絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ひま、あそび、甘えよう

プチ投稿作品。
パチュリーとフランのお話。
ギャグ徹底しようと思ったのに、いつのまにか途中でジャンルが変わってしまったという作品。





「ひーまー!」
「妹様、ライブラリーでは静かにして」
「だって、暇なんだもん」

 フランドールは木製の椅子に腰掛け、足をぷらぷらさせている。
 少し、頬を膨らませていたりなど、行動が幼いことがうかがえる。
 パチュリーは溜め息を吐く。

「ならレミィに遊んでもらえば良いじゃない。レミィがこの前、妹様と朝までジョグレス進化したいって言ってたわよ」
「多分私のしたいタイプの遊びじゃないから嫌」
「わがままねぇ。大体さっきまで読んでた文庫本はどうしたの?」
「んー? これ?」

 机の上に置かれた文庫本に手を伸ばす。座ったまま取ろうとするが、届きそうで中々届かない。バランスを崩し倒れそうになる。

「危ないわよ」
「あ、ありがとうパチュリー」

 斜めになり、倒れかけた椅子をパチュリーが支えてくれた。

「いえ、お礼を言われることはしてないわ」
「え?」

 フランドールがパチュリーを見ると、パチュリーはめっさ笑顔だった。
 嫌な汗が、背中を伝う。

「一度安心させておいて次の瞬間、それを裏切ってみるわ」
「う……わわっ!? うにゅ!」

 支えていた手を離す。
 それにより、フランドールは椅子ごと崩れ落ちた。
 衝撃でスカートが捲れ上がっていたりと、いろいろ危なかっしいポーズだ。

「パチュリー酷い!」
「妹様、まさか……そんな」
「え?」
「何も下に穿いてないなんて……」
「なっ!? ちゃんと穿いてるよ! ドロワーズ穿いてるよ! ほら、見て!」
「あら、自分から下着を見せつけるなんて、妹様意外にえっちね」
「あぁもう! なんなのよ!」

 わざとらしく恥ずかしそうに言うパチュリーを、壊してやりたくて仕方無いと思うフランドール。

「まぁこんなつまらない冗談は置いといて」
「どこからどこまでが冗談だったのか分からないよ」
「妹様、暇なら趣味を作るのはどうかしら?」
「え、趣味?」

 意外にもまともな意見に、少しキョトンとする。
 フランドールは考える。今まで確かに趣味らしきものは特に無かった、と。

「でも、どうすればいいのかなぁ」
「好きなものを趣味にすればいいのよ。例えば私なら読書、小悪魔なら日記、レミィなら暇潰し、咲夜なら日記、美鈴なら日記とか」
「日記率高いね!?」
「まぁ良いじゃない。妹様も日記つけてみる?」

 うみゅ、と悩むフランドール。
 館からあまり出られないフランドールにとって、日々を綴ることが楽しいか、いや、さほど楽しくは無いだろう。

「う~ん、日記は嫌」
「そう。なら他に……そうだ妹様、小説を書いてみたら?」
「うにゃ? 小説?」
「そ、案外楽しいかもしれないわよ」
「でもアイディアが浮かばないし……」
「適当で良いのよ。例えば『レミィの奇妙な冒険』とか『レミィの美味しいレストランンンッ!』とか『魔法先生魔理沙!』とか」
「ちなみにパチュリーは書いたりしてるの?」
「私? 秘密よ」

 本で顔を隠しながら、パチュリーはそう言った。
 小説、たった二文字の単語だが、非常に重苦しくフランドールは感じた。

「う~ん、私には似合いそうに無いよ」
「なら絵本は?」
「絵本かぁ……」
「いろいろあるじゃない。『傘血像』とか『桃色太郎』とか『妬まし太郎』とか『ミスティアの恩返し』とか」
「私には根本的に書くってこと自体が似合わない気がするよ」

 フランドールは自分が小説を書いていたり、絵本を作っている姿が想像出来なかった。
 ふむ、とパチュリーは顎に手をやり、考える。

「やっぱりレミィとジョグレスするのが妹様にとって一番楽し――」
「違うから!」
「まだ話してる途中だったのに……」

 むきゅう、となるパチュリー。

「まぁ無理に趣味を作る必要も無いけど」
「パチュリーが言ったんじゃん」
「あくまでも勧めただけで、強制的に作れとは言ってないわ。妹様、今凄く悩んでるじゃない? そんな悩んでまで作れとは言わないわ」
「でも、暇だし……」
「暇ならいつでも相手してあげる。レミィだって、美鈴だって、咲夜だって、小悪魔だって、みんな相手してくれるわ。それじゃあ駄目かしら?」

 滅多に見せない笑顔で、そう言うパチュリー。
 なんとなく、目を逸らし俯いてしまう。

「駄目じゃあないけど……それじゃあみんなに迷惑がかかるじゃん」
「あら、迷惑だと思ってたら少なくとも私は、図書館から追い出して結界を張るなりしてるわよ。レミィだって迷惑なら問答無用で地下に幽閉したりするでしょう」
「……うにゃ」

 ポンと頭に手を置かれる。

「むぅ~子ども扱いしないでよ。パチュリーより年上で大人なんだからぁ」
「そう、それは失礼したわね」

 軽くクスッと笑って、手をどける。
 フランドールは、ずれた帽子をギュッと押さえる。

「さぁ、行ってらっしゃい」
「え?」
「レミィのトコ。なんだかんだで、レミィは楽しく遊んでくれると思うわ」
「パチュリーは遊んでくれないの?」
「私よりレミィと遊んだ方が妹様は楽しくなれるというだけよ。せっかく今日はレミィが居るのだから、遊んでもらって来なさい」

 レミリアは最近外出していることが多い。咲夜を連れて、神社へ行っているのだろう。
 だから、パチュリーは今日は遊んでもらえば良いと言う。
 最近、あまりフランドールとレミリアが会話を交わすとこすらない。

「私、パチュリーと話してるのも楽しいよ?」
「ありがとう妹様。けどね、レミィはたった一人の姉でしょう。ちゃんと甘えられる人には甘えた方が良いわよ」
「ぅ……」
「お姉様大好き~ちゅっちゅはみはみ、とかいつも妹様が言ってるように言えばレミィ喜ぶわよ」
「そんなこと言ってないよ!?」
「それに、そろそろちょうどレミィが起きる頃」
「え?」
「ちゃんと捕まえておかないと、神社に行っちゃうかもしれないわね」
「ぅみゅ……」

 神社へ行ったなら、大体夜になる前くらいまで帰って来ない。
 しかも、帰って来たら来たで、すぐ眠ってしまったりする。

「さぁ、行ってらっしゃい。私なら比較的いつでもここに居るけど、レミィは自由人だから分からないわよ」
「う……うん!」

 フランドールは立ち上がる。

「ありがとうパチュリー!」

 そう言って、図書館から出て行った。
 ふぅ、と溜め息を吐くパチュリー。

「レミィも妹様も、世話がやけるわ」
「パチュリー様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
「きゃっ!?」

 突然、背後から小悪魔に勢いよく抱き付かれ、思わず可愛らしい声を上げてしまう。

「な、何よ小悪魔!」
「いや、さっきパチュリー様がフランドール様に『甘えられる人には甘えた方が良い』って言ってましたから、私はパチュリー様に甘えようかなと」
「……ロイヤルフレアと賢者の石、どっちが良いかしら?」
「ちょ!? パチュリー様!?」
「……はぁ」

 溜め息を吐き、小悪魔の腕の中を移動して、正面を向く。
 そして、小悪魔の頭に手を置き、髪を指先で優しく梳く。

「え、ちょ、パチュリー様!?」
「たまには貴女を労ってあげよかな、なんて思った」

 小悪魔はくすぐったいのか、少し身をよじった。

「パチュリー様、嬉しいのですが理性がもちそうにありません」
「……あんまり調子に乗るようなら、葬り去ってあげようかしら」
「あー、でも今なら葬り去られても幸せのまま消え去れそうです」
「……バカ」
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<曜日感覚が失われてきた | ホーム | わは~>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |