FC2ブログ

絶対あめだま宣言!

好きなことや様々なことを、ただ適当に綴ります。SS書いたりなど。あやれいむ布教委員会の会長です。

忘却に沈む彼の地

「疲れた。もういやだい」
「シオン、あと少しだから頑張ろうよ」
「いやだい。ウリック、俺様はもう一歩も動かないぞ」
「相変わらず我侭王子ね、シオンは」
「レム、俺様はお前みたいに神経図太くなくて、繊細なんだよ」
「何をー!?」
「ちょ、まぁまぁ、二人とも落ち着いて。ほら、休憩がてらお昼にしよっ!」



記事タイトルに一瞬でピンと来た人は、私と握手。
なんでこんなタイトルにしたかというと、久し振りに『レヴァリアース』を読んだんですよ。
忘却に沈む彼の地、はレヴァリアースの最終話。
このタイトルは、何故か印象深く、一度見ただけでずっと忘れずに覚えています。
『刻の大地』と『レヴァリアース』は、私の人生に結構影響与えた漫画でした。
私がこの漫画の存在を知ったときには、あいにく既にレヴァリアースは絶版でしたが。刻の大地も新品で買えたのは9巻と10巻のみ。
今は古本屋などにしか、もう売っていないでしょうね。

レヴァリアース、割とベターなファンタジーですが、その実、世界観がかなり凝ってます。
魔法使いと僧侶の敵対心などは、結構現代の世界にも通じるものがあるような気がします。

古い作品ですが、ファンタジーが好きならお勧めですねっ。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |