、諏訪子は脳内で選択肢を思い浮かべる。

 1.やられちゃう。
 2.やられちゃう。
 3.やられちゃう。

 って全部食われちゃう! と諏訪子は気付き、弱気な考えを捨てようとする。
 とりあえず気絶させよう、と考えて全力で起き上がり、今の状況は脱出。二人とも普通に立っている状況へ戻した。ケロちゃん頑張った。
「はぁはぁ、神奈子あんたを正気に戻す為よ! 恨まないでね!」
 過去から現在にかけての不満や怒りもついでに込めて、目の前の神奈子にハイキックをかます。
「はっはっは。諏訪子、そんなに大きく足上げると下着が見えるわよ」
「わっ、わわっ!」
 神奈子の言葉に一瞬止まってしまった。そしてそれがいけなかった。
「ひゃぁ!?」
 威力の弱まった蹴りを掴まれた。
「ふっ……諏訪子、私にはあんたの攻撃も下着も手に取るように見える!」
「見切るなら攻撃だけにしてよ!」
「だって実際今、見えっぱなしだし」
 神奈子が諏訪子の蹴り上げた状態を掴んで保っているため、真正面の神奈子からは丸見えだった。
 それに気付いた諏訪子は、顔に紅葉を散らした。
「うわぁぁぁ離して神奈子ぉぉぉ!」
「いやぁ絶景よ諏訪子?」
「ふざけんなぁ!」
「ほら、そんなに怒らない。短気は損気、鈍器は便利って言うでしょう?」
「後半初耳だよ!? 確かに鈍器は便利だけど!」
「もう、そんなにケロケロ言わないで少しは落ち着きなさい」
「言ってないよ! あとこの状況下で落ち着ける分けないでしょ!?」
 諏訪子はもう惚れ薬の域を越えてるだろ、と思っていた。
 純粋に今の神奈子は怖かった。
 そして一方、神奈子の脳内では今、選択肢が浮かんでいた。

 1.ガンガンいこうぜ
 2.いろいろやろうぜ
 3.命令させろ

 の三つだ。勿論、全て性的な意味で、である。
「諏訪子、私とってもお腹減ってるのよ」
「へ、へぇ。そろそろ早苗が帰ってくるんじゃないかなぁ。あ、あはは」
「蛇は蛙を食べるべきだと思わない?」
「思わない!」
「それじゃあ、頂きます」
「人の話少しは聞けよ! あーうーもう手加減しないよ!」
 いきなり弾幕をゼロ距離で放つ。
 神奈子は直撃をくらった。が、神奈子は立っていた。割と普通に血を流しながら。超笑顔で。
「な、なんで!?」
「諏訪子、愛の前じゃあ如何なる攻撃も耐えられる。愛に敵うものは無いわ」
「この状況じゃなければそれなりに良い言葉なのに!」
「はいはい。大人しく食べられちゃいなさいな」
「あ、あーうー」



◇◇◇



「ただいま帰りました――って、あれ?」
 帰ってきた早苗が見たものは、服がズタボロであーうーと唸り眠っている諏訪子と、何故かツヤツヤしている神奈子だった。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<遊びを教えて! | ホーム | 惚れ薬騒動~鬼愛し編~>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |