絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

秋雨の日に

R-12くらい?
あやれいむでちょっと勢い。



「少し雨宿りさせてください」

 そう言って、文が博麗神社へやってきたのが十数分前。
 秋の空は、まだお昼だと言うのに暗く沈み、ざぁざぁと大粒の雨が地面を叩きつけていた。
 いつもなら帰れと追い返すところだが、流石の霊夢も文のびしょ濡れの姿を見て、そんなことは言えなかった。
 とりあえずはタオルを渡し、急いで霊夢は替えの服(巫女服スペア)を持って、居間へと戻る。するとそこには雨に打たれて疲れたのか、横になって眠っている文の姿があった。

「ちょっと、畳が濡れちゃうじゃない」

 風邪引くわよ。と言いたかったのだが、素直じゃないせいか、口から出た言葉はいつもと同じような文句だった。
 しかし、霊夢の声は眠っている文に届くことはない。
 仰向けに眠っている文は、穏やかな寝息を立てている。すぅすぅと、呼吸のたびに胸がゆっくり上下する。
 びしょびしょに濡れてしまっている服は、文の体のラインをハッキリと映し出していた。霊夢よりも大きい胸や、腰のラインが、嫌でも目についた。
タオルで拭いたといっても、その程度では限界がある。濡れた髪は普段と違って、どこか大人の艶っぽさを感じさせる。霊夢は思わず、手を伸ばして触れてしまいそうになるが、その寸前でハッと我に帰り、慌ててその手を引っ込めた。
 なんとかして文から意識を逸らそうと、視線をゆっくりずらすと、卓袱台の上にある物を発見した。

「これ……文の持ってる手帳。確か、文花帖って言ってたかしらね」

 いつも文が肌身離さず持っている、文花帖。
 文自身はびしょ濡れなのに、この文花帖はほとんど濡れていなかった。おそらく、文がこれは濡らしたくないと守ったのだろう。
 霊夢は文花帖を手に取り、何気なく開く。そこには、意外にも少し丸っこくて可愛らしい字がびっしりと書かれていた。それは殴り書きだったり、綺麗に纏めてあったりなど、ページによって様々だった。
 何を意味して書かれているのかは、霊夢には詳しく分かるわけもなかった。だが、文の新聞に対する想いは、ひしひしと伝わってきた。

「たまに、こういう真面目というかなんというか……ちょっぴり格好良いのよね」

 ぽつり、そう呟いた言葉は、雨音に消えた。
 今の発言を誰かに聞かれていたら、少し恥ずかしかったかもしれない。霊夢はそんなことを思った。
 再び、ページを捲る。すると、そこには「博麗霊夢」の文字があった。

「えっ? 私って、一体どういう――」
「はい、そこまでです」
「うわっ!? あ、文!」

 持っていた文花帖を、後ろからひょいと奪われた。
 いつの間に起きたのか、文は大きなため息を零しながら、霊夢の方へと向いていた。

「まったく……人が寝ている間に手帳を覗くなんて、美しくないですねぇ」
「な、何よ? 人に見られて困ることでも書いてあるの?」
「はい」

 即答だった。

「とても困ります。特に、あなたに見られたくないことはたくさんあります」
「……さっき、私の名前が書かれたページがあったんだけど、何を書いてるのよ?」
「あやややや、危ないところでした。そのページは絶対にあなたには見られたくないので」

 笑顔でそういう文だが、その笑顔には「これ以上追及してくるな」という圧力が感じられた。
 だが、霊夢としては自分の何が、どんな風に書かれているのか気になってしまう。
 それに、追求するなと言われたら、したくなってしまうのが人の性。

「見せなさいよっ!」
「霊夢さんには見せませーん」

 文の手にある文花帖へと飛びかかるが、ひらりとかわされる。
 もう一度、突撃。そしてまた、かわされる。

「ととっ、あっ!?」

 霊夢はそのまま勢い余って、畳にこけてしまった。
 慌てて起き上がろうとするが――

「そんなに、知りたいですか?」

 文にその動きを、制されてしまった。
 中途半端に起き上がろうとした体勢のまま、霊夢は動けない。右の手首に、文の手が絡まる。力を込めず、けれども動きは許さないと言った圧力をかけるように。雨に濡れたせいか、文の手は少し冷たかった。
 視線を上げると、文の瞳。何を考えているのか、霊夢には読み取れなかった。

「……何よ?」
「知りたいですか、と訊いてるだけですよ?」
「何よ、見せてくれるの? 急に素直じゃない」
「どうしても見たいと言うのなら、見せてあげますよ? ただし――」
「きゃっ!」

 突然、腕を引っ張られる。
 そして、刹那の出来事。瞬きをするだけの間に、霊夢は畳に完全に押し倒されていた。背中に感じる畳の感触。視界に入るのは天井と文の笑顔。それらが今の状況を霊夢に理解させた。

「ただし、実際に行動で、ですけどね。文花帖の、霊夢さんがチラッと見たっていうページ、何書かれていたと思います?」
「し、知らないわよ」
「私が霊夢さんにしたいこと、霊夢さんへの気持ち、それらが書いてあったとしたら、どうします?」
「はぁ!? な、何言って――っ!」

 霊夢は抗議の声を上げようとしたが、出来なかった。
 声を発するための唇は、文の唇で塞がれたから。冷たい、怖い、柔らかい、心地良い。負と正の感情が、霊夢の頭の中をぐるぐると駆け回る。突然のことに、対処しきれないようだ。
 停止してしまって抵抗がないことを良いことに、文は次のステップへと進もうとしていた。
 少しだけ、重ねた唇から舌を出し、霊夢の唇を軽くノックする。そのぬるりとした感触に、霊夢がぴくりと体を震わせた。
文の濡れている髪から、雫が零れた。その一滴は、霊夢の頬を濡らした。
 舌は唇をなぞり、ゆっくりとゆっくりとだが、確実に霊夢の緊張を解して、侵入を試みている。
 ここで霊夢は、やっと我に帰り、抵抗しようと文の両肩に手を突き出す。だが、それは霊夢自身も驚くほどに弱々しく、文の行動を制するほどには至らない。
 しかし、ここで文はあえて自分から唇を離した。

「嫌ですか?」

 頬を赤く染めた霊夢をジッと見つめ、そう言った。
 その文の瞳には、優しさや不安、いろんな感情が混じっているように見えた。

「もし本当に嫌だったら、言ってください。私を博麗の巫女に害するものと判断し、本当の意味で退治してくださって構いません」
「……文?」
「これでも、私だって怖いんですよ? あなたに嫌われてしまうんじゃないかって。嫌われるなら、退治された方がまだマシです。だから、本当に嫌なら――って、痛っ!?」

 文の額に、霊夢が軽くでこぴん。
 霊夢は少しだけ、ぶすっとした表情。

「ばーか……あんたがそんな不安そうな顔してちゃ、私だって不安になっちゃうじゃない」
「……霊夢さん」
「それに、その、本気で嫌だったら今頃あんたはこの世にいないわよ。押し倒してキスされた時点で、私はあんたをボコボコにしてるはず……多分」
「それって、私のこと――」

 文が言葉を紡ぐよりも先に、霊夢の行動が早かった。
 上半身を起き上がらせ、柔らかい口付け。
 唇を重ね合うだけの、子どものようなキス。それはさっきよりも、少し温かかった。
 文は大きく目を開き驚いた顔。
 すると霊夢は、ゆっくり顔を引いた。

「さっきのお返しよ、ばーか」
「――っ!?」

 悪戯に成功した子どものような笑顔に、少し照れくささが混じっていた。
 そんな霊夢の表情に、文は思わず顔を逸らしてしまった。かぁっと、顔が熱くなるのが自分でも分かったからだ。それほどまでに、霊夢が魅力的に見えたのだ。このまま、押し倒してしまいたい衝動に駆られる。

「霊夢さん、良いですか?」
「あんたになら、良いかもね。いや、あんたじゃなきゃ、ダメなのかもね」

 外ではまだ、雨が酷い。
 雨音だけが聞こえるこの部屋で、それとは別に、二人はとくんとくんと高鳴る鼓動が聞こえてるような気がした。
 ゆっくりと押し倒される霊夢。
 それに覆い被さるように、文が動く。
 耳、首筋、鎖骨とゆっくり下がるように、文は唇を落とす。

「んっ……」

 それは触れるだけだったり、ちゅぅっと吸いついたり、様々だった。
 触れるだけのときは、くすぐったいのかもぞもぞと動いた。強く吸いついたときは、文の背に手を回し、きゅうっとしがみついて刺激に耐えているようだった。

「霊夢さん、やっぱり小さいですね」
「っ!? う、うるさいわねっ!」
「でも、私は好きですよ?」

 さっきの文とは対照的に、今度は霊夢がかぁっと顔に熱を持つ番だった。
 そして、巫女服の上からまだ未成熟の胸を触られる。小振りではあるが、そこは文の手の動き一つ一つにしっかりと反応し、ふにゅりと心地良い柔らかさを返してくれた。霊夢は心地良さよりも、羞恥心の方が強く、顔を真っ赤にしたまま体をぷるぷると震わせている。
 そんな霊夢の様子が可愛く思えて、文はさらに――




やあ(∵)ようこそあとがきハウスへ。
このあやれいむは1時間とちょっとで書いた勢いのものだからまず読んで落ち着いて欲しい。
うん、勢いだけなんだ。済まない。
四季映姫様の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
でもこのSSを見たとき、君はきっと言葉では言い表せない『どきどき』みたいなものを感じてくれたと思う。世知辛い世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、このSSを書いたわけなんじゃよ。じゃあ、ラストオーダーを聞こうか。





小ネタ・未投稿SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<モノクロンド・ソナタ+拍手レス | ホーム | あやれいむ会終了>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |