絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ラバート~おまけ~

未来と静香のみらしず。
『ラバート』シリーズの後日談のようなもの。蛇足的おまけ。です。
続きを読む
アイマス小ネタ+SS | コメント:0 | トラックバック:0 |

ミリオンライブ3rd幕張公演ツアー最終日LV行ってきました!

泣くしかない。

最後の出演者は
山崎はるか (春日未来役)、田所あずさ (最上静香役)、Machico (伊吹翼役)、
麻倉もも (箱崎星梨花役)、雨宮天 (北沢志保役)、伊藤美来 (七尾百合子役)、
諏訪彩花 (徳川まつり役)、夏川椎菜 (望月杏奈役)、藤井ゆきよ (所恵美役)、
渡部優衣 (横山奈緒役)、上田麗奈 (高坂海美役)、大関英里 (佐竹美奈子役)、
木戸衣吹 (矢吹可奈役)、駒形友梨 (高山紗代子役)、高橋未奈美 (馬場このみ役)、
山口立花子 (百瀬莉緒役)
です! 敬称略!

1曲目はもちろんDreaming!
このわくわく感も、今日がラストと思うとじんわり。

2曲目は『成長Chu→LOVER!!』
歌うのは仙台リーダー組であり、オリジナルメンバーのみっくとナンス!
始まる直前に、ナンスが「私知ってるんだから、今日みっくがパンダの靴下だってこと! 私もパンダの靴下!」って言って、お揃いうえーいっていちゃつき始めてからの、曲でしたww
正直、今までの成長Chu→LOVER!!で一番良かったです。楽しそうに、のびのびと歌って踊って可愛くて、会場を魅了していました!

3曲目は『カーニヴァル・ジャパネスク』
ほ! ほ!
まつり姫、諏訪ちゃんのとても激しいダンス! そしてまつり姫らしいパフォーマンス!
大盛り上がり! テンションがめちゃくちゃ上がりました!

4曲目『Understand? Understand!』
これはオリジナルメンバーのうえしゃまと、代わりを務めるのは天さんでした。
琴葉の代わりに志保!?と思いながらも、振り付け歌声ともにぴったりハマっていて、トロッコで楽しそうに回っていましたね!
個人的にこの楽曲は、デリシャスデリシャス~のところの振付がとても好きです。可愛い!

5曲目『WHY?』
ここでくるの早くない!?って思いましたが、中盤でその理由もわかりました。(最後のブロックがリーダー組のソロ曲ラッシュなため)
この曲は全体的に振り付けが可愛い。印象に残る。
りか姉さんの歌声の安定っぷり、安心感さえあります。
はたしてりお姉はモテモテになれたのだろうか(

6曲目は『Birth of Color』
まさかのオリジナルメンバー不在。
天さん、こちまさん、ナンスという面白い組み合わせ。センターはこちまさん。
クールが志保、可愛いが杏奈、両方できるのが翼って感じでクールも可愛いも叶えてゆけるーって感じなのかしらって思ったり。

7曲目は『ジレるハートに火をつけて』
こちらもオリジナルメンバー不在! あえて外してきてるのがよくわかる! 面白い!
ぴょんさん、たかみな、木戸ちゃんにゆいとんの4人。
この後のMCでゆきよさんが言っていましたが「とてもいやらしかったです」がぴったりです、はい。(あえてセクシーとは言わないあたりがさすがゆきよさん)

8曲目『ココロ☆エクササイズ』
うえしゃまと海美と一緒に、運動の時間ですね!
めちゃくちゃ楽しそうに、大きな動きをするうえしゃま。海美が重なって見えて、楽しかったり嬉しかったり。
間奏部分では「プロデューサー、ここまで連れてきてくれてありがとう!」とうえしゃまと海美、両方の心をぶつけるかのような言葉。
泣きますはい。

9曲目は『SUPER SIZE LOVE!!』
のびのびと歌うぜっきー、1stのときとは本当にレベルが違う。
おかわりー!

10曲目は『Smiling Crescent』
トロッコでゆきよさんともちょが手を繋いでいる始まり、その瞬間会場大笑いでSmiling Crescentのしっとり感が!?ってなりましたww
ゆきよさんが幸せそうでなによりです。

11曲目『たしかな足跡』
あずさの役割を務めるのは、まさかの未来ちゃん。ぴょんさん。
しっとり曲でしたが、未来ちゃんとしてしっかりと歌っていました。
りお姉もオリジナルメンバーとして、めっちゃ良い歌声でした。どことなくセクシーさを感じさせる表情だったりと、あぁやっぱりりお姉なんだなぁと。

12曲目『vivid color』
ベイブレード先輩!
圧倒的Vo力! 本当、綺麗な歌声で、それでいて力強いんですよね。そこに熱が加わって、まさに紗代子になる。
聴き入ってしまって、サイリウムを振ることすら難しかったです。

13曲目『dear…』
ベイブレード先輩の圧倒的Vo力の後に、さらに圧倒的Vo力のたかみなが!
たかみなは2ndのときはあいみんの後だったりと、中々凄い順番だと思います。それでもたかみなは、負けることなくむしろさらに会場を魅了するかのような、透き通るような歌声と歌の上手さ。
いやー良かったです。このみさん最高です。

14曲目からは765カバーコーナー。楽曲は昨日と同じなので、あえて印象に残っているところだけ。
1つは『待ち受けプリンス』での諏訪ちゃん、「俺についてこいぜ」という歌詞を「姫についてくるのですー!」みたいなまつり姫のセリフに変えて、なおかつ「嘘つき」は全力で叫ぶように言うことでテンションがふぉおおおおおってなりましたww
あと『虹色ミラクル』ですね。昨日は志保がセンターだったのが、今日は可奈がセンターで志保と星梨花が両脇に。もうね、劇場版思い出してry

21曲目は『Sentimental Venus』
会場がわいたのは、おそらく2ndのときのアレがあるからでしょうか。同じ幕張、そして同じ曲。
今回はもちろんちゃんと、問題もなく歌い終えていました。

22曲目『夜に輝く星座のように』
りえしょんの代わりを務めるのは、まさかの木戸ちゃん。エターナルスパイラルを歌っている可奈なら、確かにこれも歌えるかなと。

23曲目『Melody in scape』
これはオリジナルメンバー揃っての、ぜっきーとベイブレード先輩。
二人が感情を込めまくっているのが、表情にも歌にも出ていて、それがひしひしと伝わってきました。美しい。

24曲目『瞳の中のシリウス』
バラード系が続くぅ!
うえしゃま、諏訪ちゃん、みっくというメンバー。
みっくのシリウスは見たことなかったので、おぉ!?ってなりました。結果は見事に、3人の声が溶け合ってめちゃくちゃ綺麗な瞳の中のシリウスになっていました!

25曲目『カワラナイモノ』
ころあず、もちょ、ベイブレード先輩。
曲が曲なのもあって、いつも以上に丁寧に歌っている印象が強かったです。仙台リーダーのカワラナイモノを思い出して、泣きそうになるなど。

26曲目『Decided』
オリジナルメンバー、たかみなと諏訪ちゃん。
トロッコ曲。格好良く決めていました! 途中、諏訪ちゃん歌詞忘れた?のかラララ~みたいになってる部分があった気ががが。

27曲目『アライブファクター』
曲調的にDecidedの後にきそうだなーって思っていたら、本当にきた!
まさかの翼とのアライブファクター。ついったーでも作詞の方が仰っていましたが、歌詞が一部変わっていて、それがまさに翼と静香の関係で、これ以上ないってくらいにハマっていました!
昨日のアイル以上に激しく歌いあげるこちまさん、逆に激しさはありつつも余力を残しているように楽しそうに歌っているころあず。
終わった後も、こちまさんは息切れをしばらくしていましたが、ころあずは割と平気そうでした。
なんというか、翼にダンスもビジュアルも届かないとしても歌なら負けないよっていう静香の強い意思が視られました。

そして最終ブロック。ここまでで既に感付いている人は感付いていたはず。そう、リーダー組たちのソロ曲がないことに!
つまりここからはボスラッシュのように、リーダー組のソロ曲ラッシュでした。
夢色トレイン
Happy Darling
Super Lover
フローズン・ワード
透明なプロローグ
オリジナル声になって
絵本
Believe my change!
Catch my dream
未来飛行

いやはや、恐ろしい!
特に印象に残ったのは、やっぱり未来飛行。
のびのびと歌うわけでもなく、表情はたまに険しく、けれども力強く笑顔もある。間奏中に右左中央のすべての人たちに頭を深々下げるところとか、リーダーとしての未来飛行なのかなと、思いました。

38曲目、リーダー二人の歌うラストは『ハルカナミライ』
私の予想と言うか願望で、ついったーとかでも言ってたんですが未来と静香で最後これを歌って欲しいとか言ってたら、本当に叶った。
振り付け、歌詞、未来飛行のときとうってかわってずっと笑顔なぴょんさん。
なんかもうすべてが未来と静香の関係性やら、ぴょんさんところあずの関係やらを表しているように感じて、これはもう泣くしかないっていう。
あぁもう最高ですよありがとうございます!

最後はWelcome!!、Thank You!、そしてDreaming!
Thank You!に入るとき、本当はぴょんさんと一緒に「ありがとう!」のはずが、ころあずが「Thank you!」って言っちゃって、メンバーが全員コントみたいに崩れ落ちたのは本当に笑ってしまったwww
会場大爆笑のまま、感動?のThank You!へww
数秒顔隠して恥ずかしそうにしてたころあずが、また面白かったですww

4th発表、日本武道館で37人全員でのライブ決定!
発表直後、ぴょんさんが私たちも今聴かされたといっていましたが、本当になんかぴょんさん動揺していたというか泣きそうでしたね。
みっく、木戸ちゃん、りか姉も諏訪ちゃんもたかみなも、っていうかほとんどの人が涙を流していました。
Thank You!の歌詞にある「てづくりのぶどーかん」が、本物の武道館となって、そのステージに立って歌うことが叶うという素晴らしさ。
Thank You!はミリオンライブの原点曲でもありますし、感慨深いものがあると思います。
ミリオンライブを応援し続けてきて良かったと同時に、これからもずっとずっと応援していけたらいいなって深く思った日でした。

輝く時間をありがとう。
楽しかった!

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ミリオンライブ3rd幕張公演初日LV行ってきました!

とうとう来ました、幕張!
初日出演者は、
山崎はるか (春日未来役)、田所あずさ (最上静香役)、Machico (伊吹翼役)、
麻倉もも (箱崎星梨花役)、雨宮天 (北沢志保役)、伊藤美来 (七尾百合子役)、
諏訪彩花 (徳川まつり役)、夏川椎菜 (望月杏奈役)、藤井ゆきよ (所恵美役)、
渡部優衣 (横山奈緒役)、愛美 (ジュリア役)、阿部里果 (真壁瑞希役)、
小岩井ことり (天空橋朋花役)、斉藤佑圭 (永吉昴役)、浜崎奈々 (福田のり子役)、
渡部恵子 (周防桃子役)
です! 敬称略!

リーダーは、ぴょんさんところあず! お馴染みの二人!
ライブ初参加組は、あべりかさんと斉藤さんと浜崎さんの3人。ツアー初参加はこっこさん。

1曲目はお馴染み、Dreaming!
お馴染みではありますが、もう幕張ということでじんわりクるものがありましたね。

自己紹介MCでは、ぴょんさんが唯一キャラでの自己紹介部分で噛む詰まるというミス。思わず会場もぴょんさん自身も、笑ってしまっていたww
全体的に、ぴょんさんころあずはリーダーとはいえ良い感じに力が抜けているのか、ちょくちょくgdgdになっていたw特に最後の挨拶MCのときのころあずは、いろいろと酷いことになっていたwだがそれが良い!

2曲目は『Cut. Cut. Cut.』
歌うのは、オリジナルメンバーである桃子とまかべー。
私はLTDリリイベのときに、初めてミリオンイベントを生で行って、しかも整理番号2番で最前列だったわけですが、そのときみた『Cut. Cut. Cut.』の素晴らしさは今でも覚えていてですね。
今回、またCut. Cut. Cut.を見れたのは、嬉しかった。あべりかさんも恵子お姉様も、トップバッターなのにまったく緊張した様子もないスムーズさ!
開幕から良いスタートダッシュを切った印象でした。

3曲目は『ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン』
安定と信頼のYトンのクオリティ。
もう毎回奈緒ちゃんそのものにしか見えませんね……凄い。

4曲目は『ビギナーズ☆ストライク』
すばるんのソロ曲、斉藤佑圭さん!
早い段階で出てきた!?って感じで驚きつつも、すばるんの可愛らしさを思う存分見せつけていました。

5曲目は『成長Chu→LOVER!!』
オリジナルメンバーのみっくとナンス!
今回のツアーでもはやお馴染みになった曲ですが、今回はトロッコを使ってのパフォーマンス!
もっともっとラブしたーい、のところでハートを作る振りの際は、トロッコで離れていながらもしっかりとハートを作るお二人!
まさにキュートな楽曲。そして若々しい力。

6曲目『トキメキの音符になって』
可愛い曲続き!
もう何度言ったかわからないですが、もちょのソロ曲は安定感抜群ですね。安心して楽しんでみていられる。
あ―いつも通り、星梨花そのまんまだな可愛らしいなーって。

7曲目『アフタースクールパーリータイム』
ゆきよさんのこの楽曲、めぐみーはっぴーいーつだってーの部分は一緒に歌う流れになってきましたね。
会場全体で歌って楽しめる曲といった意味で、素敵なキセキに近いものを感じます。
それと同時に、何故か感動する曲にもなっていってる。ゆきよさんと恵美の積み重ねてきたものが、楽しいはずのこの曲にもっともっと違う味を与えて、感動もするといった感じに。

8曲目、来ましたね『Legend Girls!!』
オリジナルメンバーの内3人が歌いました。こっこさん、ころあず、もちょ。
ミリオンの初期楽曲であり、今から伝説を作り上げていくぞといったまだまだ駆け出しアイドル感漂う楽曲。
それが今や、幕張の大舞台でこの曲を歌っているわけで。感慨深いものがありますね、
ころあずの丁寧に歌っている様子、もちょの心から楽しそうな笑顔、こっこちゃんのやや緊張しつつもしっかりと楽しみながら力強い歌声、良かったです。

9曲目はみんな予想していた『Growing Storm!』
そう、乙女ストームが見事全員揃いました! そして本当に、乙女ストームとして歌ってくれました!
もし本当に歌うなら最初に掛け声入ったらいいなーって思ってたら、本当に最初乙女ストームの掛け声からスタートしてテンションがめちゃ上がりました!
感動。
なんて言っていいのか、わからないくらいに。

10曲目は『フェスタ・イルミネーション』
まつり姫、諏訪ちゃん。
1stのときのフェスタとは違って、緊張して強張った表情はしていませんでした。
諏訪ちゃんは歌声もダンスも、醸し出す空気がまつり姫そのもので、会場を盛り上げていました。
ほ! ほ!

11曲目は『VIVID イマジネーション』
杏奈ちゃん、ナンス!
今回は2ndと違い、トロッコではないVIVIDでした。
振り付けの可愛さや楽曲の杏奈らしさ、素晴らしいです。中盤あたりから、少し涙目というか、泣くのこらえているのかしらってくらいにきゅっとした表情や少し震えた声でした。

12曲目は『…In The Name Of。 …LOVE?』
きましたきました、まかべー! あべりかさん!
インザネは映像化しているので、正直ポカポカがくると思っていたのですが!
インザネもポカポカも大好きですから、美味しいです!
楽曲も独特な雰囲気ですが、それに伴ってダンスも結構特徴的な部分が多い楽曲。けれども、まかべーらしさに溢れる歌詞や振り付けです。

13曲目は『piece of cake』
これは衝撃、まさかの志保の相手が静香!
ぴらみさんの役割を、ころあずがこなすという。しずしほなわけで、私の隣の人は泣きまくってましたww
静香と志保の目を合わせればつんつんしちゃうようなものとは違い、天さんところあずは楽曲中微笑みあったりと穏やかでした。
綺麗な二人の歌声が絡みあって、新しいハーモニーを作り上げている空間は、とても心地よかったです。

14曲目『エスケープ』
こちらもツアーでお馴染み感が出てきた、めぐみーとジュリアの曲。
機材トラブルか普通に入り忘れか、序盤であいみんが1~2秒くらい歌えてなかった箇所があって、おや?ってなりました。

15曲目『求ム VS マイ・フューチャー』
盛り上がりましたね、プロレスのようにww
歌うのはもちろん、のり子である浜崎さん。
歌の途中でダンサーがラリアットしてたりプロレスを表現した動きをしていて、曲締めには「0416幕張私の勝ちってことで」と笑顔で勝利宣言のり子。
面白かったです!

16曲目はリーダー! 『素敵なキセキ』
ぴょんさん! さすがの盛り上がり方!
もはや言うことはあるまい!

17曲目からは765カバー楽曲。
キラメキ進行形 山崎はるか/伊藤美来/浜崎奈々
待ち受けプリンス 渡部優衣/諏訪彩花/愛美
Fate of the World 田所あずさ/小岩井ことり
SMOKY THRILL 夏川椎菜/藤井ゆきよ/渡部恵子
マリオネットの心 Machico/斉藤佑圭
虹色ミラクル 麻倉もも/雨宮天/阿部里果
THE IDOLM@STER 全員
どれも素晴らしいのですが、その中でも『待ち受けプリンス』での「お迎えに来たぜ」をあいみんが、「嘘つき」を諏訪ちゃんが言うところは最高でしたね!
あとはFateの格好良さは思わず笑ってしまうほどで、ころあずとこっこさん、もがみんと天空橋さん似合いすぎるだろって思いましたね!
SMOKY THRILLはマイクトラブルか、ナンスだけ最初歌っているにも関わらず音が出てませんでした。それでも笑顔を崩さないし、一瞬も動揺しないナンスの強さ凄い。
マリオネットでは美希先輩の歌を翼が歌うという、面白さ。
虹色ミラクルはなんかもう、劇場版でキーになっていた志保がセンターで、この劇場版のED曲を優しい笑顔で歌っているのがもうね、くる。

ここで15分休憩~

休憩あけ、24曲目は『HELLO, YOUR ANGEL♪』
LTDきた! 育ちゃんの代わりは、まつり姫!?
天空橋さんとまつり姫が二人で歌う、面白い!
諏訪ちゃんもこっこさんも、時折お互い顔を合わせて微笑んでいたのが印象的でした。可愛らしくも優しい歌でした。

25曲目これは今回まさに聴きたかったね『HOME, SWEET FRIENDSHIP』
リコッタが! 奈緒が! 桃子が! のり子が!

26曲目『Smiling Crescent』
こちらも機材トラブルか、歌詞忘れかわからないけど、ぴょんさんが出だしあたりでもごもごって音になってた。
もちょとぴょんさんの2人で歌うこの曲は、意外にも未来の声でも合うものだなぁと。
途中、投げキッスをするもちょとぴょんさんに、静かな曲なのに会場がわいてましたww
最後は二人で頬をくっつけ合い、ラブラブで終わるというまた一味違うSmiling Crescentでした。

27曲目『Eternal Harmony』
あいみん! 諏訪ちゃん! ジュリア! まつり姫!
はいほー!を言えたことが、とてつもなく嬉しかったし楽しかった。

28曲目はこれまた面白い『Shooting Stars』
何が面白いって、オリジナルメンバーは天さん一人。他はゆきよさん、斉藤さん。
クレシェンドブルーの志保が、静香の代わりにセンターを!
天さんからもはや貫禄を感じるレベルでしたし、ゆきよさんの感情いっぱいの歌声は震えましたし、斉藤さんの昴のまた違う一面を感じさせるところは心にきました。

29曲目は『深層マーメイド』
響の代わりは、奈緒。スパラバ歌っていること考えると、割とアリである。
とにかくこちまさんもゆいとんも、ダンスのキレが尋常じゃないレベル!
美しく格好良い!

30曲目は『Dreamscape』
歌うはもちろんオリジナルメンバー、すばるんとのり子!
初参加組の、全力を見ました!

31曲目は『MY STYLE! OUR STYLE!!!!』
恵子お姉様の感情、桃子の空気、それらがひしひしと伝わる素晴らしい1曲でしたね……。

32曲目は『プラリネ』
感情をむき出しにして歌うプラリネは、丁寧に歌うとかよりも本当にロックっぽさを感じさせられます。
この時点で指輪に気付いたので、お、これは次……となりましたねww

33曲目は『アイル』
Machico(サポート:愛美/阿部里果)といった感じ。
ゲッサンミリオンのオリジナル楽曲ですが、実際にゲッサンミリオンでやっていた行動をしてくれたその心意気がね、泣く。
プラリネが終わっても、あいみんの場所が暗くならずにあいみんも立ち去らない。会場がそれで察し、期待の声を上げた。
指輪にキスをし、無言で歩く。するとそこには、3本のスタンドマイク! 既にこちまさんとあべりかさんは、待機済み!
こちまさんにハイタッチをかわす。(ゲッサンミリオンで、ジュリアが翼にバトンタッチした描写そのまんま)
そしてギターを弾くあいみん、流れる音楽、歌いだすこちまさん。
凄まじい、衝撃でした。
あくまでもコーラスとギター演奏に徹し、激しい自己主張をしないあいみんとあべりかさん。
ですが、それでも二人の存在感は確かなものとしてそこにありました。力強くも美しいコーラス、今までのアイマスライブの歴史の中でさえなかったことですよねこれ。メンバーがコーラスとギター演奏に徹して、メインボーカルを支えているとか。
二人に支えられているこちまさん、翼は、今まで一度も見たことがないパフォーマンスでした。
こちまさん、何か大きなダンスがあるわけでもないのに、スタンドマイク前であんなに激しさを感じさせるパフォーマンスは、どこまでもワガママでまさに自由に羽ばたいている翼が視えた。
ステージには確かに、翼、真壁、ジュリアが居ました……っ!

34曲目『ライアー・ルージュ』
アイルの直後、間髪入れずにトロッコでのライアー。
あの後ではプレッシャーも半端じゃなさそうですが、そこは既に場数を踏んでいる天さんと楽曲で、むしろ盛り上がっていた会場をより熱くさせていました。

35曲目『鳥籠スクリプチュア』
全ては騎士団の名の元に!
こっこさん格好良いし素敵すぎたし会場の一体感凄かったよぅ。

36曲目は『空想文学少女』
この曲がきたということは、そろそろ終盤かな感がありました。
みっくのアイドル力の高さは毎度異常。

37曲目は『Precious Grain』
とても素晴らしい安定感である一方、少し我侭を言うならば大阪公演のときの方が凄まじかった感もあったかなーって。
それでも抜群のころあずでしたけどね!

38曲目はリーダー2人でラスト『合言葉はスタートアップ!』でした。
まさかこの楽曲とは。
しんみりする曲でなく、むしろこれから!といった感じ。歌詞的にも状況的にも、ふさわしいと言えばふさわしいのかもしれないです。

あとはWelcome!!とThank You!でいつも通り、そして幕張は特別にDreaming!を再度最後にやり、全41曲で終了。

いやはや、新発表があったりリーダー二人のらしさと言い、まだまだ語りたいことは山ほどありますがさすがに眠気も回ってきたのでこのあたりで。
明日も楽しみですにゃ。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ミリオンライブ3rd福岡公演LV!

今回のリーダーは北沢志保役の雨宮天さんと箱崎星梨花役の麻倉ももさんこと通称もちょ。
お二人は同じ事務所の同期であり、一部ではもちょ天と言われるくらいの仲ですね。
面白いのはパンフの対談でも言っているけども、最初は上手くいかない2人だったそうで。感覚派で言葉に表すのが苦手なもちょと、物事ははっきりさせたい派の天さん。なので最初はもちょに対して、イライラしていることもあったそうで。
天さん自身がもちょに「多分私たち上手くいかないね」と直接言った過去があるという、そっから今ではもちょ天と言われるくらいまで仲良くなった。
とても面白いお二人です。

さて、Dreaiming!で始まるのはいつものこと。
その後の初っ端はつい最近の新曲レベル、『Understand? Understand!』でした。
こちらを歌うはCDと同じメンバー、高坂海美役のうえしゃまこと上田麗奈さんと田中琴葉役のお種さんこと種田理沙さん。面白く、それでいて盛り上がる曲。ですがちょっとズレたりとか歌詞がごにょごにょってなったりとか、そういうのがあった気がします。
これ相当歌うの難しい曲なんだろうなーって、伝わってきました。それなのにダンスも結構あって、発売されたばっかの曲で、これは難しい!
うえしゃまは終始楽しそうに歌って踊ってて、逆にお種さんはうえしゃまと比べると動きがコンパクトで、なんだか本当に海美と琴葉のように見えました。

3曲目は『サマ☆トリ ~Summer trip~』で、歌うのはもちろん北上麗花役のピラミさんこと平山笑美さん!
正直サマトリの方がくるとは思っていなかったので、めちゃくちゃテンション上がりました! サマトリ大好きなんです。
ミリオンの中でも恐ろしいほどの歌唱力を持った、Da属性なのにVoだろってくらいの上手さ。その評判は、大きなライブ舞台でもその通りで。
出だしからサマトリだと分かった瞬間、盛り上がりが凄かったです。
ここで一気に盛り上がった感じがしました。透き通るような歌声と、ノリの良い曲調が見事にマッチしていましたね。

4曲目は『ココロ☆エクササイズ』です、うえしゃま!
最初の挨拶で「腹筋背筋胸筋の準備はできてる?」とにやにやしながら言ってネタバレ盛大にかましてたので、みんな覚悟していたことでしょうww
1stのとき以来のココロ☆エクササイズとのことで、相変わらず振り付けが可愛くてツボなんですええ! ただ、可愛く見えても相当激しく動いているので、まさに海美のDa属性を引き出す曲だなと。
それを見事に楽しそうに歌い踊りきるうえしゃまは、本当に格好良いです。可愛いです。素敵でした!

5曲目は『おまじない』で矢吹可奈役の木戸衣吹さん。
もはや安定感すら出てきた木戸ちゃんの おまじない。
だけど木戸ちゃんの凄いところは、表情や仕草が新たに増えてたりと、パフォーマンス力が毎回進化していること。

6曲目はここできました『fruity love』、歌うのは七尾百合子役のみっくこと伊藤美来さんとロコ役のあつひめこと中村温姫さん。
元はロコと茜ちゃんの曲ですが、茜ちゃんの代わりに百合子が投入。
ただ凄いことに、百合子が歌ってもまるで百合子の歌でもあるかのように完成度高かったです。みっくが可愛すぎました、さすがの天使力でした……。
あつひめさんは、今回初参戦。初参加とは思えないくらい、終始笑顔で歌いきっていました。

7曲目は『piece of cake』で歌ったのはCD同様、天さんとピラミさん。
ピラミさんも初参加ですけど、それを感じさせないくらい微塵も緊張している素振りはなかったです。
相変わらずこの曲は美しい、あとサビ前後の振り付けがめちゃ可愛くて思わず頬が緩みます(

8曲目は『"Your" HOME TOWN』、歌ったのはもちょと、木下ひなた役のでんでんさんこと田村奈央さん。
楽曲の内容的にも、今回もちょの地元である福岡という点もあってもちょが歌うのはぴったりだったかなと思います。
でんちゃんは姿歌声すべてがもう、ひなたにしか見えないくらいのひなたっぷり。
曲中のセリフ部分では、まさかの画面が分割画面になってもちょとでんちゃんの両方をしっかり見ることができました! 本当にありがとう!
とても癒される、優しい空間がそこにはありました。

9曲目は『Eternal Spiral』、歌うのは最上静香役のころあずこと田所あずささんと、木戸ちゃん。
ごめんころあず、ころあずよりも木戸ちゃんの方が色気があった気がげふんげふん。
ころあずは格好良いから! 仕方ないね!

10曲目は『あのね、聞いてほしいことがあるんだ』、そうですひなたのソロ曲! きましたでんちゃん!
歌の開始前にセリフで「あのね、聞いてほしいことがあるんだ」と笑顔で言ってからの曲開始。
私は正直、ついったーでも言ってたんですけど、今回ひなたの歌聴いたら泣くと思うと。結果、予想通り涙が零れました。
笑顔で、穏やかな声で歌っていたはずのでんちゃんが、途中で1~2秒くらいですかね、言葉が途切れ途切れになっちゃってるんです。
震えた声で、涙声で、けれども泣かずに声を張って歌い、持ち直したときの笑顔はそう、木下ひなたそのものでした。ステージの上に、確かにひなたがそこにいたんです!
本当に、聴けてよかったと心から思いました。

11曲目は『ジレるハートに火をつけて』、うえしゃまとお種さん。
CDのオリジナル面子なのですが、歌の途中で「いつものあれやっちゃおうか!」「ブレイズアーップ!」と掛け合いをしたのには、感動しました。

12曲目は『夢色トレイン』、もちょですね。
リーダーソロトリは今回志保の方だと思っていたので、ある意味このあたりで星梨花がくるのは想定通り。
抜群の安定力と、博多弁で好きと言って会場を大いに盛り上げていました。さすがリーダー!

13曲目からは765カバー曲コーナー!
『乙女よ大志を抱け!!』では本日が春香の誕生日であることにかけていたのもあって、可奈である木戸ちゃんが「春香ちゃんお誕生日おめでとう!」とみっくと一緒に言って歌い出したのは、粋だなぁと。
『KisS』ではセクシーもちょ、セクシーうえしゃまといった感じ。うえしゃまはジレるのときもセクシーな格好良さがありますが、もちょがガチセクシーは意外でした! しっかりと色気を感じる歌い方と表情で、さすがのパフォーマンス力でした。
『inferno』はしずしほ! 天さんもころあずも、お互い殴り合うかのように力強い歌声と迫力で圧倒されました。一部のしずしほ好きからしたら、たまらない組み合わせの楽曲だったんだろうなー。
『First Stage』ではあつひめさんとピラミさん! どことなく、765の1stライブでゆりしーとミンゴスが歌ったときのことを、思い出しました。
『チクタク』ではでんちゃんと種さん。二人の歌声が優しくて、穏やかで、一気に会場の空気が聴き入る空気に変わっていました。

18曲目からはまたミリオン楽曲へ。
ここでまさかまさかの『Fu-Wa-Du-Wa』、木戸ちゃんとあつひめさんのお二人。
なんでしょう、歌詞に英語が混じっているのもあるせいか、ロコにぴったりな気もしましたwwお二人ともこの曲のオリジナルメンバーではないのに、しっかりと綺麗に歌いあげているのが印象的でした。
ロコと可奈というのも、また珍しい組み合わせですにゃあ。

19曲目は『透明なプロローグ』でみっく!
みっく大天使!
はい、凄かった。少し振り付け増えてましたかね? ダンスのキレも、表情も、歌声も、クオリティがまた上がっていたように感じました。本当に凄い。

20曲目はとうとうきました『STEREOPHONIC ISOTONIC』であつひめさん!
この曲は普通に歌うだけでも、超難しいです。歌詞がロコ語混じりまくってるので。あと独特なリズム。
それなのに曲中の早口長台詞を、生で噛まずに笑顔で言い切ったあつひめさん! あれはうぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?ってなりましたwww
あそこをダンスとかで済ますんじゃなくて、ちゃんと言い切るところにロコへの愛を感じましたww

21曲目は『Helloコンチェルト』で、みっくとでんちゃん。
でんちゃんはCDオリジナルメンバー、みっくは2ndでも歌っていた経験者。
みんなで楽しく盛り上がれる、そんな曲だからこそ、ライブでも映えていましたね。

22曲目はこれを目当ての人も多かったことでしょう『Shooting Stars』で歌うのは、本家本元クレシェンドブルーのメンツ!
惜しむべきは、茜ちゃんだけが唯一不在なこと。
今回のShooting Starsの完成度は、個人的に今まで一番のように感じました。だからこそ、だからこそより悔しい茜ちゃんがいないことが!
星梨花、静香、志保、麗花が歌っている姿がはっきりと視えました!

23曲目は連投『Precious Grain』でころあず。
まさかShooting Starsであれだけ力強い歌声を披露し、激しかったころあずを連投とは。
ですが連投を感じさせないくらい、むしろPrecious Grainの完成度は凄まじいレベルでした。前回の大阪公演のときも感じましたが、ころあずの進化が留まることをしらないってくらいに凄いです。
聴いていて、思わず背中がぞくっと震えるのを感じました。
なんでしょう、蒼の系譜って一言で片づけるのはとても失礼に思えてしまうくらい。
ころあずの努力と積み重ねの結晶が、これなんだと思い知らされる力強さと芯を感じられました。

24曲目は『ホントウノワタシ』、お種さん。
種さんの今日歌った中で、ダントツで良かった。いやそりゃ持ち歌ソロ曲だから、当然なのかもしれませんけども。
ただ感情が乗っていて、目が、表情が、歌声がとても素晴らしかったです。
何度も聴き返したいので、観返したいので、なにとぞ何卒……BDへ収録をお願いしたい1曲! 琴葉Pにはたまらなかったんじゃないでしょうか。
それくらい、琴葉らしいステージでした。

25曲目は天さんで『絵本』です。ソロトリはみんなこれで予想がついていたことでしょう。
2ndのときよりも、ずっとずっと完成度の高い『絵本』でした。歌声の強さだけじゃなく、指先一つ一つ、目線、すべてが噛み合っていました。
歌詞の「聞こえないふり~」の部分で耳をふさぐような仕草をし、顔を震わせていた振り付けはマジかよすげえなって心にきましたね。
丁寧に、けれども志保の心を激しく訴えてくるように歌いあげるその姿は、素晴らしいの一言に尽きます。

26曲目はリーダー組による『星屑のシンフォニア』でした。
正直、一番予想外だったかもしれません。

そして27曲目に『Welcome!!』、28曲目最後は『Thank You!』によるいつも通りの締め。

最後の挨拶ではロコ役のあつひめさんが、感極まって泣いてしまったり。
「最初のリリイベのときにいつか大きな舞台に立ちたいと言った。それが叶った、ありがとう」的なことを仰っていまして、やっぱり初参加組はこういうのがあるから本当涙腺にきてしまいます。
常連組ではここでうえしゃまが泣いちゃったり。
普通に話していたと思ったら突然震え声になって、海美がもっと好きになれた、1st以来のココロエクササイズでこの曲はこんなに楽しい曲だったんだって改めて知った、3rdでは泣かないと決めていたけど……、と。海美をとても大切にしてくれているのが伝わってきて、こっちまで泣きますええ。

今回完全初参加組は、ぴらみさん、あつひめさん、でんちゃん。1st以来はお種さん。
4人とも素晴らしいパフォーマンスで、やっぱりどうしてもこの1回で終わりはもったいなく思っちゃいますね……。

あ、途中で大阪のときみたいな特別コーナーもあったりしました。
福岡クイズ(ただしロコ語である)という、謎コーナー!
ころあずがロマンチックをあは~んって訳していたり、ころあずむっつり説。

最後はもちょと天さんが舞台に残り、お互いに手を握り合う。イヤモニを外してマイクも使わずに「ありがとうございました!」と言ってお辞儀。本家765ライブでも、中村さんとミンゴスがやったりしてましたね。
そしてお互い笑いあって、去っていく。
別にハグもしないしお互い何か会話することもなかったんだけど、だからこそまた絆の深さを感じた。
お互い顔合わせて笑い合うだけで、全部通じてる感がありました。確かにこれはもちょ天と言われても違和感ないくらい、もう夫婦感がありましたね。
カメラが二人の繋いでいる手をアップにしたのは、とても素敵でしたええ!

もちょも天さんも、何度も「リーダーとして何をやれたのか、ちゃんとできていたのかはわからない」と言っていましたが、これだけ素晴らしいステージを作り上げたわけですから、充分です。
仲間に支えられ、助けられたとおっしゃっていました。それも一つの、リーダーの形なんでしょう。

あぁ、楽しかったー!
次は幕張、とうとう終盤! ここまでみんながみんな、自分たちの色を出しつつもしっかりと決めてきたライブ、最後のバトンを受け取った未来と静香、ぴょんさんところあずはどんなリーダーを見せてくれるのか。
どんな舞台を魅せてくれるのか!
楽しみですね!
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |