絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

ラバート3

未来ちゃ受けの静香攻めのみらしず、R-18です。ラバートは一応これで完結ですが、またいつかみらしずのR-18が書きたくなったら、番外編みたいな感じで書いたりすると思います。
続きを読む
アイマス小ネタ+SS | コメント:0 | トラックバック:0 |

ミリオンライブ3rd大阪公演2日目LV行ってきました!

と、言ってもセトリはあんまり変わらなかったり。
1日目にもいた演者さんたちは、持ちソロ曲がもう1つの方に切り替わるだけ。

というわけで、印象に残った部分とかを。

今回正直、私、絶対に茜ちゃん(小笠原さん)見たら泣く気がしてたんですけど、もう冒頭の挨拶で涙が少し滲みましたね案の定。
やっとみんなに会えたよ!みたいな。涙堪えつつ、小笠原さんが、ちゃきさんが言うわけで。ちゃきさんはミリオンの周年ライブは初、しかもこの大阪公演2日目が今回のツアー最初で最後の参加。
ミリラジとかでも言ってたけど、ずっとずっと「早くプロちゃんに会いたい」って言ってた人だし、茜ちゃんへの愛が物凄い伝わってきた。
smiling crescentではもちょの相方を務め、小笠原さんが「また会いましょうって、言ってほしいな」と優しい笑みを浮かべて歌ってたところの顔アップは胸にきました。
そんなちゃきさんが歌うソロは『プリティ~~~ッ→ニャンニャンッ!』でした。
この曲、物凄く好きで、実はこれで茜ちゃんを好きになったきっかけの曲。
歌詞がね、とても優しいんですよ、これ。タイトルから想像できないくらいに。
茜ちゃんのカードと同様に、猫耳をつけて歌って踊るその姿は、まさに茜ちゃんでした。さらにどの曲でもそうでしたけど、参加する曲すべてで笑顔で、それがもう本当に茜ちゃん。
最後の挨拶では泣きながらも、茜ちゃんで「みんなに元気をあげるつもりが……プロちゃんが茜ちゃんを乗せるの上手いんだから~こっちが元気もらっちゃったよ!」って笑顔で、良い笑顔で言ってました!
「またオレンジ色の景色を見せてください」とのことで、こちらもまた茜ちゃんを、ちゃきさんを観たいと心から思いました。

あとちゃきさん同様に昨日はいなかったメンツ組で、豊川風花役、末柄さん! 舞浜歩役の戸田さん!
すーじーも戸田さんも2nd経験者ではありますが、この大阪公演2日目がツアー初参加かつラストの出番。
『Get My Shinin'』『bitter sweet』それぞれ2ndとは違うソロ曲を披露しました。
このお二人は、歌がとにかく上手い! Get My Shinin'ではとにかくクールで格好良く、熱のこもった歌い方で、思わず震えました。
bitter sweetは心地良いメロディと歌声が、癒しでした。
戸田さんは最後の挨拶では「求めてくれる人がいないとこういう場は作れない」「求めてくれてありがとう」的なことを言って、涙を流しました。良い言葉でした……。
昨日いなかった組でいうと、松田亜利沙役のりえしょんこと村川さん。
とにかく素晴らしいムードメーカーになっていて、会場の笑いを取りつつ、ソロ曲でも大いに盛り上げていました。もはや安心感さえ感じるレベルに、歌もトークもさすがです。

そしてまさかの、新喜劇タイム!
昨日は演芸だったのが、今日は新喜劇ww
設定は新喜劇でありがちなもので、なおかつLTD大阪のドラマパートを引き継いでいる。
未来「えぇっ、えっとその私男の人同士とかそういうの……嫌いじゃないけど!」
静香「何言っているの未来、未来にはそういう趣味ないでしょ!」
といった中の人がやや浸食している部分もあったりw
ぜっきーの「来月にはここは佐竹2号店に」と言って冗談ですよぉと言った後の真顔や妖しい笑顔とか。
ちゃきさんの茜ちゃんが登場し、亜利沙のセリフを全て奪って、そのときのりえしょんの無言なのにやかましい顔芸とか。
むちゃくちゃ悪役のりのりのジュリアあいみんとか。
親分役の杏奈ナンスが可愛すぎて笑ったし、奈緒ゆいとんが「どうやうちの親分可愛いやろ!」って言ったのにまた笑う。
ちょくちょくと変な間があったりしたのは、最後の挨拶でアドリブ多すぎ!って言ってたからそれが原因なのかなとか思ったりwww

あと昨日は歌の部分以外ではしょんぼり気味に感じたぴょんさん、今日はいつも通り最初から最後まで笑顔で素敵なパフォーマンスをされていました。
素敵なキセキで会場をすべてかっさらう感じは、まさにさすがの一言。

語るに外せないのは、リーダー2人。
ゆいとんのハピラキは、今まで見た中で一番激しく踊っていた気がしました。
ゆきよさんのフローズンは、感情を全て乗せて歌っているのがひしひしと伝わります。
それとココロがかえる場所の歌詞、「不器用なところはおんなじで」の部分が奈緒にも恵美にも演者のお二人にもなんかハマってる気がして、勝手に感動していました。

ゆきよさんはやっぱり泣いてしまうわけですが、それにこちらもつられるくらい感情ががが。
welcomeのセリフ、ゆきよさんの「みんなありがとう!」の部分も感情すっごいですし、ゆきよさんは感情を伝えるのが本当お上手。
ゆいとんとゆきよさんがお互いに「ゆきよさんとリーダーやれてよかった」「私もゆいとんとリーダーやれて良かったよ」と言って、抱き合い、そして大声でマイク越しに「ありがとうございました!」……いやもう、泣きます。

なんだろう、今回語りたいことたっくさんたっくさんあるはずなのに、ほろりと涙を流していたことが3回くらいあった気がして、記憶が混濁中(ぇ

ツアーも折り返しですが、改めて感動をありがとうございますと言いたい気持ちでいっぱいです。
ミリオンライブを好きで良かった、って心から思える2日間でした。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ミリオンライブ3rd大阪公演初日LV行ってきました!

なんとも独特な空気のする公演だったと、言わざるをえない。

やっぱり冒頭のDreaming!アレンジメロディはテンション上がります。

挨拶では、うえしゃまの海美が通天閣や大阪城に登ってみたいと言うものの、ベイブレード先輩の紗代子が注意をする流れだったり。
ころあずの静香がもちょの星梨花に甘い声だったり。
さらにゆきよさん! まさかのリーダーとしてのプレッシャーからか、恵美としてのセリフを噛んでしまい、自ら「テイク2行く、みんなも初めて聴いたみたいな感じでこれゲームに後で入るんだから」みたいなことを言ってやり直しするハプニングww
やり直ししたものの、もうみんな笑ってしまっていて、gdgdな感じに。これはこれで会場の緊張が崩れたくらいに和むというか面白かったですけど、ゆきよさんからしたらきっと相当プレッシャーやらになってしまったんじゃなかろうか。

あと挨拶のときからしばらくの間感じていたのが、LVだからってわけじゃあないと思うのだけど、現地の人たちの反応がややテンポ悪かった感。何かあったのだろうか。
未来の挨拶のときとかもそうだったけど、演者が何か言った後に一瞬変な間が生まれることが多かった気がする。なんかふわふわしていた感じ。

さて、Dreaming!の次の曲は、名古屋と同じで『エスケープ』でした。
挨拶で少しミスしてしまってからの流れだったゆきよさんだけど、そこは一緒に歌うあいみんの力強さもあったし、ゆきよさん自身も凄い楽しくしようっていう空気があったからなんてことはない。

3曲目は『恋愛ロードランナー』、上田麗奈ことうえしゃまですね。
パフォーマンス力の高さといったら、今回個人的に1番!って感じでした。一気に盛り上げてくれる強さと、普段とのギャップ、海美らしい動きや勢い、どれをとっても素晴らしいわけで。
見ていて楽しいですし、自然と体も楽しくなります。
個人的には、合いの手を「次はイエイだよ!」って言ってくれるところが、とても好きです!

4曲目は『スマイルいちばん』、ぜっきーです!
1stのときはこの曲をガッチガチの緊張した表情で歌っていたぜっきーですが、今回はとても笑顔!
楽しそう! わっほ~い!

5曲目は『Happy Darling』、ナンス。
ここまでテンション上がるアップテンポな曲!
その中でもHappy Darlingはかなり激しい! 相変わらずこの歌を、笑顔で、あんなに激しく歌って踊って……本当、ナンスは凄いなって思います。

そしてSentimental VenusがあったりMCが一旦入ります。ニセレブさんと呼ばれる野村さん……w

PRETTY DREAMERの後に続くは、まさかのぴょんさん! 楽曲は『未来飛行』です!
2ndのときとは、まったく違う雰囲気の未来飛行にとても驚きました。
センターとしてのリーダーとしての重圧から解き放たれた、どこまでも自由で楽しそうな、そんな未来飛行を感じた気がします。
不覚にも、少し泣きそうになりました。

9曲目は『君想いBirthday』、そう駒形さんことベイブレード先輩!
2ndのときもそうでしたけど、緊張を感じられないくらい堂々としていて、なおかつ歌声が透き通っていて綺麗。
伸ばす部分とか、澄んだ声が響き渡るのがたまらないです。

10曲目『成長Chu→LOVER!!』は来るとは思わなかった。まさかまさかの、ぴょん吉がナンスと一緒に歌うという。
驚きでしたけど、確かに未来が歌うのもありなのかもと思いました。

11曲目『夜に輝く星座のように』はゆいとんと、うえしゃま!
亜利沙の役目を海美が! ゆいとんの安定感と、うえしゃまの抜群のパフォーマンスが重なって、すっげえ盛り上がり!

12曲目『トキメキの音符になって』、もちょ。
「プロデューサーの皆さん、ちゃんと盛り上がってくれないとあきまへんでー!」

13曲目はリーダー! ゆきよさんによる『アフタースクールパーリータイム』
ダンスで、ダンサーと舞台に腰掛けながら足を動かす振り付け、めちゃセクシーで可愛かった。
途中、涙声になってしまう部分では、思わずこちらもつられてしまう。涙を流してはなかったけど、明らかに涙をこらえていたゆきよさん。
こんなにも楽しい曲なのに、だからこそなのか、うるうるしてしまうのもよくわかる。

はい、ここから唐突なね、MCで終わるかと思いきやね、ミリオン興業 演芸劇場が始まった!

あいみん、もちょ、ぜっきーの「もちぜっきーずギター」
うえしゃま、ころあず、こちまの「ラブトライアングルズ」
ぴょん吉、ナンス、りか姉の「なんぴょんちくわ」
あっしゅ、野村さん、ベイブレード先輩「大阪スペクランド」
そしてリーダー組のゆいとんとゆきよさんで乱入漫才。

なんだこの流れは……!?
伊福部さんが作った台本っぽいなーって、速攻わかる内容でしたww

もちぜっきーずギター
あいみん「さっきからここにいるこの人なんですか?(真顔のまま直立不動のもちょを見る)」
ぜっきー「それ人じゃなくて楽器です。頭のところのスイッチ押すと奏でられます」
あいみんがもちょのこめかみあたりを押すと……
もちょ「もちー! もちー! いちゃいちゃしやがってー! もちー! もちー! 終わりだよー(o・∇・o)!」

ラブトライアングルズ
ころあず「二人とも私の良いところを挙げてって!」
うえしゃま「えぇ……めんどくさい……」
ころあず「めんどくさいとか言わないで!」
こちま「ちょっとまってえーっとえーっと……ない!」

なんぴょんちくわ
ショートコント、催眠術。
「なんぴょんち~くわ~」(気怠そうに雑に体?首?を横に揺らしながら)

大阪スペクランド
野村さん「はぁ!?」
あっしゅ「お母さん、あのお姉さん私に疑いの目を向けてくる~」
ベイブレード先輩「いやその表現が既に子どもっぽくないから!」
あっしゅのしゅはお酒のしゅ。

リーダー2人
ゆきよさん「私の方が大阪っぽい。ゆいとん事務所どこだっけ?」
ゆいとん「JTBですけど」
ゆきよさん「JTB? 旅行会社、はんっ、東京(ダメダメだみたいな感じ)」
ゆいとん「ゆきよさんは」
ゆきよさん「私は青二、青山二丁目、大阪二丁目ほら大阪!」


14曲目からは765カバー!
『おとなのはじまり』では未来と杏奈と星梨花、もちょがセンターなのがしっくりきすぎてたww
『自転車』は静香、ジュリア、エレナの3人で歌うという、謎の勢い。ただ自転車にしろこの後の『風花』にしろ、物凄く765の魂を感じました。感動した。
『MEGARE!』はなんか懐かしい感じが、765カバー最後は『またね』という中々珍しいチョイス。『またね』は聴かせるバラード系なので、思わずあれライブ終盤?と思ってしまった。

『Smiling Crescent』ではちょっちょさんの代わりにあっしゅが、『たしかな足跡』ではキングの代わりにこちまが。
もう毎回思うけど、こちまさんの万能感恐ろしすぎるでしょう。

『ドリームトラベラー』ではミックスナッツかと思いきやミリオンの文字に、困惑。

『Blue Symphony』ではベイブレード先輩ことべーせん参加で、べーせん紗代子にしては珍しい格好良い曲。

23曲目は『想いはCarnaval』、あっしゅ!
やっときたか! という思い。今回初登場組でしかも今回だけなので、ソロまだかなーもう後半じゃないのかなやばくないかなとか思って、勝手に焦ってました。(名古屋仙台が2時間だったので、今回もそれくらいかと思ってた)
ステージの上には、確かに、エレナが存在しました。
力強さを覚える、堂々としたパフォーマンスでした! また、またいつか見たいです!

24曲目は『恋心マスカレード』、野村さん!
同様にやっときたかとry
曲に入る直前、千鶴さんのセリフで一言言ってから入るという流れ。
思ったよりもずっとダンスが多くて、ただそれが美しい。スカートを持ち上げる仕草は、まさにセレブっぽかった。
エレナ同様、千鶴さんもそこにいました!

25曲目『Be My Boy』、りか姉。
美しいとしか言えない。

MCではうえしゃまが大活躍?してましたww
うえしゃま「まちこがもちょのもちーのマネを裏でしてたんだけど、なんか喘ぎ声みたいになってた」
他のみんな「それ言って大丈夫なの!?」
とか、あとあいみんのガーターベルトに指入れたいって熱弁しているうえしゃまは今日一番に輝いてました(
ゆいとんの「あいみんがこれから素晴らしい演奏と歌を披露するからあとはお任せする」という雑すぎるプレッシャーと案内を、あいみんにぶん投げてからの

26曲目『プラリネ』、あいみん。
あんな雑な流れからでも、しっかりと会場をものにしてから真顔で「プラリネ」って告げて演奏し始めるあたり、格好良すぎて惚れます。
あとなんかいつもと歌い方がちょっと違う気がして、涙声みたいな、そんな感じが後半はしました。今までにないジュリアでした。

27曲目は『Persona Voice』、あずみんの代わりはころあず。
とにかく素晴らしいとしか言えない。

28曲目『Believe my change!』はそろそろくるかなーと思ってたし、これがくるなら次はころあずだろうなーって思ったらやっぱり『Precious Grain』でした。
こちまさんのエース感、ころあずの歌声がさらに進化していてなんだこの人たちマジで凄いってもんじゃないだろって震えましたね。
少し泣きそうになりました。

30曲目『Melody in scape』
言葉に言い表せない、空気。

31曲目、ソロのトリは『Super Lover』でゆいとん。
熱が凄くこもったダンスと歌声。
そして32曲目は今までのツアーと同様、リーダー組で歌う流れ、『ココロがかえる場所』でした。
この2人ならココロがかえる場所かなとか妄想してたら、本当にきた!って感じでしたww
泣かせるバラード、ゆきよさんが最初ほぼ泣いているような状態からスタートしたものの、歌い出したら笑顔で歌いきったのには心が温かくなりました。

あとは最後の挨拶MC、Welcome!、Thank You!の流れで終わり。

今までのツアーの中で、ある意味一番独特な空気の公演だったように思いました。
いつもに比べるとおとなしいように感じるPと言う名の観客、狙ったのか全体的にわちゃわちゃふわふわと纏まりはあまりない感じ、仙台とかがきっちりしすぎていたのかもしれませんががが。
これはこれで、面白い味があったなーと思います。少し、戸惑いもありましたがw

面白かったー!
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とても久し振りな東方合同誌

・タイトル:あやれいむ結婚ギュッ
・頒布情報:3月26日天狗様のお仕事7 天22「ワンオアエイト」A5版84ページ+カラー2ページ
・値段:会場1000円、委託1512円(税込)
・漫画・イラスト・小説の混合型合同誌!
・メロンブックスさんの予約ページ: https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=155945

というわけで、あやれいむ結婚合同に参加しましたよー!
私はSS4ページで参加しております。正直ね、東方合同誌も続き物じゃないあやれいむも何もかも久し振りすぎてですね、お誘いいただいたことが奇跡的すぎてですね。
私なりのあやれいむ、短い内容でしかも1シーンのような感じですが、詰め込みました。
少しでも楽しんでいただけたら幸いですし、他の方々のあやれいむを存分に楽しめば良いと思います!

☆今までの同人誌☆ | コメント:2 | トラックバック:0 |

もう3月ですよ!

蒼い歌姫に一般参加してきたり、なんやかんやで3月入ってました。

お仕事覚えたり、体回復させたり。それでもSSはちまちま進んでたり。
3月中にラバートの最終パートを公開、コトコト。も余力があれば。といった予定です。
あとはさらっとしたSS書きたいですね、最近軽めのノリで~って感じのものはないので。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |