絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

THE MANZAI2012感想

ハマカーンおめでとう! 超おめでとう! 2004年くらいからハマカーンのネタは見てましたが、あの頃とスタイルも変わってるし喋り方も上手くなってるしで、本当凄いなーって改めて思いました。

さて、一組ずつ簡単に個人的な感想を。


テンダラー:トップバッターでも安定の漫才。途中から去年と同じパターンになるも、去年よりも笑いが少なかったかな。去年と同じ鉄板パターンに入るまでが、少し長すぎた気がしますね。可もなく不可もなくって感じでしたねー。

ウーマンラッシュアワー:『バイトリーダー』以外のネタをやると聞いていたので楽しみにしていたのですが、見たことがあるネタだったり。なんか後半で転調するネタですが、転調するまでが長い上に転調してからも今までの全部やるので長かったり。だれるネタだったり。割と好きでしたけど。

ハマカーン:去年と同じスタイルのままだったら、勝ち目はないぞーって思っていたら新たなスタイルを確立してきた。本来ツッコミである神田さんがウザキャラ?っぽい感じで、ボケていたり。そして今までボケだった浜谷さんが、ボケ&ツッコミをしている感が。それが面白いくらいにしっくり来てて、思わずにやにやしちゃいました。大きな笑いが生まれる場面やボケもあり、完成度がとても高かったですね。2本目も同じタイプでしたが、それでも飽きが無く面白かったです。あのメンバーの中なら優勝は当然でした。

オジンオズボーン:どんなネタやるかは知ってましたが、惜しかったですね。昔とスタイルを変えて、受け入れられやすいキャラで来たけど、これは飽きが早そうなので今年優勝できなかったのは痛い。来年このままなら、来年も優勝は難しいかも。オジオズも長いこと昔のオンバトから見てたので、なんか応援したくなっちゃいますね。

トレンディエンジェル:トレンディ! インパクトは流石でしたが、ハゲネタが多かったのが引っかかったり。けど、インパクトだけかと思いきや、実はネタがしっかり構成されているので面白かったり。来年に期待。

NON STYLE:流石の一言。正直、Bブロックはノンスタ圧勝かと思ってた。安心して見れるだけじゃなく、期待以上のネタをしてくれるのは本当流石の一言。敗れた瞬間、思わず声に出して「えっ」ってなりました。きっと来年、また来てくれることを信じて楽しみにします。

磁石:応援していたのですが、ノンスタの後というのが辛かった。完成度の高い正統派漫才の後に、同じ正統派タイプの磁石は辛い。どうしてもノンスタと比べられてしまう気が。一番の山場っぽいとこである「ブスは待つ!」「出た名言」で笑いじゃなくて悲鳴の方が大きかったのが、ややつらいとこだったかしら。

千鳥:うーん……会場の笑いも少なく、正直評価されるようなネタじゃないように感じたり。私としては、今回のメンバーで一番失笑しました。というか、ツイッターとかでもTLで理解できないって言われてたりしてました。千鳥は昔やってたネタの方が面白いと思うんですけどねぇ、今みたいに変な型にハマった漫才より。審査員変えない限り、あの評価は変わらないだろうなって思いました。

スーパーマラドーナ:素晴らしい出来だったと思うんですががが。もっと評価されても良かったと思います。正統派、さらに会場ウケも上々。安定して、最初から最後まで笑いをとっていたと思います。個人的には、大好きでした。来年も期待したいですね。

アルコ&ピース:変化球タイプだとは知っていましたが、今回は魔球レベルだった気がしますwwもうなんでしょうね、あの空気。空気作りが半端なく上手いのと、もう明らかにコントだけど腹抱えて笑えてしまったり。もし今大会がネタ2本じゃなく、1本勝負だったら、優勝もあったかもしれませんね。1本目の完成度が高すぎて、2本目の同じタイプのネタがやや空回りましたね。こういうタイプが一組くらいいても良いなって、思いました。

笑い飯:なんというか、勝負云々よりも本人たちが楽しんでる感がしたり。負けた後のコメントとか、面白かったです。ネタ内容は平凡なときの笑い飯って感じでしたね。爆発力に欠ける、普通のダブルボケ。

エルシャラカーニ(ワイルドカード):去年同様、あまり変わらない感じのネタ。上手くなっていたように感じたけど、それでもやっぱりあまり成長していないんじゃないかなって感は否めなかったり。


全部通して、前回同様良い大会だったなと。M-1のときより、良い感じの大会になってますね。面白かったです。




日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<胸を張って | ホーム | ばか>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |