絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

コスプレノート

創想話投稿作品『コスプレノート』
フランが起こすギャグメインのお話。
結構突っ走った作品で、ネタ自体は温めていたネタ。楽しく書けたから、個人的には満足した作品。






「パチュリー……ってあれ?」

 フランドールがパチュリーの自室を訪ねると、珍しくパチュリーの姿はそこには無かった。

「珍しいなぁ……図書館にも居なかったのに。あれ、なんだろこれ?」

 パチュリーの机の上に真っ黒なノートが1冊。
 表紙には――

『COS NOTE』

 と書かれていた。

「何だろ?」

 フランドールが表紙を捲ると、まず最初にノートの説明が書いてあった。


1.このノートに名前と服の名称・設定を書くと、名前を書かれた人物の服装が、強制的に設定した服に変わる。名前はフルネームじゃなくても可能。

2.服や時刻設定を書かずに、名前だけ書いた場合は、名前を書かれた人物が15秒後に全裸になる。

3.服が変わる時刻を、名前を書き入れた後の15秒以内に書かない場合は、15秒後に設定した服に変わる。



「パチュリーもこういう遊び心あるんだ……」

 フランドールはこのノートを全く信じていなかった。
 しかし、丁度目の前にペンがあったから、遊び心で誰かの名前を書いてみることにした。

「う~ん、誰書こうかな~そうだ! 魔理沙にしよう」

 適当に思い浮かんだ人物が魔理沙だった為、魔理沙の名前をノートに書き入れた。

『霧雨魔理沙、メイド服』

「時刻設定は面倒だから良いよね。どうせ遊びだし」



 ――その頃、某森の某家では。


「なぁ、アリス」

「何よ? というか平然と当たり前のように私の秘蔵の紅茶を飲むな!」

「良いじゃないか、私とアリスの仲だろ?」

「どんな仲よ……」

「犬猿の仲」

「物凄く相性最悪ね!」

「じゃあ『堅い氷』と書いてあずきバーと読む仲、『魚』に『青』と書いて鯖と読む仲」

「ああぁぁぁ意味分かんないわよ!」

「まぁそうラリラリするなよ」

「カリカリしてんのよ! ラリラリってどんな状態よ!」

「とりあえず落ち着けよアリス。アリスから『冷静さ』を奪ったらただの平凡以下魔法使いだぜ?」

「誰が平凡以下魔法使いよ!」

「安心しろ。平凡以下でもこの強い魔理沙様が守ってやるから。いや、別にアリスを傷付けるやつを許さないなんて思って無いぜ。出来ればちゃんと仲良くなりたいとか全然思って無いぜ?」

「何突然意味分かんないことを――って魔理沙!?」

「あー? どうした」

「服…………何でメイド服?」

「は?」

 自分の服装を見る魔理沙。すると、着ている服がメイド服に変わっていた。
 可愛いらしいが、普段の魔理沙からは想像すら出来ない格好だった。
 アリスは思わず笑いを堪える。それに気付いた魔理沙は、羞恥に顔が染まってゆく。

「笑うなぁ!」

「ま、まだ笑ってないわよ……あはははは!」

「笑ってんじゃんか!」

「あはははは。可愛いじゃない魔理沙、っく……」

「~~っ! 誰だぁこんなことした奴は!?」

 魔理沙の怒りや恥ずかしさやらを込めた叫び声が、森中に響いたそうな。





「う~ん、他に誰の名前書こっかな~」

 フランドールはパチュリーが中々帰って来ない為、もう一人書いて時間を潰そうと考えた。

「霊夢にしよう! いつも巫女服な霊夢に何を着せようかな~」

 効果など塵一つも信じてはいないが、実際にその服を着ている場面を想像して楽しんでいた。

「う~ん、服が思い付かない……」

 世間に疎いフランドールでは、服といわれても数える程度しか知らなかった。
 そして――

『博麗霊夢』

 だけ書いた状態から、15秒が経ってしまった。

「あー思い付かなかったや。ま、いいか」





 ――その頃、某神社では。


「取材に来ました――ってあれ?」

 文が見たものは、いつも縁側で座ってお茶を飲んでいる霊夢が、珍しく、眠っている姿だった。
 心地良い春の陽射しに負けたのだろう。眠っている霊夢の横には、飲み欠けのお茶が入った湯飲みが置いてあった。

「ふむふむ。これはこれで予想外の収穫ですね」

 文はカメラを構えて写真を撮る。
 穏やかに眠っている霊夢は、起きる気配が無い。
 その間に、さらに数枚撮る。

「しかし、ここまで大人しく眠っていると悪戯したくなりますね」

 そんなことを呟きながら写真を撮り続けていると――

「な!? なななななななななNANA!?」

 突然、文の目の前で眠っている霊夢の巫女服が消えた。いや、巫女服だけならまだしも、下着まで消えた。つまり全裸。生まれたままの状態の霊夢。
 文は驚きのあまりに大声を上げた。勿論、カメラで写真を撮りまくりながら。

「うぅん……」

 大声に反応して、霊夢の目が次第に覚めてゆく。

「あれ、文来てたんだ?」

「あ、あはは。わ、私はもう帰りますから!」

「あら、そう――って?」

 そこで、霊夢は気付いた。
 目の前には顔が赤い文。そして、文の右手にあるカメラ。なにより、自分が何も着ていないことに、気付いた。

「待ちなさい文」

「な、何でしょうか? 私早く帰らないと、明日英単語テストあるんです。勉強しなくちゃいけないんです。Nudeの意味がどうしても覚えられないんで帰ります」

「Nudeの意味、覚えさせてあげるわ」

「遠慮します」

「もうっ、遠慮なんかしないで。私の全てを写真に収めたくせに」

 文は、何故か一歩が踏み出せなかった。後ろから感じる、鬼を越える気迫、風見幽香以上の殺気のせいである。

「あの、一応言っておきますが……」

「なにかしら?」

「霊夢さんが全裸なのは、私のせいじゃありませんよ?」

「へぇ~じゃあ私が寝ぼけて下着まで脱いだって言うのね?」

「いえ、一瞬で全てが、霊夢さんを包んでいた布全てが消えたんです!」

「はいはい~言い訳は24時間耐久くすぐりした後に聞いてあげるわ」

「それもはや拷問の域ですよ!?」

 文は別に嘘は吐いていなかった。ただ、この状況であんな理由を言っても、信じてもらえる可能性が無かっただけ。
 そしてこの後、24時間耐久くすぐり地獄が文を待っている。

「とりあえず先に服を着た方がよろしいかと思います。あ、別にその間に逃げようなんて考えてませんよ? 写真を現像しに行こうなんて考えてませんよ?」

「さあ、文。じっくりじわじわとしてあげるからね」

「うぅ……動物虐待だぁ!」

 楽しそうな霊夢の声とは真逆に、嘆きの声を発した文だった。





「う~ん、パチュリーまだ帰って来ないなぁ」

 フランドールは、とりあえずもう一人くらい書いて遊ぶことにした。

「ん~そうだ! 咲夜にしよう。いつもメイド服だからたまには違うのを……」

『十六夜咲夜』

「うにゅ~服……何があるかなぁ」

 うにゅうにゅ悩むフランドール。しかし、今回は直ぐに思い浮かんだ。

「巫女服にしよう!」

『十六夜咲夜、巫女服(腋露出版)』

「でも咲夜の巫女服姿……全く想像つかないなぁ」





 ――その頃、某館の門前では。



「美鈴、ちゃんと仕事してる?」

「あ、しゃくやさん」

「今噛んだわね?」

「うぅー」

 噛んだことが恥ずかしかったらしく、それにツッコミを入れた咲夜を恨めしそうに睨む。

「どうせ寝起きだから噛んだんでしょ?」

「いえいえ、寝てませんよ?」

「どんな内容の夢だったの?」

「なんかよく分からないですけど、私がひたすらヒャダインって叫んで右脚が凍傷になる夢でした」

「ほら、やっぱり寝てたんじゃない」

 グーで軽く美鈴の額を小突く。

「あうっ! 酷いですよ! 誘導尋問なんて!」

「引っ掛かるのは貴女くらいよ?」

「なうぅー意地悪ですよ……」

 再び恨めしそうに睨む。咲夜は勿論、涼しい顔で美鈴の視線を軽く流す。――が、

「さ、咲夜しゃん!?」

「また噛んだわね」

「そ、そそそそんなことよりその格好は何ですか? 時を止めて着替えたんですか?」

「私の格好が何なのよ――って何これ!?」

 咲夜は自分の姿を見る。
 普段見慣れた、そして着慣れたメイド服では無く、巫女服が自分の体を包んでいたのだ。しかも、非常に霊夢の巫女服に近くて、腋出し版だ。地味に寒かった。
 美鈴は驚きのあまり口を開けたまま。
 咲夜は、メイド服以外を着ることが少ない。そのせいか他の服に耐性が無く、妙な気恥ずかしさを感じてしまう。それも、こんな巫女服なら尚更だ。

「あぁうぅ……?」

 咲夜は顔に紅葉を散らす。
 美鈴はやっと正気に戻る。そして、恥ずかしくて困っている咲夜が視界に入る。
 美鈴は思った。フォローしてあげないと、と。

「咲夜さん」

「な、なに?」

「巫女は良いねぇ、巫女は心を潤してくれます。和の生み出した文化の極みですよ」

「~~っ! 美鈴の馬鹿ぁ!」

 美鈴の一言はどうやらフォローにはならなかったようだ。咲夜は涙目で館内の自室へ走っていった。

「何がいけなかったんだろう。あれは最高の褒め言葉のつもりだったのに……」

 美鈴は一人疑問を抱いたまま、門前で突っ立っていた。





「うにゅ~もういいや」

 フランドールは、もうパチュリーを待つのを止めることにした。

「あ、勝手にノート書き込んだの謝っておこう。でも今はパチュリーいないから書き置きにしてこーっと」

 フランドールはノートに書き込んだ。

『パチュリー、ノート勝手に書き込んじゃってごめんなさい。byフランドール』

「よし! お姉様に遊んでもらおうかな」

 フランドールは部屋を出た。
 15秒後、廊下を歩いていたフランドールと、本回収の為に魔理沙の家へ向かっていたパチュリーが、全裸になったそうな。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アカネノソラ | ホーム | 憧れ、尊敬、大好き>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |