絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

○○ノート

プチ投稿作品。
『コスプレノート』を書く過程で没になったアイディアを少し改善したもの。





――1――



「出来たわ妹様!」

「何が?」

「ブスノートよ!」

「何そのノート?」

「名前を書かれた人物の顔偏差値が下がる悪魔のノートよ!」

「……」

 無言でノートを奪い、パチュリー・ノーレッジと書くフランドール。

「ちょ、妹様!?」

「制裁だよ」

 パチュリーがこの日から、より図書館を出なくなったそうな。



――2――


「妹様、遂に出来たわ!」

「今度は何さ?」

「アハノートよ!」

「何そのノート?」

「名前を書かれた人物はアハアハ状態になるのよ!」

「アハ?」

「具体的には涎垂らしながら上半身裸で走るような状態」

「ヤバイよそれ!?」

 キュッとしてドカーン。



――3――



「妹様、遂に出来たわ!」

「……何が?」

「ハブノートよ!」

「ハブノート?」

「名前を書かれた人物はみんなからハブられるというノート」

「悪質な苛めじゃん!」

 キュッとしてドカーン。パチュリーを。
 ※この後スタッフが賢者の石を使ってパチュリーさんを無事、元に戻しました。



――4――



「妹様、遂に出来たわ!」

「……一応訊くよ、何ができたの?」

「子ども!」

「ウソォ!?」

「嘘」

「ですよねー」

「ねー」

 ※この後、レミリアさんが美味しくフランドールさんをいただきました。



――5――



「妹様、遂に出来たわ!」

「しつこいなぁ」

「キスノートよ!」

「犯罪っぽいね」

「名前を書かれた人物は書いた人物にキスしてしまうノート!」

「ふ~ん」

「あ、信じてないわね?」

「いや、さすがに信じられないよ」

「じゃあ見せてあげるわ。小悪魔~」

「はい。なんですかパチュリー様?」

「このノートに誰でもいいから他人の名前を書きなさい」

「はぁ? 分かりました」

 何も知らない小悪魔は、誰の名前を書くか迷っている。

「誰でもいいから書きなさい」

「う~ん、じゃあ美鈴さんを」

 紅美鈴と書く。すると……図書館の扉を壊して美鈴が入ってきた。

「え!? 何ですかこれ!?」

「小悪魔、夢のワンダーランドへ行ってらっしゃい」

「小悪魔どんまい」

 パチュリーは笑顔で、フランドールは苦笑いを浮かべて言った。

「え!? 何がですか!?」

「小悪魔さん」

 美鈴が小悪魔を抱き締めた。突然のことに対処できない小悪魔。

「な!? 美鈴さん!?」

「大丈夫です。優しくしますから」

 逃がさないようにがっちりと小悪魔の腰に左腕を回し、右手は小悪魔の頬に添えるだけ。

「ふぁっ!?」

 そして小悪魔は唇を塞がれた。美鈴の唇によって。
 最初は重ねるだけだった子どものような口付けから、徐々に深い口付けに変わっていく。

「んっ!?」

「うわぁ……」

「ね? 本当にキスノートでしょう?」

 フランドールは顔を真っ赤にしてそれを見ていた。
 パチュリーは自分の言ってたことが本当だったと主張。
 小悪魔は抵抗もできないまま、その後も美鈴に1時間以上絡めとられたり舐め回されたりしている。

「ねぇ、パチュリー」

「なに妹様?」

「あれ、いつになったら効果消えるの?」

「……さぁ?」

「じゃあ小悪魔どうなるのさ!?」

「美鈴と結ばれる運命なんじゃない?」

 ※その後、フランドールがキスノートをドカーンして、美鈴はちゃんと元に戻りました。
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『暴風と太陽と涼月と』感想 | ホーム | パチュラブ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |