絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

厄神様ドットこむ

プチ投稿作品。雛とパルスィで一応微ギャグ(コメントではギャグでしょうと言われましたが)
突っ走ってそうで微妙にブレーキがかかっている作品です。





「さぁ、始まりました。厄神様ドットこむ」

 雛が笑顔で喋り出す。

「メインパーソナリティーは毎度お馴染み私、鍵山雛がお送りします。そして、今日のゲストはこちら。水橋パルスィさんです」
「え? ちょ、何ここ? ていうかあんた誰?」
「鍵山雛、厄神よ。このラジオは毎回ゲストに『厄まみれの残念な子』を無理矢理迎えるの」
「は?」
「良かったわね、パルスィ。あなたゲストに選ばれたのよ」
「何その嬉しくないゲスト!? というか気安く名前を呼ぶな!」
「あら、じゃあ水橋パルスィ略してパィで良いかしら?」
「……パルスィでいい」
「そう。それでは今日も楽しく生きましょう」
「字が違う!?」

 『厄神様ドットこむ』は、妖怪の山(株)、お値段微妙にとり(有)、さとり探偵事務所栄養食品(悟)、隙間運搬(21)、慧音の寺小屋(先生)の提供でお送りします。



「では、最初からメインコーナー。厄おたのコーナー!」
「厄おた?」
「皆さんの周りに起きた、『これは厄がついている。不幸な出来事』をたくさん送って貰い、私が厄を吸収するコーナーです」
「ふーん……妬ましいわね」
「何が?」
「そんなに楽しそうに進行していくあんたが、妬ましいわ」
「仕事だもの」

 時間が止まったかのように、無言になった。

「え? いいの、それ言っちゃって?」
「何が?」
「いや、今仕事だからだとか……」
「最初のお便りです」
「流された!?」

 葉書を一枚、取り出す雛はとっても笑顔。
 対するパルスィはうんざりしている。

「ラジオネーム『赤巫女』さんからいただきました。ありがとう」
「葉書送ってくるやついるのね」

『この前、小指の角にタンスをぶつけてしまいました』

「文章いろいろおかしくない?」
「言葉を勉強してからもう一度送ってね。続いてのお便り」
「え!? そんなんで終わり!?」
「ラジオネーム『スカスカレット(姉)』さんからいただきました」

『妹に大嫌いと言われました。妹に可愛い可愛い言い続けていたら、顔を赤くして大嫌いと言われて抱き付かれました』

「妬ましい」
「それ私の台詞!? でも、これは惚気ね。妬ましい」
「うるさい静かにして。ラジオなんだから」
「ゲストなのに何この扱い!? ラジオだからこそ喋らなきゃいけないんじゃないの!?」
「まぁまぁ、そうパルパルしないで」
「今は妬ましいなんて言ってないわよ!」
「続いてのお便り」
「無視するな!」
「ラジオネーム『小さな悪魔』さんからいただきました。いつもありがとう」
「常連なのね」

『最近、パチュリー様との会話が減ってしまってます。私が紅茶を入れても気付いてさえくれません。結局、数時間後に一口も減っていない紅茶を私は静かに後片付けします。その際にも気付いてくれません。寂しいです』

「うわぁ……本当に不幸ね」
「小さい悪魔さん、今日も厄を回収させてもらうわ。あなたに幸せが訪れることを願うわね」

 目を閉じて、静かにそう言う雛は、優しくて、綺麗で、先ほどまでのふざけた態度とは違っていた。
 思わず、パルスィはその姿に見とれる。

「あんたの真面目な姿、妬ましいわね」
「ん? そうかしら?」
「ええ、妬ましいわ」
「う~ん、そういうの自分じゃ分からないわ」

 少し困ったような笑みを浮かべながら、頬を人指し指でかく雛は、どこか可愛らしかった。
 その仕草さえも、パルスィは妬ましく思う。

「続いてのお便り――と思いましたが、時間のようね」
「早いわね」
「十分番組だからね。もう少しやりたかった?」
「そんなわけないでしょう」

 なんとなく、二人同時にクスッと笑った。

「では今日のゲスト、水橋パルスィさん、感想を」
「え?」
「番組感想」
「いや、特に……まぁあんたが真面目になった時は妬ましく思ったわ」
「そう。あと一つ言いたいのだけど」
「ん?」

 雛は、パルスィの唇に人指し指を当てながら、

「私は『あんた』じゃなくて『雛』よ」

 少し頬を膨らませて言った。

「え、と……」
「雛」
「う……」
「ひーなっ!」
「あぁ分かったわよ! 雛!」

 それを聞いた雛は、満足そうな笑みを浮かべた。
 今日初めて見る雛の笑顔に、パルスィは少しドキッとする。

「それでよし! それじゃあ来週のゲストは水橋パルスィさんです!」
「は?」
「ゲストは毎回『一番厄まみれの可哀相すぎてむしろ笑える子』だから」
「ゲスト条件変わってんじゃない!」
「ほら、バリバリ君でも食べて落ち着きなさいよ」

 人気アイス、バリバリ君。製作会社チルチルチルノ。

「いらないわよ!」
「はい、それじゃあまた来週! 不幸なお便りは厄神様ドットこむまで!」
「だから無視するなぁ!」







 プロデューサー:射命丸文
 ディレクター:パチュリー・ノーレッジ
 アシスタントディレクター:チルノ
 おやつ:梅干し
 スペシャルサンクス:鍵山雛
 メインパーソナリティー:鍵山雛
 脚本:河城にとり
 音響:河城にとりん
 構成:フランドール・スカーレット
 葉書投稿者:レミリアちゃん、小悪魔ちゃん、REIMU
 ゲスト:水橋パルスィ
 来週のゲスト:水橋パルスィ
 再来週のゲスト:水橋パルスィ
 来月からのレギュラー:水橋パルスィ
 水橋パルスィ:水橋パルスィ
東方SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<寝言 | ホーム | あうあう>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |